コハナイキのゴルフはご機嫌。 その1

あろは!

コハナイキはリース・ジョーンズ設計の素晴らしいゴルフコースがあります。溶岩の黒、緑の芝、青い海と空。どこを切り取っても絵になりますね。

コハナイキのスコアカードはこちら
本日はメンバー・ティーから。いわゆるレギュラー・ティというやつです。

アウト・インで合計6357ヤードでございます。ビッグアイランドのレギュラーはほぼ6000ヤードですから、それより大分長いです。ちなみにホクリアは6284ヤード、マウナラニノースが6057、フアラライは6150、マウナケアが6354ヤード。
実は一番コハナイキが距離があるのですね。どうりでブルー・ティでやるとかなり苦戦する訳です。

大体スコアが悪いのがマウナケア、コハナイキ、ホクリアなのですが、距離に比例しているのであると考えられます。
フェアウェーウッドが下手くそなので。

まず一番。パー。幸先いいです。

コハナイキ、前半はあまり問題はないのです。

5番ショート。196ヤード。
どうもアイアンティーショットが打てない。イップスかも。こすって右のバンカーにいれて、ボギー。ボギーならok!

6番。このホールがでてくると、ちょっと嬉しい。というのも、次がコンフォートステーション(休憩塩なのです)。
実は6番にもあるのですが、7番の方がベターなんです。その理由はあとで。

6番398ヤード。グリーン右奥に外して、その後ざっくり!
そうなんです。ここは砲台グリーンが多く、グリーン脇にこぼれることが多く、ざっくり病が始まると厳しいです。
クキオはかなり綺麗に砲台が刈ってあるので、メンバーは皆さんパターが多いようですよ。

そして休憩所!
そうです。「天国」です。涼しいし、食べ物はたっぷり。アルコールもたっぷり。
今日はお仕事ではないので、お酒もok。

ということで、ハワイ島一のブラディ・メリー。
ちょっと見てください。右側はウォッカに唐辛子を入れた、唐辛子ウォッカ。
そして自家製ブラディメリーのミックスト混ぜると、本当に美味しい。
かなり辛いですが。こうして書いているだけで、涎が・・・・

ただし、この後の7番、8番と池があって酔うと問題。

今日は7番はこんな感じで楽々パー。やればできる。

8番も池に落としながら、ボギー。この日はパットが入りました!

こういう日はいいですよねーー。

というわけで前半41!

 

後半に続く!

 

コハナイキの全貌2

あろは!

おはようございます。

6:30:起床
昨日のテキーラがまだ残っていますが、子供たちが起きる前に一仕事!

朝はやっぱり気持ちがよいですね!

フアラライもきれい。

8:00 朝食
クラブハウスは目が覚めるような綺麗さ。海が最高に青い。

朝ごはんは会話と食べるのに夢中でほとんど写真が取れませんでした。

特製パンケーキとバナナ・マカデミアナッツのシロップ。

甘すぎず美味しい! さすがっ!

9:00
大人はゴルフ、またはスパ。子供たちはアドベンチャープロと一緒にボートで沖にでてシュノーケル。その後プール、ゲーム。

クラブハウス入口

ワインルーム

この他、映画館、地ビール工場、ポーカールーム、プライベートダイニングルーム、などがまだあります!

至れり尽くせり、とはまさにこのこと。

メンバーは幸せです。

この後ゴルフと不動産についてもお知らせします。

コハナイキの全貌1

あろは!

今売り出し中のプライベート・リゾート、「コハナイキ」に行ってきました。
今年は好調なコハナイキ 、今年はすでに113億円以上売り上げていますから、いい感じですね。

今回は今までのレポートとはちょっと違います。家族で1泊招待されて、ファミリーとしてのコハナイキを体験させていただきました。
コハナイキを一言で表すならば、「楽園」でしょうか。今回は地元の不動産ブローカーが6名招待され、自由に1日遊んで、コハナイキを体験して良い、という何ともありがたい企画。

4時半:チェックイン
今回はハレクラブの3ベッドタイプの戸建てを用意してくれました!

ゴルフカートも2台。ここのゴルフカートは速度が感じがするのですよね。

ハレクラブとは、1年間に45泊できる権利ですが、今現在は更地を購入したオーナーのみに提供するインセンティブになっています。
ハレクラブの会員権は最初45万ドルから今は75万ドルに上がっています。

 

ハレクラブの家は、クラブハウスを設計しているシェイ・ザックが設計しています。
広さはありませんが、非常に落ち着く、居心地の良さがあります。

ハレクラブはクラブハウスのすぐ近く。歩いても行けます。

まずは長女(16歳となり、運転ができるようになりました)にリゾート内の説明。

5:15

子供たちは他のゲストの子供とともにクラブハウス地下にある、ゲームルーム(ラウンジ)で食事とゲーム。映画。映画館もあります。

5:30

大人はまずはビーチバーでカクテルから!

メンバーは皆自分のカートで動くので、こんな感じになります。

そしてカクテル片手に素晴らしい夕日!

ここにはアドベンチャーチームがいて、サーフィンからカヌーまでメンバーの要望に応えてサポートしくれます。

6:15
夕日が沈むとそのまま、歩いてビーチレストランへ。

歩いて1-2分というところですが、食事が終わるとちゃんとカートがビーチレストランにきていました。このあたりの配慮もさすがです。

この日はシャンパンからスタートして、特別ワインとコース料理。
毎日日替わりメニューがあります。日本人シェフもいるので、お寿司も食べられるのはうれしいですね。
わたしは「北海道産」のホタテをいただきました。サラダも、前菜も最高。

日が暮れると、海の音しかしない、素晴らしい環境。

大人組のディナーが終わると子供たちが合流して今度はスモア。スモアとは米国のキャンプファイアーの代表デザートみたいなもので、焼いたマシュマロとチョコレートをグラハムクラッカーで挟んで食べるというものです。
アメリカ人には懐かしい味のようです。ちょっと甘すぎるのですが、こういう雰囲気で食べると美味しいですよね。

コナの夜景をバックに、オーシャンフロントでマシュマロを焼く、幸せな子供(と大人)。

火を見ると血が騒ぐのは、子供も大人も、さらに人種を超えて同じようです。
下の娘は一生懸命マシュマロを焼いていました。

コナの夜景が綺麗なんです!

9時:
クラブハウスに移動して、ボーリング大会です。
そうです。コハナイキにはボーリング場があるのです。

カートで連なってクラブハウスへ。クラブハウスはオーシャンフロントでなく、高台にあります。

こちらがクラブハウス。上にレストランとバー。

そしてこの下にバーラウンジ、ゲームルーム、ワインルーム、映画館、ボーリング場があります。

プールとフィットネス。

貸し切り状態のゲームルーム。左手は一段下がってボーリング場です。

そしてボーリング。お酒も入り、盛り上がりました。

何年ぶりでしょうか。
子供用にはバンパーがでてガターがなくなります。

途中からはテキーラ・タイムとなり、最後はかなり酔っぱらって12時頃解散。
普段は車なので皆あまり飲めないのですが、この日は運転しなくてよいので(カート以外)皆リラックス。

うーん。大人も子供も幸せ!

楽園。

ハワイは楽園なのですが、コハナイキの「安心感」、「サービス」、「質の高さ」は本当に素晴らしいです。

 

続く。

 

購入後にやるべきこと

あろは!

ロイヤルシークリフ、無事にクローズでございます。
バブルのころロスで痛い目にあったということで、今回は大変感謝されての取引でした。
安心第一。真心第一で、お仕事させていただいています(冗談でなく)。

喜んでいただけると、こちらとしても最高にうれしいです。

今回は渋谷からのO夫妻ですが、購入後はバケーションレンタルをご希望。
ということは、ちょいと手間が色々とかかります。

外国人は、米国ではお金は稼いではいけないわけですが、パッシブな所得は許されています。いわゆる不労所得ということで、賃貸収入がこれにあたりす。

パッシブ(受け身)とはいえ、経済活動ですから、当然納税番号を取得したり、確定申告をしたり、と手間もかかります。

ハワイでは6か月未満のレンタルは短期宿泊にあたりますので、短期宿泊税を支払わないといけません。

あとは日本でいう消費税のようなGE税。そして、連邦の確定申告用に納税番号。
よくわかっていないと「鶏と卵」の話のように、なにをどういう順番で取得するのか混乱します。

ただし、こうした一連に納税番号、ライセンスを取得しないと、賃料を振り込んでもらえませんし、脱税にもなりかねませんので、ご注意を。

問題は、テロ以降、これらを取得するのが年々厳しくなっていることです。

今日は州の税務局。ケアラケクアです。
いざ出陣。
私のオフィスから、ホクリアバイパスを抜けるとすぐなので、これは助かります!綺麗な交差点になりました。ナポオポオ・ロードの入口です。

そして州のオフィス棟。本当にひなびていて、笑えます。郡のほうがよっぽど立派です。
これは日本の方には新鮮なので、見物に行く価値ありかもですね。

これがハワイ州税務局のコナオフィス。中に入るなんて、とんでもないです!
外の窓越しに受付です!笑。

うーん。17年前からまったく変わらない景色。

外国人がGET、TATライセンスを取得するには、連邦納税番号の申請用紙を添付しないとダメになりました。

準備してあったので、良いのですが、わからないと、大変ですね。

分かっていると、そんなに難しくはないのですが!それでも毎回ストレスフルではあります。。。

お客様が安心してビジネスできるよう、頑張っております!

 

 

 

台風の影響

あろは!

今朝、オフィスに向かって走っていたら、何やら海の方が白い。

海の方に白いモヤのようなものが見えます。

波が高い証拠。ここまでモヤるのはかなり高いはず。

そうか。日本の台風の波がハワイに到達しているのでした!

ということで、急遽アリイドライブへ。
道路まで波が来ています。反対車線は工事で渋滞。車が波をかぶったら最悪ですねー。
くわばら。くわばら。

バニヤンの先のHONL’Sビーチ。

サーフィンポイントです。今日は5mくらいありましたね。きっと。オアフは7M以上の予想でした。

サーフィンできたらいいのですが、この島でやっていると、怪我はおろか死んでもおかしくないですからね。
ゴルフに転向しました(腰抜け)。はい。

日本の台風がコナに!なんか面白いです。世界はつながっています。

仕事の前に海を見て。サーファー見て。

でも彼らは仕事ないんでしょうかね?

平日ですよ。平日。

ま、あろはー、って感じですかね。

悪くない人生かも。。。。。

 

 

 

今週のローカルニュース 2017年10月11日~21日

2017年10月11日:ハワイ島で月面基地テスト
ビデオゲーム「テトリス」で有名なヘンク・ロジャース氏は、ハワイ島を国際月面基地テスト場とすることを検討する、国際月面基地サミットをマウナラニホテルで開催した。トップの意思決定機関は参加しなかったものの、月面基地のプロトタイプをハワイ島で開発したい構えだ。ハワイ島では現在火星居住テストがマウナロアで進行中。ロジャース氏はこの計画にもかかわっている。

10月11日:活発な不動産取引
ハワイ島の不動産総取引数は4,114件で、昨年より6.5%アップ。このうち1,865件は戸建ての取引だ。プナ地区の取引件数は価格が安いこともあり、全体の4割を占めるという。プナの戸建て中値は昨年の20万ドルから今年は23万ドルに上昇。これはノースコナの中値66万ドル、サウスコナの54万ドルを大きく下回る。ハワイ島でもっとも戸建て取引が伸びているのが、サウスコナで、昨年比+42%。

10月15日;アイアンマン世界大会
アイアンマン世界大会が14日にコナで開催され、オーストラリアのクレイグ・アレクサンダーがコース記録8時間03分56で優勝した。女子はスウェーデンのダニエラ・リフが8時間50分47秒で連覇優勝。

10月19日:マカロニグリルが会社更生法申請
ホノルルとワイコロアにあるイタリアンレストラン、マカロニグリルの親会社に会社更生法が適用されることが明らかになった。同店を保有しているのはアリゾナの企業。同社はステーキ店、ルースクリスのフランチャイズ権も保有しているが、ハワイのマカロニグリルやルースクリスの経営は黒字でまったく問題がないという。マカロニグリルは全米で93店舗あるが、今年になってすでに40店を閉店したという。

10月20日:ハワイ郡公共交通局長募集
混乱が続くハワイ島の公共バスシステムだが、未だに責任者である公共交通局長が不在の状態。キム郡長は給料が安すぎるとして、最低給料6万9千ドルからの募集を開始した。現在米国本土から2名応募者がいるという。

10月20日:今年の初クジラ
毎年12月から3月までアラスカからハワイを訪れるザトウクジラが、ワイコロア沖ですでに確認された。これは例年よりもかなり早い観測だという。クジラはアラスカから30日間かけてハワイに到達し、出産、子育てをおこなう。

10月20日:ハワイアン航空
ハワイアン航空は第3四半期の収益が27.2%減ったことを明らかにしたが、今年の総利益は業界専門家の予測を上回っている。売り上げは昨年よりも7.1%増の7億1900万ドル。

 

アイアンマン 2017 夜の部

あろは!

本当に嘘のように忙しいです。
良い忙しさなので、本当にありがたいことです!

金曜日はロイヤルシークリフが無事にクローズ!

そして、昨日はフアラライ成約。
NYの方の大型取引も順調に進んでいます。

と思っていたら売り物件2件にオファー。すごく良い波なんですね。

ということで、寝る間も惜しんで仕事をしておりますが、アイアンマン。
これはやっておきたい。

夜の部です。この日は6時過ぎまで仕事をして7時頃にコナの町でクライアントと妹夫婦と待ち合わせ。
アリイドライブはこんな感じ。お祭り。このあたりアメリカ人はうまいですねー。
なんとなく華やかさが違います。

近づくにに連れて音楽とアナウンスが大きくなり、血が騒ぎます。

そしてやってきました。今年もゴール付近!

全然知らない人なんですが、ゴールするとどうも感動して、応援したくなります。

その後新しくなったLAVA JAVAで食事。
信じられないほどの拡大ぶり。ディナーと引き換えにメニューの翻訳をやったのがうそのよう。16年で大きく出世しました。
お互いにですが。
その話はまた今度。

夕食が終わって、時間的には夜8時半。まだあの時間から空港までいく選手がいますから、なんか同情したくなります。多分カットオフには間に合わないでしょう。
真夜中の12時がカットオフですので、これに間に合わないと失格になってしまうのです。

そして、また観戦。選手とハイタッチして、応援。この時間にゴールする人の平均年齢は多分50才以上。自分よりも全然年上の人がゴールするのは見るのは不思議な感じです。

人間って素晴らしいですね。勇気をもらえます。

そして10時頃こんなものをもらいました。これは膨らませて叩いて音を出して応援するもの。
先っぽに照明が入っていて、叩くと光る!

もらったからには、応援しないといけませんから、頑張りました!

翌朝も早くから仕事だったのですが、23時頃まで観戦。さすがに0時まではつらい!

翌日のショーイング(内見)、コナはアイアンマンで超ハイシーズンですので、見せる物件が少なく参りました。

行く先々にアイアンマンの自転車。一組は中国から。もう一組は英国から。

皆さんお疲れ様でした。

感動を有難うございます。ボランティア、サポートの皆さまもお疲れ様です!

アイアンマン2017 昼の部

さて、忙しくて、仕事が追いつきませんが、ここはやはりアイアンマン。
行ってサポートしなくては。ブログのネタにもなりますしね!

眠い目をこすりながら睡眠4時間で行ってきましたよ!

6時に到着すると、すでにコナインの前はこんな感じ。

ヘリコプターがぶんぶん飛び回り、期待感が高まります。
国歌斉唱があって、6:35にプロ男子スタートです。スタートの合図の煙が見えるかなあ。

結構涼しいのですが、朝のハワイは気持ちがいい!!

その後女子プロがスタートして、そしていよいよ一般男子。1000人以上いますから、これはすごいです。

選手が水に入るだけでも20分以上。そして一斉にスタート。7:15です。

うーんこのパワーは写真ではなかなか伝わらないですよね!

そして男子一般がスタートして女子一般ですが、女子一般のスタートと入れ違いにプロの男子が戻ってきます。

なかなかうまいタイミング。

ここで今度はゴール地点へ向かって移動。途中クリスピー・クリーム・ドーナツを買って腹ごなし。

日本の旗発見。一番端っこに米国と日本。なんか控えめでいいですよね。うんうん。

なんて言いながら、ゴール地点。ここが自転車、マラソンのスタート地点でもあります。

このゴール地点の周りの生け花がすごいのです。
誰がデザインしているのでしょう。いつも感心させられます。

キンカメ・ホテルの前からパラニを上がって、いつもの見慣れた交差点のはずがかなり違う雰囲気。
すごい人です。トップの選手はカメラクルーがバイクで付き添っているのですぐにわかります。

このあたりは皆さんまだ元気でグイグイ飛ばしてます。気持ちよさそう!

 

というところで、おなかも空いたのでいったん撤収。
お仕事もしてと。また夜に備えるのでした。

アイアンマン2017

あろは!

ニューヨークから戻りましたが、仕事に追いつくのが精一杯でなかなかブログが更新できません。
NY特集もやりたいので、もう少々お待ちください。

さて、何はともあれ、アイアンマン世界大会です!
知らない方はいらっしゃらないかと思いますが、トライアスロンの世界最大のレースです。
そうです。コナはトライアスリートのメッカなのです。

なんといっても2500名ほどの選手が競う訳ですから、コナの町は走る人、バイクの人、泳ぐ人、買い物する人などなどでごった返しています。

レースは14日、土曜日。6時35分男性プロのスタート。6時40分女性プロスタート。7時5分に一般男性。7時20分に一般女性のスタートとなっています。朝はヘリコプター中継も行われますし、ごった返していますので場所取りはお早めに。

私はコナインの海側あたりで見ることが多いです。

まずスイム。3.86キロ。

そしてバイク。180キロ

最後はマラソン42.195キロ。

選手の皆様ご健闘を祈ります!

 

 

NYのサザビーズ・インターナショナル・リアルティ

あろは!

シアトルにいます。

今回は仕事が順調で、物件まで決めることになり、4日ほどマンハッタンに延泊する結果になりました。

数十億円の取引となる見込みで、行った甲斐がありました。
ということで、朝から晩までフリーな時間はゼロ。大変充実したNY滞在となりました。
次回は遊びに行きます。

ご存知の通り、私はハワイのブローカーなので、NYの取引はできません。サザビーNYのヒデコさんとタッグチームを組みながらの対応となりました。

まさに高級なミッドタウン地区、プラザホテルの至近距離にサザビーズのオフィスがあります。

今回は外壁の補修工事が入っていて見栄えは今一つでしたが、立地は抜群です。

ビルがすべてがサザビーズ・インターナショナル・リアルティになっています。

今回お世話になったヒデコさんと、NYのヘッドブローカーと。

皆さんハワイとは来ているものが違います!

NYに物件お探しであれば、いつでもご紹介させていただきます。