Archive for the ‘ニュース・お知らせ’ Category

ハワイ島不動産ニュースレター11月号

日曜日, 11月 25th, 2018

あろは!

うーん。Eニュースレターの文字化け問題。未だ解決できずです。

今年最後のニュースレターは下のリンクからどうぞ。

ホームページも多忙なこともあり、動かず未だ恥ずかしい限りですが、近いうちに、刷新する予定です!

仕事より何より、ここが一番大変かもです。。。。

会社の担当者は皆アメリカ人なので、この言語の問題を本当に理解できません。

参ったものですが、くじげずにいきます。

 

中間選挙

水曜日, 11月 7th, 2018

あろは!

日本出張を前に、かなりバタバタです!
11月15日は銀座でハワイ島不動産セミナーをやりますので、ご興味があれば、ご連絡ください。

kai@macarthurhawaii.com

さて、昨日は中間選挙でしたね!

投票所は家の前なので、選挙に行かない言い訳がありません。

まずはハワイ州知事選は現職のイゲさんが再選。

コナの選挙区のカヌハ議員がハワイ州の上院に当選。

コナはヴィレガス女史が当選。

連邦レベルでは、上院は共和党。下院は民主党がとってねじれました。今後どう動くか注目されます。

話題は女性パワーの躍進です。連邦議員選挙のは女性が過去最高で当しています。様々な人種、宗教の候補者が当選していますから、アメリカはダイナミックだと、感心します。

 

ハワイの民泊規制

日曜日, 10月 21st, 2018

あろは!

さて、先日日本では民泊(バケーションレンタル)に規制がかかりましたね。
エアビーやVRBOなど大流行りの昨今、ハワイ島政府もいよいよ規制に乗り出す構えです。

法律案第108「民泊規制法」が現在ハワイ郡議会の委員会で審議されています。

  • バケーションレンタルは、リゾートおよび商業ゾーニングのみ
  • 駐車場を部屋分完備していること
  • これまで違法ゾーニング地域で民泊を行っていたオーナーは特別許可を申請し、その後毎年延長しなければならない(毎年250ドル)
  • 100m以内の近隣に民泊の通知をすること

などなど、というのが簡単な概要です。

現在は、一般住宅地でかなり野放しで民泊が行われており、問題も多くなっています。私が住むコナビスタは住宅地として民泊を規制しているので、特に問題になっていませんが、周囲の住宅地では民泊が多く、それに伴い車の数がかなり増えました。当然クリーナ―なども物件にアクセスするため、その数はかなりにのぼるとみられます。明らかにツーリストが一般の住宅地からレンタカーででてくる姿が目に付くようになっているのは事実です。

とはいえ、普通に自宅からこういう景色が楽しめれば、民泊で貸すことは難しくはありませんから、違法でもやりたくなる気持ちは分かります。

バケーションレンタルの定義は、連続30日以下のレンタルです。この場合には短期宿泊税(TAT 9.25% )をGE税(4%)に加えて納めなくてはなりません。現在はこの高いTATを支払わないモグリ営業がかなりいると言われています。そもそもバケーションレンタルが違法である住宅地でやっているわけですから、政府としても規制しようがない、ということなります。

今回の案では、現在違法地域で民泊を行っているオーナーも、特別許可を取得できることになっています。ただし・・・・これはこれまできっちりと納税と確定申告を行っていたオーナーのみに限られるのです。
また、オーナーが主たる住居の自宅の一部をレンタルする場合にはこの民泊法は適用されません。あくまでも投資用の物件のレンタルを締め出そうという動きです。

これは賛否両論はあるのですが、とりあえず何か規制はかけねばならない、というところは一致した見解であると思います。

まだしばらく法制化にはかかりそうですが、まず間違いなく可決されると見られています。

現在リゾート地域外でバケーションレンタルをしている場合には、きっちりと納税をし、確定申告をすることが必要です。これからバケーションレンタルをしたいと考えている場合は、なるべく早くスタートして、既成事実をつくることです。法律が施行された後ではリゾート地域外での民泊運営は難しくなると考えられます。

私はゾーニングの説明はきっちりやりますが、違法地域であるにもかかわらず、民泊できるといわれて買った不動産オーナーも数多くいるはずです。

オアフも新しい規制法案が審議されています。マウイ、カウアイなども厳しくなりました。

法改正もリスクのひとつです。情報は入手しておきたいものですよね。購入の際はご注意を!

 

 

 

2018年11月15日銀座にて:ハワイ島不動産セミナー 

土曜日, 10月 20th, 2018

あろは!

2018年11月15日に銀座でハワイ島不動産セミナーを行います!!17時からです。
ハワイ島の西側(コナ)の不動産を中心に最新情報盛りだくさんの内容なります!!

  • 今は止まったキラウエア火山について
  • ハワイ州で高級物件が多く売れている地域がコナであることはご存知ですか?
  • 災害に強いコナ
  • 日本からの直行便とその経済効果
  • 一般ではアクセスできないプライベートリゾートって何??
  • 投資としてのハワイ島不動産
  • 米国の不動産市場は?

などなど。

席に限りがあるので、ご予約が必要となります。

お問合せはkaihawaii1@gmail.comまで
またはハワイ808-936-6148(直通)

 

 

 

マウナラニのレストラン最新事情

木曜日, 10月 11th, 2018

あろは!

マウナラニ・リゾートのショッピングセンターのレストランが2つ閉店になりました。
日本人としてはちょっと残念な、モンステラとブルールーム。
両方とも同じ経営でしたから、当然といえば当然ですが。

しかしながら、冬場のピークシーズンまでに新しいレストランが稼働する見込みです。

モンステラの後には「寿司シオノ」。ゴルフコースのクラブハウス店がどうなるのか気になります。

ブルールームの後には、Pueo’s Wok Bistro & Grillが入るそうです。

pueoは元々フォーシーズンでシェフをしていたBABIAN氏が中華料理店としてオープン予定。
同氏は現在ワイコロアビレッジで人気のイタリア料理店、Pueo’s Osteriaを経営しています。
なかなか美味しいですが、中華はどうでしょう。。。。

美味しいことを祈りましょう!

 

ハワイ州源泉徴収(HARPTA)の変更

月曜日, 9月 17th, 2018

あろは!

さて、あまりグッドなニュースではありませんが、売却時にハワイ州に納める非居住者用の源泉徴収額が上がりました。

これまではグロス売却額の5%でしたが、本日から7.25%に上がりました。

HARPTA(ハープタ)と呼ばれていますが、これはあくまでも源泉徴収。税金ではありません。非居住者による売り逃げ防止ということです。
確定申告を行うことにより、払い過ぎの場合には還付を受けられます。

この源泉徴収は非居住者対象ですので、外国人だけではなく、米国人の非居住者(他州)も対象となります。
損がでていることが明らかな場合には免除になります。

一方連邦の’非居住者用源泉徴収はFIRPTA(ファープタ)。こちらは15%です。
ということは外国人の場合には15%+7.25%で22.25%の源泉徴収を取引完了時に納めなければなりません。

100万ドルで物件を売却したとすると、取引クローズ時に22.25万ドルを米国政府とハワイ政府に納めることになります。

ただし、最終的に支払うのはキャピタルゲイン税です。ここで源泉徴収額とキャピタルゲイン税を確定申告により調整します。

簡単に言うと下のようにになります。

源泉徴収額<キャピタルゲイン税額=追徴課税

源泉聴取額キャピタルゲイン税額=還付

例えば上記の100万ドルの物件で40万ドル売却益が出たとしましょう。
連邦の長期保有のキャピタルゲインは15%。ハワイ州が7.3%で合計22.3%なので$89200。
$222,500-$89200=¥133,300の還付金が見込めるということになります。(注意:税率は変更になりますし、売却益の額などによってもキャピタルゲインは異なります。会計士にご相談ください)

クライアントの皆様はちゃんと還付を受けられていますので、このあたりは心配はいりません。
これまで多く取引をしていますが、追徴課税はまずありません。通常は還付金が戻ってきます。

現地法人を設立することにより源泉徴収の問題は回避することも可能です。

腕の良い会計士もご紹介いたしますので、あまり心配はいりませんので、ご安心を。

 

 

 

 

火山国立公園 再オープン

土曜日, 9月 15th, 2018

あろは!

グッドニュースです!

キラウエアの火山国立公園が9月22日に再オープンです。
東側の避難所も閉鎖となり、平常に戻りつつあります。
キラウエアの山頂のハレマウマウ・カルデラの景色も変わりました。

ビデオはこちら。後半にハレマウマウが出てきます。

オープンしたら近いうちに行きたいと思います。

 

オリビアその3

水曜日, 9月 12th, 2018

あろは!

コナは良い天気です!風は心地よく吹いています。
オリビアは夜中2時頃にハワイ島とマウイ島の間を通過するという予報でしたが、マウイの前で北西に進路を通り、まさに山に阻まれたような恰好になりました。

 

衛星で見るとこんな感じです。これが昨晩寝る前です。

この後マウイの方に移動しました。

また今回もハワイ島が荒れ模様のような報道でしたが、いつも通り平穏で、今朝のニュースのコナ湾の風景は、みな釣りをしていました。
コスコに行っても、スーパーにいっても物は溢れているし。ここは平和です。

この騒ぎで現在問題になっているのが家屋保険です。
2週間前のハリケーン・レーンと今回のオリビアで、保険会社が新しい家屋保険への加入を差し止めています。
少なくともコナは全く問題がないのですが。
とりあえずはこのオリビアが去るまで新規保険の加入ができそうにありません。

ハリケーン保険は、認定風速を上回らなければおりません。保険会社もビジネスです。加入するときは注意が必要ですね。それ以下の風の場合には家屋保険が適用されます。

マウイの方はそろそろ注意が必要です 。

ホノルルも雨などひどくなりそうな感じですね。

お気をつけください。

オリビアその2

火曜日, 9月 11th, 2018

さて、熱帯性暴風雨(トロピカル・ストーム)オリビアは進路を少し南にずらして、ハワイ島とマウイ島の間を通過する見込み。

マウイとハワイ島の最も近づくのは今晩午前2時。

コナは星がでて、月がでて、なんとも綺麗な夜です。風もそよそよ。

最大風速は22mに落ちたようですから、まあ、大丈夫でしょう。
コナは明日は学校も休校にならず、ほっとしています。

 

今度はオリビア

火曜日, 9月 11th, 2018

あろは!

「お気に入りのうたー~♪ 」なんて、オリビアを聴きながらを思い出している場合ではないですね(古っ)。

トロピカルストーム、オリビアがハワイに向かっております。

2週間前はハリケーン「レーン」で、ヒロの方は1m(間違いではないですよ)の降水量を記録しました。

コナは相変わらず今朝も良い天気ですが!衛星写真によればこんな感じ。
オリビア君はマウイをまっしぐらに目指して進んでいます。

明日が山場になりそうですね。

水曜日はハワイ諸島は大雨の予報。マウイなどは暴風域に入る可能性もあるようです。
マウイにはハレアカラがあるので、どういう感じ進むのか興味があります。

ご注意を!

ホロホロ日記とは
HOLOHOLOとはハワイ語で、「ブラブラする」または「ちょっとした散歩」などを指します。ハワイで初めて住んだ家がHoloholo Streetにあり、またその昔には「Holololo Street」というインターネットラジオ番組のパーソナリティをやっていたこともありました。 これまでこのページ名は単に「近況報告」でしたが、アクセス数も多いため、2009年よりページ名を一新いたしました! HOLOHOLO感覚でハワイの日常の風景や、ハワイ不動産の裏話などを取り上げていきます。
2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー
アーカイブ