Kona, Big Island - Real Estate Website
Kona Fudosan - Hawaii
ハワイ島不動産最新情報
 
ホーム     購入     売却     不動産取引イロハ     ニュース     ハワイ島について     プロフィール
Big Island Map - Hawaii Clark Realty Hawaii Visit website -

井尾黛介
Daisuke KAIIoh (R)
日本語直通 
808-936-6148
kaics@hawaii.rr.com

 

 


ホロホロ日記がブログになりました。過去の記事も検索できます。今後はブログに記事を載せていきますので、応援宜しくお願いいたします。

ブログへのリンクはこちら

 

 

HOLOHOLO(ホロホロ)とはハワイ語で、「ブラブラする」または「ちょっとした散歩」などを指します。ハワイで初めて住んだ家がHOLOHOLO STREETにあり、またその昔には「Holololo Street」というインターネットラジオ番組のパーソナリティをやっていたこともありました。
これまでこのページ名は単に「近況報告」でしたが、アクセス数も多いため、2009年よりページ名を一新いたしました!

HOLOHOLO感覚でハワイの日常の風景や、不動産の裏話などを取り上げていきます。毎日は無理ですが、できる限り更新できるよう頑張ります。

バックナンバー2008年前半

2009年3月8日:高木ブー

ここのところ毎日コハラコースト(フアラライからマウナケア)を走り回っています。

7日にはワイコロアでウクレレフェスティバルが開催されたので、ショーイングの合間を縫って覗いてきました。今週末はハワイはひどい天気で大雨ですが、ウクレレフェスティバルの開催時は雨もあまりふらず、ラッキーでした。

 

当日はクイーンズ・マーケットプレイス内に数箇所ステージが設けられ、ミュージシャンそのステージを回って演奏していました。

2時のスタートと同時に高木ブーが演奏し、その後5時頃からまたメインステージで演奏しました。この日は「千の風になって」や「さくら」などの日本の曲も交えて2ステージで20曲弱演奏しました。高木ーブーさんというと僕はドリフターズのコントというイメージしかなく、ミュージシャンではないのですが、なかなかの演奏でした。2j回目のステージの最後にはドリフの最後の歌を日本語で歌い

盛り上がりました。ウクレレの大御所ハーブ・オオタやリムファミリーのフラ、スラックキーのジョン・ケアヴェなど、なかなかの顔ぶれで毎年のごとくハワイの音を堪能してきました。残念だったのは、去年このホームページで紹介したハワイ島期待の星クリス・フチガミ君のステージを逃してしまったことです。

昨年のビッグアイランド・ミュージックフェスティバルの時の演奏はこちら。

音楽はやっぱりいいですね。

高木ブーさんがウクレレ・コントやってくれたらもっと良かったのですが・・・

 

 

2009年3月2日:ハワイの竣工式と寿司

クライアントの家が完成したので、竣工式に行ってきました。

先日当社の新オフィスのブレッシング(BLESSING)と同様、ハワイアンのカフナ(神官)がハワイ語でチャントを唱え、その後海水ティーリーフを使って清めの儀式を行ないました。

ハワイの清めの儀式にはチャントとハワイアンソルト(塩)、海水、ティーリーフ(TI LEAF)が用いられることが多いようです。塩を使ったり、ティー・リーフでバサバサやったりするところは日本の神社の儀式に少し通じるところがあると思うのは僕だけでしょうか?

 
まずはハワイ語によるチャント。
そして海水とティー・リーフをつかったお清めの儀式。ティーリーフは魔よけとしてハワイの家の庭にも植えられている植物です。うちの庭にもあります。

さて、この日は寿司のケイタリングで、ワイメアの「AKA 寿司」がその場で握って、ロールをつくってくれました。オーナーはその昔、ワイメアの「ダニエル・ティボー・レストラン」で寿司を握っていました。今はワイメアのKTAスーパーがあるショッピングセンターの中の、カムエラ・デリというレストランの中に間借りして、AKA 寿司をやっているそうです。

当日はマグロ、はまち、サーモン等の握りに加え、ウニがほとんど食べ放題(アメリカ人があまり食べないため)。さらにイクラもあって大満足でした。天ぷらはその場で揚げてくれすぐに寿司に巻いてくれましたし、寿司メシも美味しく、アボカドなどを巻いたキャタピラーロールなどもとても綺麗で、アボカドフェスティバルのシェフとは大違い(失礼!)。

ワイメアに遊びにいったら是非AKA 寿司をトライしてみてみましょう!

2009年2月28日:アボカド・フェスティバル

アボカドが旬です!

そこで、キャプテンクックで開催された、アボカド・フェスティバルに行ってきました。

アボカドは実は奥が深く、熟れ頃を見分けるのが結構難しかったりします。早く収穫しすぎたアボカドは熟れないことも多く、未だに失敗することがあります。さらに種類の多いこと!水っぽいものや、熟れすぎるとガリガリした固形物が発生するものや、熟れると種の皮がむけて身に残るものなど、本当に色々あります。

 
この店はアボカドタルトが一切れ1ドル50セント。オーガニックコナコーヒーが一杯2ドル。
アボカドを使った巻き寿司の講習会。日本人であれば先生よりうまく巻けるはず・・・
 
見つけました。3個1ドル。思わず手に取ってしまいます。このアボカドはシャーウィル。とても食べやすいタイプのアボカドです。
実はマンゴーも早いものはそろそろ旬だそうです。これはクラシゲ・マンゴー。ちょっと小ぶりですが、いけます。
 

アボカドを使った創作料理のコンテストも行なわれていました。これはアボカド寿司。その他、パイ、カップケーキなど色々ありました。

うちはこの日はアボカドとリリコイ(パッションフルーツ)のパイを買って帰りました。非常に美味しかったです(リリコイの種が入っていたのがいただけませんでしたが)

ハワイ島でトロピカルフルーツといえば、KEN LOVE氏。ハワイ大学とも一緒にトロピカルフルーツに関するアドバイスや研究などを行なっています。ハワイのトロピカルフルーツのポスターの他、バナナの種類のポスター、かんきつ類のポスター、マンゴーのポスター、そして実はアボカドのポスターも製作、販売しています。LOVE氏は日本語も話せます。
 

この日もLOVE氏は様々な種類のアボカドを展示用に持ってきていました。さすがプロ。我々にはそこまでの違いはわかりません。

KEN LOVE氏のトロピカルフルーツのHPはこちら。

来月頃から売りに出される、アボカドのポスター。なんと100種類以上あるそうです。

仮ポスターはこちら。

LOVE氏のHPによれば、アボカドが美味しくない場合の最大の理由は収穫時期のミスにあるということです。早く収穫しすぎたアボカドは、例え熟したとしても身が入らず、水っぽくなってしまうとのこと。また後味が悪くなるので、生産者は早すぎる収穫は控えるよう、HPで呼びかけています。また、樹から自然に落ちたアボカドも実は美味しくないそうです。自然の摂理として、良い実を残すために悪い実を自ら切り離すことも多いため、落ちたアボカドはむしろ美味しくないとのこと。

収穫時期に関しては、1週間以内で熟すことが条件だそうです。また、茎を少し残したまま収穫されているアボカドの方がうまく熟すそうです。

とはいえ、LOVE氏もアボカドの収穫のタイミングは木によって違うため大変難しく、経験で学ぶしかないと書いています。

ちなみにハワイ大学の調査でコナのシェフに人気が高かったのは(一般的なアボカドで):

1)カハルウ 2)マラマ 3)リンダ 4)シャーウィル 5)ハース

アボカド・フェスティバルで買ったアボカドで、うちはアボカドジンジャー味噌丼を作って食べましたが美味しかったです。またご飯の上に海苔を散らしてアボカドを載せて醤油で食べるのもいけます。マグロ丼のようです。勿論酢メシにして、アボカドの押し寿司も最高に美味しいです。

そういえば小学生の頃、刺身が食べられないセントルイスではトロの代わりにアボカドに醤油とわさびをつけて目をつぶって食べた覚えがあります。

 

ハワイ島でもスーパーではメキシコなどの輸入品も多いですが、是非ファーマーズマーケットなどで色々と食べ比べてみましょう!!

 

2009年2月23日:[コナ不動産.COM]新たなステップ

ALOHA!

見た目にはわかりませんが、本日より新たなウェブホスティングに「コナ不動産.COM」を移管してお送りしています。アクセス数が大きく伸びたこともあり、新たな飛躍に向けて体制を整えております。よりローカルで最新の情報をお届けしていきますので、是非応援の程宜しくお願いいたします。

今月末で一旦「カスタム検索機能」がご利用できなくなりますが、地図検索はそのままですので、こちらをご利用ください。カスタム検索機能はより使いやすい方式に変更する予定です。しばらくの間ご不便をおかけいたしますが、何卒ご容赦ください。

検索が必要なかたは、是非ご連絡ください。最新売り物件リストなどの不動産データをすぐにお送りいたします。

2009年2月13日:ワイコロアリゾートの売り物件

ワイコロア・リゾートで新しくコンドミニアム、「ワイコロア・コロニー・ヴィラ」の3ベッドモデルを売り出しました。価格は45万9千ドル。ワイコロアリゾートでは一番安い3ベッドモデルです。居住面積はおよそ160屬妊レージつきの、2階建てタウンハウス・タイプのコンドミニアムです。家具も素敵ですし、中もタイルをふんだんに使ってあり、高級リゾートコンドミニアムです。

敷地内にプールが2つ、フィットネスセンター、テニスコート、バーベキューエリアがあり、ヒルトンとキングス・コースのクラブハウスの間に位置しています。

2006年のピーク時には70万ドル強でと引きされていましたので、現在のレートで行けば円建てでは半額以下となります。ご興味があるかたは是非ご連絡ください!

クイーンズマーケットプレイスが完成して、ワイコロアが本当に便利になりました。リゾートが「街」に近くなり、ここだけでゴルフ、ショッピング、ダイニング、オーシャンアクティビティすべてを完結させることも可能になりました。

ワイコロアは人口的で面白みがないと言う方もいますが、海を見れば鯨が顔を出し、そして山を見れば雪のマウナケアが光り、海には古代ハワイアンのフィッシュポンド。なんとも味があるリゾートになりつつあります。

ワイコロアの新しいレストラン「マカロニ・グリル」も試してきましたので、ご興味があるかたはクイーンズ・マーケットプレイスのページへどうぞ。

 

 

2009年2月9日:クアベイと車の修理

久々にクアベイに行きました。冬は水が冷たいのであまり海には入りません。あと波が冬の方が荒いので、砂が大分持っていかれ、ビーチが小さくなっていました。コナのマジックサンドも冬場は潮の関係で砂が持っていかれ、岩場になってしまいます。

春になると砂が自然に戻ってくるのは不思議です。クアベイもマジックサンドも夏と冬で景色がガラリと変わるので、別のビーチに来てしまったかと思うほどです。

話は変わりますが、ハワイとは思えないほどスピーディーに車が直りました!先日不注意で車をぶつけてしまったのですが、保険会社も修理工場もハワイとは思えないほど対応がよく、さらに3日かかるという修理が1日で終わりました!日本の方は分からないと思いますが、ハワイで対応が良く、さらに予定より早く何かが終わることはめったにありません。保険会社はGEICO、修理工場はSKGでした。

 

2009年1月31日:道路

早いもので、今年も12分の1が終わりです。

皆様は良い年初めを過ごされましたでしょうか?東京は大雨で寒いとか?

アイオワ州のクライアントからは摂氏マイナス32度という報告がありました!!

ここコナは暑くも寒くもない快適な日が続いていますが、春が近づいているようで、ジャカランダの木がちらほらと紫色の花をつけ始めました。ワイメアは寒いのでまだだと思いますが、ビッグアイランド・カントリークラブにいくとジャカランダを見ることができます。日系の方々はその昔「ハワイ桜」と呼んだそうですが、ジャカランダは本当に綺麗です。桜とは違って息の長い花ですので、3月〜4月が見ごろです。

話は変わりますが、最近は随分道路事情が良くなりました。クアキニもよくなりましたし、クイーンKハイウェーも4車線になったので、本当に楽です。土曜日の午前中の写真ですが、車も少なく、道はいいし、中央分離帯の芝生も綺麗に生えてきているし、言うことないです。気が付けばパラニの交差点の手前には立派な椰子の木まで植えてありました。

スピードの出しすぎには注意しましょう。ネズミ捕りをやっています。

 

2009年1月27日:フアラライとエリカ様

ご存知の通り、先週末のコナはエリカ様騒動でした。どこに行ってもその話しでしたし、クライアントの中にはわざわざ会いに(見に?)行った方もいました。

日本のワイドショーなどでもハワイ島が随分紹介されたようですから、ビッグアイランドの知名度には大変良いことでした。何故「エリカ様」なのか理解できない私なのですが、ハワイ島の知名度を上げてくれたことに感謝を表して、エリカ様と呼ばせて頂きます!

フアラライのフォーシーズンズホテルでのエリカ様です。

そして同じ週末には、PGAシニアツアーの三菱電機チャンピオンシップがフアラライで開催されておりました。ベルンハルト・ランガーが優勝したこちらもゴルフチャンネルで放送され、ハワイ島は世界に存在感をアピールしたのでした!!

ハワイ島高級プライベートリゾート、フアラライの不動産情報はこちらから。

2009年1月23日:アップルバナナの収穫

今日は仕事を終えてから、バナナの収穫を手伝って来ました。種類はアップルバナナで、ちょっと小ぶりで酸味がある、ハワイ島では一番人気のあるバナナです。台湾バナナよりも爽やかで、僕は好きです。

 

本日のバナナは100本以上!上はもうすでに完熟状態でボロボロ取れてしまいます。

バナナの茎はおよそ直径5センチ。結構あります。100本以上のバナナはかなり重いです。

 

バナナは切ると大量の樹液がボタボタとしたたり落ちます。このべたべたの汁が洋服につくと真っ黒になり、洗濯しても取れません。今日は樹液をうまくかわし、収穫できました。これも経験が物を言います。最初の時は大変でした!

美味しいバナナに舌鼓を打つ娘。3本あっというまに食べ、結局夕飯を食べられずに怒られました。

木で熟したバナナは本当に美味しいです。

何もしなくとも、こんなに美味しいバナナができてしまうのが不思議なところです。太陽と大地の力は本当に偉大です。

バナナの木は一度実が付くと、もう実が付かないので、収穫後は切り倒してしまうのが一般的。でないとあっという間にバナナジャングルになってしまいます。

 

 

 

2009年1月19日

先週末から波浪警報と強風警報で、ハワイの海は大荒れです。まだほとんどのビーチは閉鎖になっています。コナでも15フィートを超える波ですし、ここコナビスタの自宅からも波の音が聞こえます。風が強く、温度が非常に低い状態が続いており、ワイメアでは今朝は0度を下回ったということですから、尋常ではありません。

さて、明後日のショーイングの予約を取ったところ、物件10件のうち、3件にオファーが入っていました。お買い得物件がそろそろ売れ出す兆しでしょうか?

 

2009年1月16日:新オフィスのブレッシング

ハワイ島サザビーズ・インターナショナル・リアルティのコナオフィスが正式にオープンするにあたり、ハワイアンのカフナ(神官)によるブレッシング(祈祷)が行なわれました。

ハワイでは起工式や結婚式といった場で、ハワイアン・カフナによる祝福が行なわれるが一般的です。ハワイの塩や、マイレという葉のレイを用いて、ハワイ語のチャントで場を清めてくれます。この「場を清める」という考え方が日本やアジアと共通するものを感じます。米国本土ではこうした概念は感じたありませんから、やはりハワイは米国とアジアの中間に当たるのだという意識を強くしました。自然を大きな力と見立てるハワイアン・チャントは人種、宗教を超え、心に響くものがあります。

これで今年もきっと安泰でしょう。

ケアウホウ・ショッピングセンター内のわが社のオフィスに是非遊びにいらしてください。事前にご連絡を頂くのが確実です。

現在ハワイ全島の特に西側に強風波浪警報がでています。海沿いにいらっしゃるからはご注意ください。金曜日一杯続く模様です。

2009年1月11日:嵐

今日は朝から珍しく雨模様で、おまけに凄い風で椰子の木がしなっていました。風は冷たく、一日窓を開ける必要がないほどでした。昼過ぎには晴れ間ものぞき、水平線がくっきり浮かび上がり、海がいつもより近く見えて怖いくらいでした。嵐の後の澄んだ景色はいつでもいいものです。

夕方近くなって町に買い物にでかけたら、雲が縦にでているのを娘が見つけました。気流の関係でしょうか。煙かと思いましたが、そうではありませんでした。

自宅から街までおよそ8キロ程度。その間に3回はげしく雨が降ったりやんだり。雨が降っている区域を目ではっきりと確認できるのが面白いところです。

今週末はまたオファーが入り、一件オファーを書きました。「不動産業は今暇でしょう」、とよく言われますが、ところが結構忙しいです。ハワイもハイシーズンに入り人が増えています。物件も少しづつ動き始めているようですから、お買い得物件をお探しの方はこの機会をお見逃しなく。

 

2009年1月7日:誕生日とオファー

私事ですが、今日は誕生日でした。6ヶ月の子供がいると誕生日どころではありませんが、オフィスの同僚と家族が祝ってくれて、嬉しい一日となりました。8本ろうそくが立っていますが、私の年とは関係ありません。

午後は休みをとってゴルフ。残念ながらスコアはメタメタでしたが、その間に担当物件にオファーが入りました!ワイコロアリゾートの物件ですが、希望価格と

開きがあるのでまとまるかどうか。

景気を反映して、買い手は安くオファーを入れてきます。とはいえ、先日は同時に2つオファーが入ってきましたので、お買い得物件はやはり売れます。

 

 

 

 

2009年1月4日:街でみかけた鏡餅

ケアウホウのKTAスーパーで鏡餅を見つけました。なんとなく合っているような、間違っているような・・・?

間に挟まっているのは昆布とスルメ。後ろには干し柿と日本酒。上にはみかん。

日本の鏡餅とはいささか違いますが、ウィキペディアの鏡餅の定義によれば、スルメや干し柿を使うとのことですから、ある意味僕よりもよく知っています。

フリー百科事典のウィキペディアの鏡餅の説明はこちら。

しかし、スルメや昆布を間に挟んだりするのは正式な鏡餅なのか、それともKTAの創業者が広島出身なので、広島スタイルなのかは分かりません。

何にせよ、地元のスーパーの入り口に鏡餅が飾られていることは日本人として嬉しいことだと思いした。

本日は新年初ゴルフでした。ビッグアイランドCCから見えるマウナケアはかなりの雪です。マウナロアの山頂も勿論雪です。加えて今日は曇りだったので、標高およそ800mのビッグアイランドCCはハワイとは思えない凉差(朝は寒いです!!)

スコアは92でまずまずでしたが、途中どうしても崩れて大叩きしてしまいます。それがなければ・・・

今年も変わらずのタラレバです。

 

2009年元旦:明けましておめでとうございます!

公私共に激動だった2008年が終わり、いよいよ2009年です。
本年も宜しくお願い申し上げます。
ハワイには低気圧がきており、コナでは大波注意報が発令されています。有名サーフスポットである「ライマンズ」でもご覧の通り、サーファーが多数押しかけ(といっても全然混みあうことはありませんが)波乗りを楽しんでいました。
不動産市場は2009年半ばより上向きになることが予想されています。お買い得物件も増えてきました。この機会に是非ご検討ください!
本年も最新情報を掲載していきますので、コナ不動産ドットコムを宜しくお願いいたします。


 

 

2008年12月31日:本年度最後のクロージング

今年最後の取引がクローズしました。

成約からおよそ26日で登記というスピード取引であり、クリスマスと年末が絡むのでちょっとハラハラしました。売り手は日本、買い手はオーストラリア。結局オーストラリアからの最終書類の原本が届かず、最後はファックス署名となりました。

DEED(譲渡証書)への買主の公証署名は義務ではありませんが、弁護士が買主の署名欄を作成してしまった場合には、勿論義務となります。買主が外国人の場合には、公証署名欄を設けないよう弁護士に指示を出すのを忘れると、時に命取りになることがありますのでご注意を。特に今回は源泉徴収の絡みからどうしても今年中にクローズしなければならなかったので助かりました。最後まで不動産取引は気が抜けません。

これを無事にクローズして、本年度は終了!

今年は色々ありましたが、無事にハワイ島不動産エージェントの上位5%に残り、会社自体もハワイ島3位と健闘しました。れもひとえにクライアントの皆様のお陰です。

どうも有難うございました!来年も宜しくお願いいたします。

 

2008年12月28日:プライベートジェットと鯨

コナの冬の風物詩として、空港のプライベートジェット機が挙げられます。毎年この時期は50機以上が所狭しと並びますが、今年は今のところ30機程度のようで、例年よりも少なめです。

昨日は海を眺めていたら急に鯨がジャンプしました。かなり離れていても鯨の白いお腹がはっきり見えました。3回ほどジャンプすると、潜ったようで、姿が見えなくなりました。

鯨、マウナケアの雪化粧、そしてプライベートジェット。役者が揃いつつあります。そして昨日は友人の栽培したコナコーヒーの初豆のコーヒーを飲みましたが、美味しかったです。

もうすぐ大晦日と正月です。素晴らしい年末年始をお迎えください!!

 

2008年12月25日:クリスマス

MELE KALIKIMAKA!! MERRY CHRISTMAS!

メリークリスマス。常夏の島ハワイ島はいつもと変わらず暖かい風がそよいでいます。コスコもスターバックスも閉まっているので、町はひっそりとしています。子供たちは家でプレゼントに夢中になっていることでしょう。

今年は観光客が少ない!少ない!と報道されているにもかかわらず、コナのレンタカーは1月半ばまですべてソールド・アウトです。すべてのレンタカー会社に問い合わせたので間違いではありません。ナショナルの30日レンタルはまだあるようです。実はこれは借りた期間だけ払えばよいそうなので、レンタカーが必要なかたは覚えておくといいかもしれません。

今朝コナの空港にいったところ、大手レンタカー会社のAVISの駐車場には僅か2台しか車がありませんでした。バジェットも同じです。年末にハワイに来る場合には、レンタカーは事前に予約することを強くお薦めします。

さて、上の娘の学校が先日冬休みになりましたが、最後の日に担任の先生からもらったプレゼントが下の写真です。

この先生の家族は昔からコナでコナコーヒー農園を営んでため、生徒には自分の農園で取れた果物をプレゼントしてくれるのです。

アボカド(黒っぽい大きいやつです)、みかん(見た目よりずっと美味しい)、そして、この小さな丸いものはなんだか分かりますか?

そう・・・マカデミアナッツです。

子供たちは休み時間に「かなづち」でマカデミアナッツを割って食べているそうです。

なんだかハワイ島って感じですね。

 

 

 

 

 

2008年12月20日:コナのクリスマスパレード

いよいよクリスマスが近づいてきました。年末はクライアント、友人が大挙してハワイを訪れるので、一番忙しくなります。

そんな訳でちょっと更新が遅くなりましたが、コナのクリスマスパレードの様子をどうぞ。残念ながら、この日は夜は雨模様となってしまいました。

 
ミスコナコーヒーです。これから日本に行くそうです。   MELE KALIKIMAKA。何の意味だか分かりますか?そうです。メリークリスマスです。
 
ピックアップ・トラックもこの通り、綺麗に飾りつけ。   これはよくできていました。

雨とはいえ、人でも多く、子供たちはキャンディーを元気一杯に集めていました。キャンディを見物客に投げるので、子供たちは大喜びなのです。

もうすぐクリスマス。皆様も良い年末年始をお過ごしください!!

 

2008年12月12日:嵐とオアフ

昨日11日は珍しく大荒れの天気で気温も上がらず、ハワイとは思えないような一日でした。

翌日12日は待望のクキオでのゴルフ。しかし夜中雨で、朝の天気予報も雨100%。しかし、ここは「晴れ男」KAIです。だんだんと空が明るくなってくるではありませんか。7時前。まだ日が昇る前に家を出発。

空港手前で目を疑いました。なんと、マウイが嘘のように目の前にそびえているではないですか。あまりに近いのでコハラ山だと思ってしまいました。良く見ると、さらにカホロラヴェとラナイ島まで!こんなことは初めてです。いつもは皆飛ばすハイウェーも今日に限ってはゆっくりで、誰しもがいつもとは違う景色に目は釘付けのようでした。

クキオに到着して、さらによくよく目を凝らすと小さくオアフ島まで見えます。この島に20年以上住んでいる友人もこんなことは初めてだと驚いていました。彼はカメラマンなので、夢中で写真を撮っていました。

本日私が撮った写真を少しどうぞ。

後日、カメラマンの友人と写真を解析したところ、はっきりとダイヤモンドヘッドが写っていました。40年住んでいる彼の両親も、驚いていました。

マウイのハレアカラの陰影まではっきりと見え、びっくり。低気圧が入り温度が下がり、風が海上の水蒸気を吹き飛ばしたことがこの素晴らしい景色をもたらしたようです。ホノルルからはどのようにみえたのでしょうか?

実はビッグアイランドの住民はもうひとつボーナスがありました。背後には雪化粧をしたマウナケアがそびえていたのです。ちゃんと積もったのは今年初ですね。これにもびっくり。

結局この日は雨は降らず、まずまずの天気のなかゴルフを楽しむことができました。

クキオのゴルフのレポートも近日中にアップしますので、お楽しみに。

ビッグアイランドはやはりダイナミックです。

2008年12月10日:冬

12月にはいって、涼しくなりました。いよいよ待望のベストシーズンです。海に入るにはちょっと寒いですが、これから7月頃までは過ごしやすい気候になります。といってもハワイの夏は日本と比較すれば、とてもすごしやすく、ハワイに避暑に来る方も多いのですが。

先週はワイメアでクリスマスパーティでしたが、なんと外の気温は14度。風もあり、寒くて寒くて、暖炉がとても有り難かったです。さすが標高800mの高原の町!ハワイでも暖炉を使いたい方はワイメアは最高です。

その翌日はコナでパーティ。ワイメアほどではありませんが、やはり夜は半そで、半ズボンでは寒い!!震えてしまいました。夕方も散歩をしても汗をかくことが少なくなり、過ごしやすいです。今日は特に空気が乾いていて、コナからフアラライ山のみならず、マウナロアまで、見渡せました。

写真はコナのスターバックスの前からの写真です。

 

2008年12月6日:ヒロとイミロア天文学センター

久しぶりにヒロに行ってきました。今回はイミロア天文学センターで3Dプラネタリウムを見るのがメインの目的でした。

イミロアはハワイのベストアクティビティ101という雑誌で第2位にランクされており、ハワイ大学ヒロ校に併設されています。

 
まずはサドルロードを突っ走ります。コナ側は道が悪いので中央車線をまたいで走り、対向車がきたらよけます。ヒロ側は道がよくなりましたが、途中からは霧がでました。ワイメアを通る北ルートと比較しておよそ20分から30分の時間短縮。距離はおよそ130キロです。レンタカーの走行は禁止されていますのでご注意を!
 

ヒロは曇り。夕方から雨。

この間ヒロに行った方の感想は、一人が「趣がある」、もう一人は「古くて陰気」でした。人によって感じ方は違うようです。

僕はヒロの町並みは嫌いではありません。

 

そしてイミロア天文学センター。天文学とハワイの文化に焦点を当てています。こんなに立派な施設がビッグアイランドにあるとは驚きです。

プラネタリウムも3D(立体)ですし、中の展示物もディズニーランドかと思うようなものもあります。プラネタリウムはNASAから毎日最新情報が提供されているそうです。

 

天文学センターといいつつも、半分はハワイの文化に焦点を当てています。ハワイの航海術の展示場もあります。インタラクティブな展示物が多いので子供も楽しめます。

レストランもありますので、食事を挟んでゆっくり回ることをお勧めします。

 

イミロアの入り口にあるモザイク。

2008年11月26日:不動産三田会ホノルル視察

不動産三田会のメンバーと一緒にホノルルの物件を視察して、ハワイ三田会との交流会に出席してきました。

 

ウラジミール・オシポフという建築家をご存知でしょうか?ホノルル美術館で特別展が現在開催されているほど有名なハワイ現代建築の鬼才であり、ハワイでは人間国宝(ハワイは国ではありませんが)としても知られています。上の写真の家は、ホノルルにある、オシポフ氏設計の家で、現在25億円で売りに出ています。

1960年代に建てられた、アラモアナ・ブルバードのIBMビルやホノルル国際空港、アウトリガー・カヌークラブ、ホノルル大学など、非常に個性的な建築物は年月に古びることなく、未だに高い評価を得ています。

そのこだわりと高い機能性は特筆すべきものがあります。例えば上の家は現在25億円で売りに出ているオーシャンフロントの家ですが、建ったその日から築40年の風合いを出すべく、様々なテクニックが駆使されている他、オーシャンフロントでも半永久的に持つように建設されています。1970年代に建設されたこの家は色あせるどころか、年と共にむしろ魅力が増していくところが凄いところです。家のことを知れば知るほど、味がでてくるのが一流の証なのでしょう。

実はこのオシポフ氏は、子供の頃日本で暮らしていたことから、日本語が流暢だったそうです。いかにもハワイらしいですね。

ホノルル美術館のオシポフ展のHPはこちら。

上の物件は一般向けには売り情報がでておりません。興味のあるかたはご連絡ください。

 
ハワイキ・タワー(115万ドル)   ホクア(240万ドル)からのビュー

今回コナとホノルルの物件両方を見たメンバーからは、「利便性から行けばホノルル」。「質とゆったり感、ハワイを求めるならハワイ島」との評を頂きました。

ホノルルもいいですが、やっぱり僕はハワイ島派。かなり特性が違う2つの島なので、両方に物件を持って遊ぶのが最高です。飛行機代も下がってきていますし。いずれフェリーもできますし。

ところで、不況といわれる今日、ホノルルの状況には興味がありました。人が減っていると思いきや、

ワイキキは円高の影響で結婚式や日本人旅行客がむしろ増えているようです。知人の寿司屋で食事をした際も日本人で満席。売上は昨年と比較して30%増だそうです。JTBの担当者とも話しましたが、昨年よりも売上は良いとのことで、悲観的な話はまったく出ませんでした。

不動産に関してもこの円高を利用して購入している日本人バイヤーが増えているそうですし、ハワイはまだまだ元気です。

不動産三田会の皆様有難うございました!

 

2008年11月23日:不動産三田会コナ視察

日本から不動産三田会(慶応)のメンバー、16名がハワイ視察に訪れました。この会を通じて500名以上の、不動産業に携わっている慶応大学の卒業生がネットワークを組んでいます。驚くことに、会員間成約が、140ヶ月以上途切れていません。

さて、今回はハワイ島の物件視察の段取りを私が担当することとなり、ドキドキでしたが、何とか無事に大役を果たすことができました。ケアウホウのコンドミニアム、一戸建て、そして途中も物件を見ながらフアラライリゾートまでというルートでした。フアラライでは3億円〜17億円の物件を見てまわり、最後はメンバー用クラブハウスでランチをとりました。

翌日からはホノルルに移動しての視察ツアー、僕も月曜日から追いかけてホノルルに飛びます。

フアラライはなんとも珍しく雨!!

それでも雨の間を縫って濡れることなく日程をこなしました。週末は大荒れの天気ということで心配しましたが、僕は晴れ男なので、どうにか持ちました!!

サザビーズのコナオフィス前で!

夜はケンイチで、ディナー。KENICHIさんも登場して頂き、大好評でした。写真はシグネチャー・デザート。 UCCハワイにもお世話になりました。コーヒー焙煎ツアーは非常にユニークな体験です。皆様も是非試して見ましょう。自分だけのラベルのコーヒーをつくることができます。

 

2008年11月21日:ハワイ島の旬

今ハワイで旬といえば、そう、スターフルーツです。先日ホルアロアの「ホルアコア・カフェ」でフレッシュ・スターフルーツジュースがあり、思わず頼みました。ちょっと熟し方が足りなかったと見え、緑っぽい色で、甘みがもうちょっと欲しいところ。でも思ったよりもすっきりした飲み心地でした。

甘いのがあまり好きでない妻は喜んでいました。

スターフルーツは熟すともっとオレンジっぽい色になります。

このジュースを飲んだ翌日、友人から庭でとれたスターフルーツを山のようにもらいました。これはかなり熟れていてとても甘かったです。先端部分が緑で、内側がオレンジっぽくなっているのがお分かり頂けると思います。

昨日ケンイチに食べにいったところ、デザートの飾りつけでスターフルーツを使っていました。切ると本当に星の形をしていて、こんなに可愛いフルーツもないと思います。

常夏のハワイには季節がなくてかわいそうねー、なんておっしゃる方もいらっしゃいますが、暮らしてみると、意外にハワイ島には色々と季節の風物詩があります。

夏はマンゴーにパイナップル。秋にはスターフルーツとコーヒー、冬になると鯨とマウナケアの雪景色。春はコーヒーの花とジャカランダの花。

自然は人間よりもずっと敏感ですね。

 

2008年11月18日:コナコーヒーのベスト

今年も恒例のコナコーヒーのカッピングコンテストが行なわれ、56のエントリーからベストコーヒーが選ばれました。

今年の優勝コーヒーはホシデ・ファーム。ホルアロアの7エーカーの農園です。

第2位は昨年の優勝コーヒー、クアイヴィ・ファーム。

そして第3位はコナ・レインフォーレスト・コーヒーでした。

佳作は:カロコ・バイユ、Jヨコヤマ、ブッダズ・カップ、シービュー・エステート、ブロックセン・ゲート・エステート、レフウラ・ファーム、コナ・アース、マウカ・ファイアー・コーヒー、ビッグ・トキ・ファーム、ゴールデン・タートル、モキ・ファーム、ウルフ・ファーム

 

昨年より大規模生産者部門(クラウン部門)ができ、13のエントリーから選ばれたのは:

優勝:コヴァリ・ファーム

2位:コナ・クラナ・ファーム

3位:アロハ・ヒルズ・コナ・コーヒー

ご報告でしたーー!

 

2008年11月14日:きゅうり

そうです。最近家庭菜園を始めました!!これまで色々とフルーツは収穫してきましたが、ハワイではなかなか美味しい野菜が手に入らないので、自分で作ってみようと決心した訳です。

実は昨年コナに引っ越してきた私のクライアントが家庭菜園をはじめ、それはそれは見事な野菜ができるので、心が動いた訳なのです。まずハワイはすぐに芽がでますし、うまく行けばすぐに実がつきます。最初のきゅうりは虫にやられて枯れてしまいましたが、今回は大きな鉢を使ってうまく行きました。ミニトマトは小ぶりですが、今100個くらいできています。あとはオクラとミブナそれにシソ。私のクライアントは今、大根とネギを作っています。

やるからには無農薬と決めて頑張っていますが、虫が結構つくので、毎日洗ってあげるのが日課になりつつあります。まさに汗と涙の結晶ですね。私のクライアント曰く、手間をかけるから野菜も頑張ってくれるそうなのです。

フルーツの木は今の家にはありませんが、ハワイに住むようになってからパパイヤ、マンゴー、アボカド、みかん、レモン、ザボン、唐辛子、バナナ、パイナップルが庭にあった経験があります。何もしなくてもできてしまうのがハワイ。それも甘く美味しく。

ハワイに家を持つのはこういう楽しみもあります。マンゴーやアボカドは木がとても大きくなるので、植える場所には注意しましょう。また、住宅地によっては植えることが禁止されているところもあります。

 

2008年11月9日:ホルアロア

「ホルアロア・コーヒー&アート散策」にいってきました。レポートはこちらからどうぞ。コナの山あいにあるホルアロアは涼しいですし、日系人の歴史もあり、僕は好きです。

ホルアロア小学校に車を停めて、ブラブラとコナホテルの先まで歩きましたが、その間約17の農園がブースを設置してコーヒーの試飲を提供していました。そして最後には自分の一番好きだったコーヒーに投票するシステムになっています。

その他、知り合いのギャラリーも3つほど覗いて、目の保養をしてきました。コアのテーブルなど、地元の木を使ったアートは素晴らしいです。ボールやテーブルなどなら、Dovetail Galleryがお勧めです。世界的にも有名なアーティスト、モリノウエさんのスタジオ7も覗いてみるといいでしょう。

イベントもなかなかですが、ちょっとわき道に入ると右の写真のようなヘリコニアや実がたわわになったコーヒーの木、真っ赤なジンジャー、エンジェル・トランペットの花などを楽しむことができます。もともとは日系移民がつくりあげた、コナコーヒーの歴史。これからも火を絶やさずに行きたいものですね。

 

2008年11月2日:ハロウィーンとコナコーヒー・フェスティバル

早いもので、ハロウィーンも終わり、コナコーヒー・フェスティバルがスタートしました。

今年のハロウィーンは、サザビーズの社長宅でパーティがあったのではるばるワイメアまで参加してきました。途中で子供連れは皆近くの家にお菓子をもらいに行きましたが(TRICK OR TREAT)、寒くて寒くて、うちの「シンデレラ」は15分で根をあげて早々に戻りました。この日の夜はワイメアでは15度。コナは24度。さらにワイメアでは冷たい風が吹き、霧雨が降っていたので体感温度は10度程度だった思います。パーティではコナでは見ることのできない被り物系も多く(暑すぎて)、なかなか楽しめました。

何故かカメラの電池が充電されていなかったので、残念ながらハロウィーンの写真は撮影できませんでした。

下はワイメアに向かう車の中から撮影したマウナケアです〔携帯で撮影)。

さて、コナコーヒー・フェスティバルが始まりました。これが始まるといよいよ涼しくなってきます。パレード、カッピング・コンテスト、ピッキングコンテストなど、色々ありますのでコナにいらっしゃるかたは是非参加してみてください。8日の「ホルアロアのコーヒー試飲そぞろ歩き」は結構楽しめます。以前は途中でフラなども見れました。

あと楽しみなのはやはり、カッピングコンテストです。今年のベストコーヒーに選ばれるのはどこの農園でしょうか?? また報告します。

11月1日: リトル・ミス・コナコーヒー (ホルアロア小学校)

11月3日: 焙煎ワークショップ上級者コース

11月4日: コーヒー農園および精製所ツアー

11月5日: エスプレッソ・ワークショップ初級編

11月7日: カッピング技術ワークショップ

11月7日: NELHAツアーおよび、グルメランチ

11月7日: ランタン・パレード 6時半 その後ハレハラワイで音楽やコーヒー試飲など。

11月8日: ホルアロア・ビレッジ・コーヒー試飲そぞろ歩き 9時〜3時

11月8日: UCCミス・コナコーヒー・コンテスト

11月9日: UCCコーヒー・ピッキング・コンテスト

11月10日: コナ歴史保存会主催、ウチダ・ファーム・ツアー

11月11日: コナ・コーヒー・レシピ、ディナー

11月12〜14日: ホームページおよびラベル・コンテスト

11月12日: コナ・コーヒー・カッピング・コンテスト

11月12日、14日: コーヒー生産者用ワークショップ(ハレハラワイ)

11月13日: コナコーヒー・カッピング・コンテスト決勝

11月14日: ハワイアン・スタイル活花、生花、ディスプレー(ハレハラワイ)

11月15日: コナコーヒー・パレード

11月16日: KTAスーパー主催、コナコーヒーを使ったレシピコンテスト(シェラトン)

11月16日: コナコーヒー・コンサート(コナイン)

イベント入場にはフェスティバルのバッジを購入することが必要です。

コナコーヒー・フェスティバルのHP: http://www.konacoffeefest.com/

ちなみに今年のバッジは以下のデザインです。うちはもうすでに買いました!

2008年10月26日:カハルウ・ビーチとスポーツ・オーソリティ

コナ・コモンズに大型スポーツ用品店、スポーツ・オーソリティがオープンしました。土曜日はグランドオープンセールをやっていたので、買い物に行ってきました。ゴルフ用品はまあまあの品揃え。思ったよりゴルフシューズなくてがっかり。ホノルルの方が品揃えがいいですね(当然ですが)。これを見る限り、新しくオープンしたコナのゴルフ専門店も生残れそう。

運動靴の品揃えは悪くないです。というよりもコナはこれまでまともに運動靴を変えるところがありませんでしたから、これは嬉しいです。一足買うと、2足目が半額、さらに100ドル以上の購入25ドルオフだったので2足購入して78ドルでした。買ったのはアシックスとナイキです。

日曜日は久しぶりにカハルウへ。亀と泳いできました。亀を保護する団体が水の中で(もちろん浅瀬です)、色々とレクチャーをしていました。カハルウは遠浅なので、手軽に熱帯魚や亀を見ることが可能ですが、その分サンゴに足をつくので、年々サンゴが減っています。ひどいケースになると、サンゴを石で壊して持ち帰ろうとする人も・・・この時はさすがに注意しましたが、何を注意されたのかも分からないようでした。魚やサンゴを楽しむためにも最低限のマナーは必要ですね。

11月22日にはケアウホウ・シェラトンでカハルウ湾保護のチャリティコンサートが行なわれます。

www.kohalacenter.org/bayconcert08

 

2008年10月20日:広島フェア

18日と19日はワイメアで広島フェアが行われました。私が所属するコナ・コハラ商工会議所と姉妹提携をしている廿日市商工会議所が共同で主催し、KTAスーパーが協賛してくれました。今回の企画は、すべてボランティアによるものであることに加え、さらにアメリカの不景気も重なり、現地では開催を危ぶむ声もありましたが、非常に楽しく、そして利益もあげることができたのでした。関係者の皆様、そして当日いらして頂いた皆様に心から御礼を申し上げます!!!MAHALO!!!

 

 
素晴らしい出来栄えのノボリと横断幕。一目で日本製であることが分かります。
 

広島名物のお好み焼き!!日本からプロが駆けつけ、本場の味を提供しました。オタフクさん有難うございました!!ハワイ大学ヒロ校の学生さんとハワイ・ジャパニーズ・センターにもお手伝いいただきました。

 
はっぴを着ているのはハワイ側の責任者、ガイ・トオヤマ。マウイ生まれの日系4世です。日本人にはない、とても良い味を出してくれます。そしてお好み焼きを焼いているが、オタフクLAのTAKAさんと、右が「お好み焼きマイスター」の松本さん。松本さんは広島のお好み焼き博物館の館長さんもされています。オタフクフーズのHPはこちら。
 
おはぎです。日系1世、2世は喜んで買って行きます。4世のガイやKTA次期社長のトビーは「おはぎ」は知りませんでした。初日の最初はちょっと苦戦したものの、サンプルを出したら売れる、売れる。2日目の午前中に売り切れてしまいまいた。合計300個売り切った山ちゃん(とおば様方)は偉い。
 

三島食品さんは、炊き込みご飯に味噌汁を提供して頂きました。買うとすごい数のサンプルがついてくるという、太っ腹。初日は三島社長じきじきご飯をよそって頂きました!!有難うございました。

三島フーズのHPはこちら。

 

そしてもみじ饅頭。有名な山田屋さんのもみじ饅頭です。初めて食べるアメリカ人も、サンプルを食べては箱ごと買って行きました。

2日の午前中には全160箱完売!すごいです。

山田屋さんのHPはこちら。

 

そして廿日市は木工品が有名ですので、剣玉の砂原プロも応援に駆けつけてくれました!ローカルの子供たちのみならず、大人もトライしては、プロのようにはいかず、悔しがっていました。日本の伝統芸ですね。これは。

砂原プロのホームページはこちら。

剣玉を提供して頂いた廿日市市のHPはこちらです。

 

堂本食品さんから「甘栗ぱっくりりん」と「おつまみ昆布」を提供いただきました。

堂本食品さんのHPはこちら。

そしてお菓子メーカーのカルビーさんも廿日市ということで、ジャガリコを提供して頂きました。あまりに美味しいので、僕も一杯買ってきてはポリポリ食べています。アメリカのポテトチップスの上をいくポテトスナック。さすがはカルビー。

んーやめられない。でも残りはあと3箱。。。

カルビーさんのHPはこちら。

今回のメンバーです。真ん中の大きいおじさんがKTAの社長のバリー・タニグチ氏です。息子のトビーとKTAのスタッフの働くこと、働くこと。日本人の我々が驚くのですから、本当にびっくりです。こんなに働くハワイのローカルは見たことがありません。ハワイ島で最も愛されているスーパーであるKTAの真髄を見た気がしました。

KTAの歴史にちょっと触れておきます。

今から97年前にタニグチ・コウイチさんがK・タニグチ・ストアーという雑貨屋がKTAの前身だそうです。その後Kタニグチ・ストアという店が他にもでき、ヒロ港での荷物の積み下ろしが混乱したことから、「K.T」をと「K.TA」表記するようになり、それがKTAになったそうです。

今回日本から来て頂いた「お好み焼きマイスター」の松本さんとバリーは実は親戚だということが分かり、盛り上がりました。それだけ広島から移住してきた方がハワイには多いということです。

うちはいもKTAで買い物をします。皆さんもハワイ島にきたら地元のKTAを応援してあげてくださいね。KTAスーパーのHPはこちらです。

 

 

2008年10月12日:アイアンマン世界大会

今年も観戦にいってきました!朝5時半起きで、6時45分のスタートを見てきました。 写真は一般スタートですので、朝日が差していますが、プロのスタートの時点ではまだ朝日が昇っていません。

イルカの群れではありません(ちょっと似ていますが)。およそ1500名が一斉に泳ぎだした瞬間です。これから一番長い人は17時間、ずっと泳いで、自転車に乗って、走ります。
 

トップ集団が戻り、これからバイクで180キロ!

  キングカメハメハホテルの前もこの通り人で埋まります。選手は気持ちいいでしょうね。
 
パラニとクアキニの交差点。   アリイドライブをラストスパート。この写真は午後4時頃です。道にも応援が書かれています。
 
ゴール!!   Congratulations!

今年は警備が物々しい年でした。カイルア湾の沖には軍船が停泊し、スタート前は軍用機が低空飛行を繰り返すという、これまでにない、雰囲気でした。

選手の皆様、ボランティアの皆様、お疲れ様でした。この後NBCで全米にレースの模様が放送されます。

2008年10月9日:アイアンマン世界大会まであと2日

いよいよアイアンマンまであと2日。残念ながら火曜日のパレードは仕事で行けませんでしたが、昨日は仕事を合間を縫って家族でアイアンマンビレッジにTシャツを買いに行きました。今年で6年目ですから毎年恒例行事です。

アメリカ経済だけでなく、日本経済も大変なことになっていますね。

うちのリタイアメント・ファンドも随分目減りしてしまいました・・・・

こういうピンチのときこそチャンスです!円も強いですし! 

 
フォードがスポンサーのアイアンマン世界大会!   色々なヘルシーグッズなども売っています。今年買ったのは砂糖を使っていないグラノラ。
 
おなじみのアイアンマンゲート   自転車メーカーなども沢山来ています。今日はカイルア湾には大型客船が2隻来ていました。後ろに見えるのはマンションではなく、海に浮かんでいる船です。

 

 

2008年10月6日:コナ・コモンズいよいよオープン

ハワイ島最大のショッピングセンターとなるコナ・コモンズのPETCOがいよいよオープンしました。うちはペットはいないので、PETCOにはまったく興味がないのですが、17日にはスポーツオーソリティがオープンするとうことで、こちらはとても興味があります。何せコナはスニーカーを買えるところがこれまでありませんでしたから(ウォールマートかメイシーズはありますが)、これは嬉しいです。なお、回転寿司もオープンする予定だとか。その他、オフィスマックス、サーキットシティといった店もできますので、便利にはなりますね。全米チェーンなので、面白くはありませんが。

 

2008年10月4日:アイアンマンとお好み焼き

早くも10月になってしまいました!日本は味覚の秋ですね。

10月といえば、コナではアイアンマン・トライアスロンの世界大会が今年もいよいよ13日に開催されます。丸々一日かけておこなわれるこの大会は、本当に盛り上がりますので、勿論今年も見に行こうと思っています。

このイベントを見たことがない方からは、トライアスロンなんて、見て面白いの???とよく聞かれます。これが結構面白いのですよ。勿論全部は見ることはできませんから、部分部分で見る訳ですが、まず朝のスタート。何千人ものトライアスリートが普段は静かなカイルア桟橋からいっせいに泳ぎ出す様は圧巻です。

そして次に自転車に乗り換えて、何とハワイ島最北端のハヴィまで行くのですが、最先端バイクに乗ってかなりのスピードで走り抜けていく選手を見るのもなかなかです。そして昼を食べていると、いつの間にかもう最後のフルマラソンになっていますので、3時頃にはゴール地点で優勝選手のゴールシーンを見る!この大会は全米で放送されますので(多分同時中継ではありません)、テレビクルーなどを見るのも普段のコナとは違って刺激的です(すっかり田舎者・・・・)。

そして最後は暗くなってからライトアップされたアリイドライブと観客、フラフラになりながらゴールしてくるアイアンマンを見るのがこれまた興奮します。是非一度足を運んでみましょう。

昨年のアイアンマンの様子はこちら。

今年のコースはこちら。

そしてアイアンマンの翌週は、ワイメアで広島フェアが開催されます。これはコナ商工会議所と広島の廿日市商工会議所の合同イベントで、私もハワイ側の実行委員として企画に参加しているのです。広島風お好み焼きもみじ饅頭おはぎなど日本食もとっても手ごろな価格で食べられますので、是非ハワイ島にいらっしゃるかたは遊びにきてください。お好み焼きのグリルは何と日本から取り寄せ、勿論プロが日本から来て焼きます!!! おはぎも、もみじ饅頭もすべて本物の味です!!!

利益は地元の慈善団体に寄付します。現在最後の段取りをしているところですが、肝心のグリルがまだ到着しておらずちょっと心配ですが、きっとそろそろ届くことでしょう。果たして無事に終わって美味しいビールが飲めるでしょうか?!!楽しみです。

広島フェアは、10月18日と19日に午前10時〜午後4時までワイメア・センター(KTAがあるショッピングセンター)で開催しています。ちなみにワイメアセンターにはハワイ島サザビーズのオフィスもありますので、こちらもどうぞ!

2008年9月27日:祝一年+ヒロの邸宅

先週は忙しく、ゴルフをする時間はありませんでした。

米国経済がこれだけバタバタしている中でも先週は3件成約、1件クローズと、何とも有り難いことです。夏前は不動産がまったく動きませんでしたが、今は少し動きだしてきたようにも見受けられます。

例えばコナの成約物件数の推移は以下のようになっています。

6月:36

7月:27

8月:33

9月:38

「夜明け前が一番暗い」とも言いますから、そろそろ買い時だと考えている方も増えてきているようです。

ゴルフはここ4回中、なんと2回も80台で回っているので、実は行きたくてウズウズしています。子供も産まれ、練習量がかなり減ったのですが、スコアは良くなっているのが不思議です。イメージトレーニングが効いているのかもしれませんね。

さて、お陰様でこのHPを立ち上げてから、ようやく1年経ちました。世界30カ国、米国34州、日本全国424都市からアクセス頂きました。この場を借りてお礼を申し上げます。そして、今後も応援宜しくお願いいたします!!!感想や励ましのメールも宜しくお願いいたします。

さて、お薦め物件のページにヒロの邸宅の情報をアップしました。コナとコハラの西側とはまた変わった「しっとり」としてトロピカルなハワイもいいものです。ハワイ島内でもはっきりとコナ派とヒロ派に分かれるように、ヒロ側の雰囲気が好きな方も数多くいらっしゃるはずです。ヒロ側で最高級の邸宅に住んでみたい!という方はご連絡くださいませ。

 

2008年9月21日:選挙

昨日は予備選挙でした。投票所が家の目の前なので、歩いて道を渡るだけ!日本では何かと仰々しい投票所ですが、コナはのんびりムードでまるで、中学の生徒会長選挙のような感じです。入るとまず免許書を見せて本人確認を行い、投票用紙の説明を受けて、投票します。投票はコンピューターをつかった電子投票と紙面投票があります。私は電子投票を日本語で行いました。日本語を選択したのはきっとすごい翻訳で、笑えるのではないかと期待したからです。ところが、この翻訳、まともでした。とても分かりやすく、日本人が読んでも違和感がありません。感心、感心。ところで、もっとも笑える翻訳はアロハ航空の座席の前のポケットにはいっていた、非常時の説明でした。アロハ航空がなくなってしまい、あれが読めなくなったのは残念です。乗るたび笑わせてもらいました。こんなことなら一枚もらっておけばよかった。

椰子の木が揺れる、投票所。

 

2008年9月18日:『サウスポイント』

よしもと ばななの『サウスポイント』を読みました。先日日本から友人が持ってきてくれた本です。コナやヒロやボルケーノやサウスポイントといった地名や風景の描写がでてくるので、ハワイ島ローカルとしてはかなり楽しめました。サウスポイントやキラウエアで運命的な出会いをするわけですが、あの景色や雰囲気を思い出すと、それが自然な感じがするから不思議です。

しかし小説家はうまいですね。自分もこんな風にハワイの自然を言葉にできたらなんて素晴らしいのだろう、とつくづく思いました。そうしたらきっとこのHPの読者も増えますね。はは。

ハワイ島好きの方には是非お薦めの一冊です。

2008年9月12日:水泳教室

最近娘が水泳教室に通っています。面白いシステムで2時間水に入りっぱなしでその間、いろいろな先生が教えてくれます。。もうひとつ面白いのはプールだけでなく、海でも教えてくれることです。海は波がありますから、泳ぎを覚えるのは難しいのかもしれませんが、サーフボードや、シュノーケルやその他色々な遊びを組み入れて海に慣れさせることを主眼としています。子供の水への恐怖心を取り去ることと、水の中や上での体の使い方を覚えさせるには最高です。

場所はコナのカイルア湾のすぐ隣にあるキキ・ポンドで、ここはリーフに守られたタイドプールなので子供には最高です。コナの市営プールの裏に車を停め、海まで歩いていきます。子供がいる方は一度遊びに行ってみてください。なお、ここは超高級住宅地でもあり、周りは3億〜5億円の家ばかりです。オーシャンフロント

透き通った綺麗な海で泳げるハワイの子供は幸せですね。

オーシャンフロントのコナベイ・エステーツの売り物件:

 

Price

Display

Land area

Details

 

$2,395,000

KONA BAY ESTATES * OCEANFRONT

7,052 sqft 

2,786 3/3.5 

 

$3,500,000

Ocean Front Kona Bay Estates Best!

13,545 sqft 

3,076 3/2.5 

 

$3,700,000

 

12,020 sqft 

3,909 4/4.5 

 

 

 

2008年9月6日:レイバー・デイとヒゲ

とうとう9月です。オフィスが無事にオープンしました。

夏休み最後の祝日、レイバーデイも終わり、これで米国は秋に突入です。本土北部のクライアントからはもう随分涼しくなってきたと報告がありました。

ワイコロア・リゾートのクイーンズ・マーケット・プレイスが9月1日にグランド・オープニングを終え、ついにスーパーマーケットがオープンしました。KTA系の高級スーパーです。マウナラニ・リゾートに続き、スーパー・マーケットがオープンしてリゾートでの生活が本当に便利になりました。下の写真はオープン前日の写真ですが、なかなか立派です。

個人的には、最近ヒゲを伸ばしはじめました。コナ・ホスピタルにお世話になってからですので、かれこれ1ヶ月以上になります。お世辞からもしれませんが、周囲からの評判が悪くないので(娘を含む)まだ剃っていません。仕事も伸ばし始めてから立て続けに3件売れたので、実は幸運のヒゲかもしれません。

似顔絵とちょっと変わってしまいましたが、驚かないように!

2008年8月28日:コナ・オフィスいよいよオープン

いよいよ9月より、ケアウホウ・ショッピングセンターにコナ・オフィスが新しくオープンします。春にはオープンしているはずが、ハワイアンタイムでどんどん遅くなり、気づけば2008年も後半。頭にきてもよさそうなものですが、今はオフィスができたことに感謝です。僕も大分ハワイアンに近くなってきたのかもしれません。

個人的には8月半ばからオフィスで仕事を開始しましたが、仕事の調子もグンとあがりました。場所はレストラン、ケンイチの2つ隣です。

是非新しいオフィスに遊びにいらしてください。

オフィスは出たり入ったりしていますので、オフィスにいらっしゃる際は事前にお電話を頂けると確実です。

 

2008年8月22日:クアベイと円建て融資

コナで一番綺麗な白砂海岸といえばやはりクアベイでしょう。

つい2年ほど前まではハイウェーから舗装道路がなく、クアベイに行くのは苦労したものですが、今では舗装道路もあり、週末にもなるとかなりの車と人になります。白い砂浜、トルコブルーの海、沖合いにはマウイが見え、これぞ天国!といわんばかりの景色。波が荒いことも多いので、海と風の状態を見て行きましょう。

場所はコナから空港を過ぎ、ケカハ・カイ・ステートパークを過ぎ、クキオとフォーシーズンズの手前を海側に入ったところです。

今週は円建て融資の取引をクローズしました。ハワイの物件を担保に2.5%という米国よりはるかに低い金利で融資を受けられるのは魅力です(米国は現在30年固定が6%強)。融資を受けるには、円で収入があることと、投資物件であることが条件です。是非お問い合わせください。

2008年8月16日:サンセット

昨日は家族でアリイドライブのラバジャバでサンセットディナーをしてきました。ラバジャバはカフェとして有名ですが、料理も結構いけます。最近はマカナクラブという特典つきポイントカードを始めたので、時々利用しています。何しろうちの娘と同じ名前のクラブなので、入らざるを得ません。

20%オフやバースデー割り引きなど色々送ってきます。

昨日今日とコナは天気もなかなかで、夕日も結構綺麗でした。アリイドライブのラバジャバから撮影した写真をアップします。

そういえば私のクライアントがカジキ釣りに行き、見事650ポンド(約300キロ)のカジキを釣りました。今度写真をお借りしてHPに載せたいものです。その方はかなりの釣りキチですが、コナは大物釣りには最高なのだそうです。

 

 

2008年8月13日:ケアウホウのファーマーズ・マーケットとマンゴー

8月に入って物件の動きが良くなってきました。この1週間で物件が2つ成約に至り、忙しくしています。なんともありがたいことです。

さて、マンゴーの季節もそろそろ終わりです。今年は土曜日に開催されるケアウホウのファーマーズマーケットのマンゴー屋に良く行きました。おなじみのヘイデン・マンゴーだけでなく、ラポーザ、ジュリー、スガイなどなど様々な種類のマンゴーが売っているので、それらを食べ比べるのもなかなか面白かったです。個人的にはココナッツのようなクリーミーな味がするスガイ・マンゴーが美味しかったです。

その他面白かったのは、ココナッツ・キャンディ。これは初めて見ましたが、生のココナッツを切って乾かし、マウイシュガーで絡めたもの。ジンジャー味もあって、結構美味しいです。(上)

ケアウホウ・ショッピングセンターのファーマーズマーケットはオーガニック系がほとんどなので、身体にも良いです。

土曜日の朝8時〜正午まで。

ホンダ・ファームのきゅうり、トマト、シソ、大根などもお勧めですよ。

 

2008年8月1日:カジキと新しいオフィス

いよいよケアウホウ・ショッピングセンターに新しいオフィスがオープンします。あとは家具とアートが届き、ライトの取り付けが終わればほぼ完成です。

色々と遅れがあり、4月ごろには完成するはずだったはずが、とうとう8月になってしまいました。ハワイではすべての動きが遅いので、当社のマネージャーも頭を抱えています。

場所はケアウホウ・ショッピングセンター内のレストラン「ケンイチ」の並びです。

昨日はオフィスを確認したあと、カイルア桟橋で現在開催中のビルフィッシュ・トーナメントの計量風景をチェックしてきました。昨日はそんなに大物ではない400ポンドのブルーマーリンが上がりましたが、それでも大きかったです!!

刺身にしたらどれくらいとれるかなーと、つい考えてしまいます。カイルア湾に25隻以上のボートが入り、次々に接岸していく様子は圧巻でした。

コナの夏の風物詩です。これが終わると次はコナ・コーヒーのシーズンに入ります。

昨日の計量の様子をまとめましたので、お時間のある方はこちらをどうぞ。

 

2008年7月25日:ER

コナ・ホスピタルのER(緊急治療室)にお世話になってしまいました!

22日に仕事をひとつ終え、実家の母を空港に送りほっとしたのか、その夜から急に吐き気をもようし、そのまま一晩寝ることができなくなりました。新生児と6歳の娘をつれて明け方にERに行くわけにもいかず、近所の友人(ありがとうございました!)に病院まで送ってもらいました。救急車でも良かったわけなのですが、こちらは500ドル程度取られますので、早起きの友人がちょうど起きた頃を見計らって連れて行ってもらいました。すぐに色々と処置をしてもらい、ウィルス性の急性胃腸炎ということで、正午には無事帰宅できました。ERでは、皿を落として足の指を怪我した知り合いにも会ってしまい、変な感じでした。何はともあれ、ちゃんと病院があることに感謝です!本当はERの写真を撮影してHPに載せようと、頭の片隅で思っていたのですが、体調が悪すぎてそれどころではありませんでした。次回もっと余裕のあるときにレポートします。今日はもうほぼ元気になりました!

話題は変わりますが、ニュースでもお伝えした2車線になったハイウェーで、北方向のK-MARTを過ぎたあたりで最近よくネズミ捕りをやっています。道が広くなったので、ついつい飛ばしたくなりますが、どうぞご注意を。

日本は暑いようですね。体調にはお気をつけください。

今のところコナは冷房なく快適に過ごせています。

2008年7月13日:キラウエアの影響

今日はビッグアイランド・カントリーゴルフでしたが、朝から快晴でマウナケア、マウナロア、コハラ、フアラライの4つの山に加えてマウイもくっきり見えました。

なんでもホノルルでは、ハワイ島は今ガスマスクがないと暮らせないとか、車の窓は開けて走れないとか、呼吸困難になるとか、色々と嘘の噂が流れているようですが、そんなことはありません。

下は今日の写真です。

キラウエアのガスの量は今年3月以前の1.5倍〜2倍と増えていますが、一時期のようなことはありません。貿易風の状態にもよるので、毎日違います。

 

コナはフアラライ山の影響で貿易風から守られているので風が穏やかなのが特長なのですが、その反面、確かにキラウエアのガスが流れ込みやすくなっています。何でも良し悪しですね。まあ、キラウエアはまた落ち着くでしょう。

思い起こせば、日本からハワイ島に移住した理由のひとつは火山でした。キラウエアのあの荒々しい風景に加え、溶岩が未だに流れていることに大いに魅せられたのでした。

移住後すぐにキラウエアが活発化して、翻訳の仕事を放り出して1年ほどキラウエアのガイドをしました。溶岩の上をハイクして、トロトロの溶岩を触りにいくのです(手ではないですよ)。体力的にはきつかったですが、これは面白かったです。その後キラウエアが沈静化したのをきっかけにガイドを辞め、今の仕事に転じました。

下はガイド時代の写真です。地球の息吹をこんなに間近で見られるのはハワイ島だけ!今キラウエアは面白いようですから、是非見に行きましょう。ちなみにキラウエアは島の反対側にある標高1200m程度の小さな山ですから、コナやコハラ・コーストは噴火による危険はまったくありません

ハワイは全島、火山の島ですから、ガスが少しあるくらいで文句言ってはいけませんね。

 

 

2008年7月9日:事故と出会い

今日はなんだか不思議な一日でした。

いつになく空気が澄んでいて、朝から気持ちが良い日でした。

まず午前中、家からハイウェー11号を左折しようとした際、目の前で車が衝突しました。ハイウェーから私に向かって左折しようとした車と直進車が衝突したのです。

幸い私は左折レーンにいたので、事故には巻き込まれませんでしたが、直進レーンにいたら危なかったです。その時は気が付きませんでしたが、夕方もう一度通った時に冷や汗がでました。

事故の数秒前、左折してくる運転手の顔がはっきりと見え、日本人であることを確認していました。普段はそんなことはないのですが・・・

左折車の運転手と同乗者はやはり日本人だったので、事故処理の通訳を買ってでたわけなのですが、自分の目の前で起きた事故ということもあって、なんだか他人事のような気がしませんでした。車は2台とも大破し、レッカーされていきましたが、人間はかすり傷程度のみで無事でした。本当に良かったです。2台とも保険にもちゃんと入っていたので、それも良かったです。保険はやはり大事です。

実は後になって、もう一台の車を運転していた女性は私の知り合いの友人だということが分かりました。狭い町とはいえ、そうそうはない話しです。

その後ケアウホウ・ショッピングセンターを歩いていたら、会いたい人とばったりと出会い、午後には大学時代の友人から8年ぶりに連絡があり、夕方再会しました。

夜には事故にあった日本人旅行者の方からお礼の電話をもらいました。レンタカーも別の車に取り替えてもらえたそうです。ちなみにナショナル・レンタカーでしたが、日本語でサポートしていて、なかなか優れていると思いました。今はどこもそうなのかもしれませんが、事故った場合のサポートシステムは要チェックです。

午後7時にはこのような夕焼けが! 

例え他人同士でも、我々は皆どこかでつながっていることを、なんだか実感した一日でした。

 

                     マウナラニとワイコロアの間で撮影

 

2008年6月23日:セスナ

残念なことに、ハワイ島でセスナが事故で墜落、3名が亡くなられました。パイロットの高橋さんとは面識がある程度ですが、ついこの間話しをした方が亡くなられるのは悲しいのもそうですが、不思議な感じがします。特に同じ年ですのでなんとも複雑です。

人生精一杯生きるしかないですね。

亡くなられた皆様のご冥福をお祈りいたします。

2008年6月17日:出産

6月頭にニュースレターを完成させてから、しばらく更新できませんでした。ご存知の方も多いと思いますが、第2子の誕生を控えており、落ち着かない2週間でした。

そして15日、父の日の夜、無事に娘が誕生しました。安産で、スピード出産。母子ともに元気です。

今回はワイメアの病院だったのですが、病室は綺麗だし、広いし、助産婦さんや看護婦さんは親切だし、言うことはありませんでした。産まれた次の日は、病院がお祝いディナーを夫婦のために用意してくれるほどのサービスには驚きました。このまま1週間ほど入院できればよいのですが、残念ながら2日で退院となりました。。。。

なお、ワイメアの病院には日本人の看護婦さんもいるので、日本の方の出産には最高です!コナから行くとガソリン代はかかりますが、その価値はあると思います。

ワイメア病院。聖地マウナケアが見下ろす病院での出産はとてもよい経験でした。

出産前日のマウナケア。これはマウナラニ・リゾートから撮影しました。

2008年6月1日:ワイメアのファーマーズ・マーケット

早くも6月です!

昨日はワイメアに行きました。私はオフィスで仕事をして、家族は買い物です。初めてワイメアのファーマーズ・マーケットにいきましたが、オーガニックの野菜やフルーツが充実していて、コナよりも良い印象でした。ワイメアは土曜日の朝7時〜正午まで。コナなら、土曜日の午前中にケアウホウショッピングセンターで開催されているオーガニック系のファーマーズマーケットがお薦めです。

ワイメアに行く途中の教会。ビッグアイランドCCのすぐ手前にあります。紫のジャカランダが綺麗ですね。 ワイメアのファーマーズ・マーケットの様子。
色が鮮やか。 大根やシメジ、エリンギ、クレソンなど色々あります。

 

バックナンバー 2008年前半

 

 
Click To Enlarge