NYの高級不動産

あろは!

ぐずぐずしていると、年が明けてしまうので、急ぎましょう。

今回良かったNYの物件。

ダウンタウンのフォーシーズンズのレジデンス。ペントハウス。$30M(33億円)の夜景。
ホテルの施設を利用できますし、最高級のサービスがあります。値段も安い?!!

ニューヨークミッドタウンに行くとイーストサイドにひときわ高いビルが建ちました。
432パークアベニューです。今は全米で一番高い住宅ビルです。95階からだとこんな感じです。
お値段も90億円ですから。

そして今セントラルパークのすぐ南に建てているのが、セントラルパークタワー。
131階。これが西半球で一番高い住宅コンドミニアムになります。
100階以上だと大体70億円くらいから。最上階は300億円弱といういいますから、びっくり。

これは素晴らしいものになるのは間違いありません。


この他、NYの高級物件は一通り見てきましたので、NY高級不動産の話はできます。

このところNYの高級不動産市場は調整が入っていましたが、ここに来て動き出しています。

NY高級不動産視察、お付き合いさせていただきます!

本当にこういう仕事は最高です。

 

ハワイ島サザビーズ・ニュースレター12月号

今年最後のニュースレター配信が完了しました。

メールアドレスをいただいている方は届いているはずです。
もし届いていなければご一報ください!!
毎回写真が素敵なんですよね。今回はゲッコー嫌いな人にはちょっとダメかもしれませんが!

ニュースレターは下の写真をクリックください。

今年ももう終わりです。良いクリスマスと年末をお過ごしください。
日本は忘年会シーズン真っ盛り。食べすぎ、飲みすぎ注意です。

 

サザビーズのオークション

あろは!

なかなかブログ更新できずごめんなさい!
無事にホルアロアもホクリアもクローズしました。

来週はケアロハにコナ・ヘブンのクロージングです。一年の締めくくりにふさわしい!

ですが、忙しい。。。こんなに忙しい年末は初めてかもしれません。

さて、NYの続き!

10月はまったく時間がとれず、サザビーズのオークションハウスには行けませんでした。
今回は行ってきました。

ちょっとSTOP!

サザビーズのオークションハウスはご存知でしょうか。日本にある某会社、サザビーリーグと混同されている方が多いようなのですが(涙)、私が所属しているサザビーズは、英国のオークションハウスの「サザビーズ」です。はい。

ニューヨーク株式市場最初の株もサザビーズです。

ということで、高級品=サザビーズ。高級不動産=サザビーズ。というイメージのはずなのですが、日本での知名度は弱いようですね。

そして今回は行ってきました。ニューヨークのサザビーズのオークションハウス。

ちょうどこの日は車のオークション。
故スティーブ・ジョブスの愛車も出ていました。30万ドルほど。

この日の目玉は下の1961年のフェラーリ。この夜20億円以上で落札されました!
驚き。

これはジュエリーのオークション。目の前で15億円のブルーダイヤが落札されました。
本当に驚きますね。


オークションハウスを案内してくれたTINAと。

このようにお金が動くのか!実感した一日でした。
良い勉強をさせていただきました!

NYはやっぱりすごいかも。

またまた出張

あろは!

ブログちょっと間隔が空いてしまいました。

そうです。またまたNYそして、LAに行ってきました。
2か月前に行ったばかりなのに、また別件で行くことになるとは!

人生面白いものです。
30年ぶりのマンハッタンのクリスマス。

なかなか綺麗でしたが、凄い人。ホテルも高いし。

そして、何よりも寒い!
到着してからまずは洋服の買い物です。
この間お世話になったバナナリパブリックのクリストファーにまたまたお願いしました。
デジャヴのように、セールをやっていて、4割引きからさらに2割引きで、さらに1割引きという、何とも素晴らしいセールで、ジャケットやコートなどを非常に安く変えました。
満足。

今回はまったく別のクライアントとの視察ですが、10月の取引のクロージングや新築物件の視察などもやってきました。
まずは建設中のコンド。
地上70階です。完成すると81階になります。
建設エレベーターはかなりスリルがあります。そして寒い!

足元はこんな感じ。

70階で足場を組んでいました。怖い!!見ているだけでゾクゾクします。
単に寒かったというのもありますが(しつこい)。

工事のおっちゃんです。

ちなみにここの一番上のペントハウスは80億円程度です。

僕が立っているこのフロアも60億程度。もうすこしすると誰かがここに住むと思うと不思議な気持ちがします。

まあ、それよりも、NYのできかけの高級コンドの70階に立っていることが何よりも信じられない気持ちでしたが!

続く!

 

新記録!

あろは!

ハワイでは感謝祭も終わり、クリスマスムード一色になりましたね。

ブラックフライデー、サイバーマンデーとかありましたが、そもそも買い物はあまり好きではないですし、ずっと仕事をしていました。

そこで「新記録」。

初めて会って30分で家を買っていただきました。私の担当物件のケアロア59万9千ドル。およそ7000万円。

実はこの物件、感謝祭前にオファーがすでに入ってまして、カウンターオファーが行き来すること2回。

そんな中、サンクスギビングの3日前にヒロ沖の大型客船からこの物件に対して問い合わせがありました。
さすがに見ないで買うのは危険ですし、会ったこともないバイヤーのオファーはちょっと怖くて受け付けられません。

そしてサンクスギビングの前日。

心は七面鳥で一杯。

朝9時半に例の大型客船のお客さんから電話。家を見たくて、マウイで船を降りて、前の日にコナに移動してきたそうな。本来ならサンフランシスコに戻るはずなのですが。
なかなか無茶ですよね。

11時にシェラトンでピックアップ。家まで15分弱。そして15分後には購入のためにオファーを作成するように指示を受けました。会って僅か30分の出来事。

ランチを食べてもらっている間にオファーを作り(合計14ページの売買契約書)、2時に署名いただき、成約となりました。会って3時間ちょっとで成約も新記録です。カウンターオファーの買主はお断りさせていただきました(ハワイでは優先権はないので、覚えておきましょう!)。

普通は物件を買うまでは、早くてもお会いしてから翌日とか、そんな感じなのですが。

まずはめでたし。めでたし。

後日談があります。

購入して2日後、やはり奥さんがバイヤーズリモースに(後悔という奴です)。

こんな時は包み隠さず全て明らかにするのがベスト。
自慢ではないですが、自分の売り物件はこんなときのために、できるだけ準備をしておきます。家屋検査も私が負担して入れておきます(通常は成約後にバイヤーがいれます)。測量などできる限りやっておくのがベスト。不安に思う要素をできる限り排除しておくのです。問題個所も、何が問題なのか明確になっていて、対処法が明らかになっていれば、買主さんも不安に思わないものです。

ということで、家屋検査報告書、住宅地の告知書、重要事項説明を手に、家をもう一度くまなく歩いて説明すること30分。表情がすっかり変わって、最後には、「じっくりみたら、ますます気に入った(英語)」、と言ってもらえました。セールストークはなしです。

購入後も長い付き合いになりますから、無理に購入してもらうことは絶対にNGなのです。

ハッピーなバイヤーでないと、後々絶対にハッピーな結果になりません。

ということで、本日ミシガンに喜んで帰っていきました。クロージングまでにはハワイに戻ってくるそうです。

クロージングまで気を抜かずにいきます。

サンクスギビング、もう1軒成約して、本当に感謝、感謝の週でした。

 

 

今週のローカルニュース:2017年11月13日~11月25日

11月16日:ハプナホテルがウェスティンへ
今年8月に西武ホールディングスが所有するマウナケア・リゾートのマリオットとの業務委託が発表されてから、ハプナでは改装工事が進んでいる。
客室、スイート、大人用ビーチサイドプールの建設、ロビー改装、フィットネスセンター改装などを現在行っている当ホテルだが、工事完了は2018年2月頃になる見込みだという。そしてそれをもってウェスティンに名称が代わることになるという。これまで通り、カマアイナ(地元)割引などの制度は継続する意向だ。
11月17日:ハワイ島の大型客船
大型客船による観光客数が大きく伸びている。今年は前年比で20%大型客船による観光客数が増え、およそ17万2千人に達している。2016年は前年比16%の伸び。観光客の人気スポットはキラウエア火山だという。
11月23日:コナに大型ショッピングセンター計画
ラニハウセンターの南側に14棟の大型ショッピングセンターが誕生するかもしれない。ニウマル・マーケット・プレイスと名打ったこのプロジェクトはカリフォルニアのセンテイナル・ディベロップメント社が手掛ける。駐車場756台分という大型開発になるが、ハワイ郡開発委員会は、ロックウォール、植栽計画、バス停などが含まれていないことから、時期尚早として、今回の計画承認は見送った。
11月23日:ハワイ島でモミの木
クリスマスツリーの販売がハワイでも始まったが、ほぼ100%は米国本土からの輸入であり、値段が高い。ハワイ州はマウナケアの麓でモミの木の植林を2014年にスタートした。モミの木のような針葉樹は温度が高いところでは育たないため、マウナケア山ろくおよそ2400mの場所に植林されている。ほぼ9割が順調に育っており、うまくいけば6年ほどでクリスマスツリーとして市場にでることになる。
11月25日:ワイメア空港
ワイメア空港に対する連邦補助金が打ち切られることを受け、モクレレ航空の撤退が予想されている。モクレレ航空は、連邦補助金が打ち切られてもワイメア航空の航路を維持したい意向を示した。2013年に49万ドルの年間補助金がワイメア空港に対して支払われたが、来年1月をもって補助金はおりなくなる。現在のモクレレの平均運賃は62ドルだが、運賃の値上げは間違いないとみられている。

スターフルーツ

あろは!

色々なフルーツがあるなか、形でだけでいけば、スターフルーツが素敵。

今が旬ですね。でも味は自分的にはボケた梨のような感じであまり美味しいとは思えないんです。

がっ!サラダに入れると結構美味しいことが判明。甘すぎず、自分を主張せず、違和感がないのです。お試しあれ。

物件を見せていたら、ありました。スターフルーツ。

誰も採らないので、下にたくさん落ちていました。

スターフルーツサラダ、知らないんだなあ。

ハワイのフルーツの弱点は一度にたくさん取れすぎてしまうこと???

やはり友人などから少し頂くのがベスト??!

フルーツたち

あろは!

ハワイの太陽と大地の恵みには関心します。

庭のパパイヤが高くなりすぎたので、新しく6月に種から植えました。

そして半年後。

手前はまだ実が小さいので食べられません。

奥のパパイヤはとても美味しい!

バナナもSさんの庭のもの。
庭で取れる果物が美味しいのはどういうことでしょう。
太陽と水と大地の恵み。ハワイってすごい。

ご縁というもの

あろは!

不動産をやっていると「ご縁」を良く感じます。この広い世界でこうしてハワイでお会いする訳ですから、本当に不思議です。

J夫妻。長年NYで過ごされてコナへ。偶然ハワイ島でお会いしたところ、何と私の父がその昔マンハッタンでお世話になっていたバーを経営されていたことが判明。
2009年に更地を購入して家を建てることに。建設会社の知人を紹介したところ、素晴らしい家に仕上がりました!

家を建設した知人の妹と私の妹が2年前から同僚に。そして今回、妹の同僚のお母さんがJ夫妻の家を購入を表明。

ちょっと難しいですね。すみません。

とにかく、知り合いのお母さんが購入したのですが、お母さんはワシントン州在住。娘たちが家調達を担当していたのです。お母さん本人は調査期間の最終日に来て、購入の最終意思表示を皆に伝えるという重大な役目(ハワイでは最初の2週間の調査期間はキャンセルできます)。

妹の同僚も来て、みんなドキドキ。

結果は、「とても気に入った」との結論!

皆安堵のため息。
これだけ、色々とつながることも珍しいので、大丈夫とは思っていましたが、それでも、緊張しました。

土地購入から、家の建設、売却まで。すべてお手伝いさせていただけて、大変光栄です。

ホルアロア。半エーカー(600坪)。80万ドル弱です。

あとはクローズだけですが。油断は禁物。最後まで頑張ってJ夫妻を送り出します。

ローカルニュース・ダイジェスト 2017年11月1日~11日

2017年11月1日:水道局の対応を疑問視
今年初めから続いているポンプ故障によるコナの水不足は未だに解決していない。9月には新しいポンプを井戸の底に落とすという失態も犯した水道局への非難の声は高まるばかり。そして昨日、水道局が公にした報告はさらに住民の不安をあおるものだ。コナは13の井戸を使って水道を供給しているが、そのうちの5つのポンプが故障して、25%節水制限が義務付けられている。10月3日には2つの井戸の修理が終わったことが発表になり、安堵の声が広まっていた。しかし、ほぼ一か月振りの10月31日の報告によれば、修理が終わったはずのフアラライ・ポンプは僅か数日で再度動かなくなっていることが判明。またアイアンマン世界大会の最中にケアフオル井戸が故障。その代りに10月の半ばにホノコハウ井戸のポンプの修理が完了。10月の上旬には実は5つ井戸が稼働していなかったが、その事実は伏せられたままだった。ホノコハウの修理がすぐに完了するので、他の井戸の故障の事実を公表する必要性を感じなかったと、水道局長は話しているという。ケオプ井戸は12月終わりまでに稼働する予定であり、これが完了すれば、節水制限義務は10%になるという。
11月2日:カハルウビーチ
ハワイ州でも最も人気のあるビーチの一つである、カハルウビーチパークの整備が求められている。地元のカヌハ議員は60万ドルの整備計画策定予算を来年度の予算に組み込むことを要求。決まりかけているという。カハルウは手軽にシュノーケルができることから年間44万人が利用する。パビリオン、ヘイアウ、ビーチは長年の整備不足により、傷んでおり、早急な近代化が求められている。
11月3日:ハンバーガーヒルの下水整備計画
2016年には完了するはずだった、コナの中心にあるハンバーガーヒル(マクドナルドがあるため)の下水道整備がいよいよスタートする。これは400万ドルの連邦補助金と群債を利用して行われる。
11月4日:ハワイの砂の販売は厳禁
ハワイ州は、州内のサンゴ、砂、石、岩などを州外へ持ち出すことを法律で禁止しており、最高10万ドル、もしくは1日1万ドルの罰金が課される可能性がある。今回ヒロのトリビューンヘラルド紙の調べによれば、Eベイにはハワイ州内のビーチの砂が多く売りに出ていた。通報をうけたEベイがこれらの販売を禁止したという。ハワイ島ではグリーンサンドビーチの砂が小瓶で3ドル50セント。ブラックサンドビーチの砂も現地の写真付きで販売されていたという。その他オアフのビーチなどの砂も販売されていたが、これらの売主は全てハワイ外の居住者だという。
ペレの呪いもありますので、ハワイの砂や溶岩を持ち出す際はご注意を!
11月5日:違法バケーションレンタル規制に向けて
ハワイ州全体で、違法民泊が問題となっている。エアビーやVRBOのような大手民泊サイトを利用して、一般住宅に安く泊まるというスタイルが人気になりつつあるが、それに伴い、地元住民への賃料の上昇、騒音、治安などが問題化している。キム郡長は現在、他の郡とも連絡を密にして、民泊規制について検討をしているという。オアフも違法民泊を締め出す方向で動き、マウイは短期レンタル(6か月未満)のレンタルは全てライセンス制としている。
キム郡長は近々バケーションレンタル規制に関するたたき台を発表する見込み。
11月8日:海軍のソナー・爆破テスト
海軍は2015年にNPOおよび漁業組合との和解で、ソナーや爆破テストを自粛してきたが、より厳格なテスト基準を設けてハワイで訓練を再開したい意向を公にした。例えば大規模対潜水艦訓練は毎年でなく、各年。中規模訓練は年間3回まで。水中爆撃訓練の禁止。また11月~4月までのクジラシーズンの際には最大の注意を払う、というもの。環境保護団体および地元住民は、イルカやクジラを含む海洋生物への悪影響を心配している。
11月10日:アイランドエアが破産
会社更生法を申請していたアイランドエアは、11月10日付で運行を休止し、現在の予約についても払い戻しをしないことを発表した。過去4年間赤字の同社は、現在リースしている4機が差し押さえられてしまったという。アイランドエアはこれまで37年間の歴史があり、423名の従業員を抱えていた。コナ・ホノルル間も2016年から再開され、地元の期待は高かっただけに、残念がる声が多い。
11月10日:コナコーヒーフェスティバル
今年のカッピングコンテストの最終結果
大規模農場
1位:ペレ・プランテーション
2位:アリアナファーム
3位:イマジン

個人
伝統的
1位:キャストアウェー・ファーム
2位:パラダイス・ファウンド
3位:ヤマサワファーム(娘の学校の先生!)
モダン
1位:オニラ・ファーム
2位:フラ・ダディ
3位:マヒナ・メレ