ハワイの不動産取引で必ず出てくる用語「エスクロー」。

日本ではまず聞くことはない言葉ですし、米国でもエスクローがない州もあります(NYはありません)。

エスクローとは、不動産取引に関わるすべての条件が満たされたかどうかを中立的な立場から監視する、州の認可を受けた第3者の信任機関です。エスクローは単なる監視だけでなく、所有権の調査を行い、所有権の正当性を確認して、最終的な登記を行います。

エスクロー会社の多くは保険会社が親会社であり、所有権の市場性を保証する権原保険を発行します。

またお金は全てエスクローが信託口座で管理をします。

手付金、購入代金、ローンはすべてエスクロー口座に一旦振り込まれ、登記が完了した時点で支払いが行われます。つまり、代金の不払いや、所有権をめぐる諸問題を回避できる、非常に安全なシステムというわけです。

ただし、エスクローは監視のみを行ないますので、実際に取引を進めるのは不動産エージェントになります。ハワイやカリフォルニアでは不動産取引とエスクローは非常に密接な関係があります。

覚えておきたい重要な点は:

  • エスクローは第三者の立場なので、売主と買主双方の合意がない限り何もできない(一旦お金が入ると、双方の合意がないと動かせなくなります)。
  • 条件の監視、確認のみを行う
  • ハワイ州不動産協会に属している不動産会社はエスクロー会社に依頼して取引を勧めなければならない(不動産会社がエスクローを使わないと言ったら要注意です!)
  • お金はすべてエスクロー会社へ。不動産業者などがお金を扱うことは絶対にありません。

ハワイではいくつかエスクロー会社があります。

例えば

タイトルギャランティ・エスクロー

ファースト・アメリカン・タイトル

オールド・リパブリック・タイトル

フィデリティ・ナショナル・タイトル

などが大手です。