Kona, Big Island - Real Estate Website
Kona Fudosan - Hawaii
ハワイ島不動産最新情報
 
ホーム     購入     売却     不動産取引イロハ     ニュース     ハワイ島について     プロフィール
 
Big Island Map - Hawaii Clark Realty Hawaii Visit website -

井尾黛介
Daisuke KAIIoh (R)
日本語直通 
808-936-6148
kaics@hawaii.rr.com

  HAWAII NEWS:バックナンバー2007年9月、10月

ハワイ島不動産市場動向

 

NEWS:ホクリア・バイパス未だ決着せず(2007年10月31日)

第3巡回裁判所は、ホクリアバイパス建設に伴う郡による強制接収は合法との判決を下したものの、土地所有者は上告する模様で、この問題への決着はまだつきそうにない。土地所有者は最終的には連邦最高裁判所にまで持ち込むことを示唆している。ケアウホウとキャプテンクック(ケアラケクア)をつなぐこのバイパスの完成を住民は心待ちにしている。

NEWS:GOエアラインに8000万ドルの支払い命令(2007年10月31日)

連邦破産裁判所はGOエアラインに対して、8000万ドルをハワイアン航空に支払う判決を下した。これは2GOが当時会社更生法が適用されていたハワイアン航空の買収を持ちかけ、結果的にその情報を利用して利益を得たと判断したもの。GOはハワイアンを買収せず、独自操業の道を選択した。裁判官はしかし、GOエアラインの1年間操業停止については却下した。

NEWS:スーパーフェリー法案が上院で可決(2007年10月30日)

環境調査と平行してスーパーフェリーの運行を認める法案がこの度ハワイ州上院議会で20対5の大差で可決された。下院の承認を経て、知事が署名することによって法制化されることになる。マウイおよびカウアイの議員が反対票を投じた。

NEWS:ハワイ大学フットボールが全米ランキング12位に(2007年10月30日)

これまで8戦全勝のウォリアーズが今週月曜日の全米大学フットボール・ランキングで、14位から12位にステップアップした。ウォリアーズは最近19試合で18勝しているほか、同一リーグ戦では12連勝だ。残り4戦は強敵が続くことから、全米の注目を浴びている。

NEWS:コナ・コーヒー・フェスティバル開催迫る(2007年10月29日)

第37回コナ・コーヒー・フェスティバルが11月2日から開催される。10日間におよびフェスティバル期間内に様々な企画が目白押し。以下いくつかをピックアップしてみた。コナコーヒー・フェスティバルのオフィシャルサイトはhttp://www.konacoffeefest.com/

11月2日

ランタン・パレード(6時半からアリイ・ドライブ)

11月3日

コナ・コーヒー・テイスティングおよびアート散歩、(9時から3時、ホルアロア)

UCCコーヒー主催、ミス・コナコーヒー・コンテスト(6時半〜、ワイコロア)

11月4日

UCCコーヒー主催、コーヒー・ピッキング・コンテスト(7時半〜、UCC農園)

KTA主催、コナ・コーヒー・レシピ・コンテスト(12時半〜3時、シェラトン)

11月5日〜9日:

ラベル・コンテスト(ケアウホウ・アウトリガー)

リビング・ヒストリー・ファーム、ツアー(ウチダ・ファーム)

11月7日:

コナ・コーヒー・カッピング・コンテスト〔予選)(ケアウホウ・アウトリガー)

コナ・コーヒー・カウンセル、ディナー(ケアウホウ・アウトリガー)

11月8日:

カッピング・コンテスト、本選(ケアウホウ・アウトリガー)

11月9日

コーヒー・ワークショップ(ハレハラワイ)

11月10日:

ミラクル・マイル・ラン

コーヒーイベント(ハレハラワイ、9時〜3時)

NEWS:コハラで山火事(2007年10月29日)NEW

カリフォルニアの山火事が大きなニュースになっているが、ハワイ島の北西部、コハラ地区でも山火事により500人が非難する騒ぎとなった。日曜日には鎮火に向ったが、2000エーカー以上が燃える大規模な火事となった。放火の疑いが強いとして、警察が調べている。

NEWS:ハワイ州GDP,産業の新しい形(2007年10月29日)NEW

2006年度のハワイ州が発表した産業ごとのGDPによれば、これまで経済の牽引役となってきた観光業の比率が下がり、不動産を含む金融産業が州の第一産業となった。金融活動のGDPは130億ドルであるのに対し、観光業は55億ドルにとどまった(全体の約9%)。しかし、政府の統計手法は十分でなく、実際の観光業の寄与はおよそ17%程度であり、以前主要産業だと位置づける声が大きい。また最近の傾向としては、ハイテク産業への税の優遇により、はおよし1500社の技術系企業がハワイに進出し、3万人程度の雇用に繋がっている。

NEWS:スーパーフェリー法案下院で可決(2007年10月27日)NEW

カウアイ、マウイ、オアフをつなぐフェリーの就航を環境調査を待たずして認める法案が42対9の大差で可決した。環境派の期待を裏切る結果となった今回の下院法案だが、上院でも修正ははいるものの可決される可能性が高まってきた。

NEWS:ラニハウ・センターでハロウィーン・イベント(2007年10月25日)NEW

今週の土曜日(27日)、ロングスのあるラニハウ・センターでハロウィーンのイベントが10時から午後1時まで開催される。コナで最大のコスチューム・コンテストが正午から行われる他、ペットのコスチューム・コンテストの他、カボチャコンテスト、アイスクリーム早食いコンテストなどが開催される。夜は14フィートのスクリーンでの映画の上映会が模様される。すべて無料。

NEWS:ハワイ・日本ジュニア・ゴルフ大会がワイコロアで開催(2007年10月25日)NEW

11月8日にハワイと日本のジュニアのゴルフ大会が開催され、プロアマならぬジュニア・アマ・トーナメントの出場者を募集している。参加費は一人300ドルで、一部はハワイと日本のジュニアゴルフ協会へ寄付される。参加希望者は808-886-7888またはchendricks@waikoloaland.comまで問い合わせを。

NEWS:ハワイ州上院議会フェリー問題について討議(2007年10月25日)NEW

カウアイ、マウイ、ハワイ島での住民集会を終え、ついにハワイ州上院特別議会が召集された。各島での住民集会では反対派が多数を占めた。ハワイ州の下院はフェリーの操業を許す方向で意見がまとまっているが、上院は未だ方向性が見えない状況だ。議員によっては規制を厳しくすることで操業を許可することを検討しているが、フェリー側はこれ以上厳しい規制の下で操業することは不可能との態度を示している。今回の議会の結論によってはハワイスーパーフェリー計画が頓挫する。

NEWS:スーパーフェリーの住民集会を各島で開催(2007年10月21日)

ハワイ州議会の特別議会召集の前に、各島で州主催の住民集会が開催されることが決定した。カウアイ、マウイ、ハワイ島の順に集会が開催される。州議会は当初、時間の成約からホノルルのみで集会を行うことを予定していた。

NEWS:コナのゴミ処分所の美化(2007年10月21日)

コナのケアラケヘ高校の下にある、現在のゴミ処分所の美化が始まりそうだ。警察署、動物愛護協会、ゴミ処分所、旧埋立地があるハイウェー沿いのこの地は、美観を損なうと、これまでも批判されてきた。今回は地元ボランティア団体が中心となり、およそ500本の木をこの地に植え、森に変えていこうという試み。50%の木はハワイ固有の木が植えられるという。総額20万ドル程度の予算が必要とのことで、現在寄付を募っている。寄付はコナ・アウトドア・サークル、808-329-7268または、www.konaoutdoorcircle.org

NEWS:ハワイ郡開発委員会の東西分割案前進(2007年10月18日)

ハワイ島の開発許可を司る、開発委員会を東西に分けることを、住民の投票にかけるための法案が議会で可決された。この法案によれば、東側はプナ、サウス・ヒロ、ノース・ヒロ、ハマクア、カウの5つの地区を含むこととなり、西側はノース・コナ、サウス・コナ、サウス・コハラ、ノース・コハラの4地区となる。委員会は7人で構成され、議員が4人、残りは一般市民となる。

NEWS:アイアンマン・トライアスロン世界大会終了(2007年10月14日)

トライアスロンの最高峰、アイアンマン世界大会が例年通りハワイ島で開催された。1,787人のトライアスリートによる熱い戦いは、男子がオーストリアのクリス・マコーミック、女子がイギリスのクリシー・ウェリングトンが優勝した。クリス・マコーミックは毎年優勝候補に挙げられながら、過去6回連続途中棄権という苦い経験を持つ。タイムはマコーミックが8時間15分34秒。ウェリングトンは9時間8分45秒。

コナは3.8キロのスイム、180キロのバイク、そして42キロのランで競うトライアスロンのメッカとして有名。毎年っ子の日は5000人のボランティアに加え、6000人を越える観衆で人口5万人の小さな町がお祭り騒ぎとなる。

今年のアイアンマンの様子はこちら!!:KAIのアイアンマン・スペシャル・レポート

 

NEWS:アイアンマン・トライアスロンに向けて(2007年10月10日)

10月9日にはコナではアイアンマン・パレードが行なわれ、また5000人体制のボランティアも準備が整い、あとは世界大会開催を待つのみ。例年通り、アリイドライブのハレ・ハラワイでは金曜日までアイアンマンショップがオープンするので、Tシャツやグッズを購入したい場合にはお早めに。13日当日は交通規制が行われるのでご注意ください。アイアンマンの情報はこちら。

KAIのひとこと:

アスリートをコナの町のあらゆるところで見かけるようになりました。人が増えて困る、という声もありますが、私はアイアンマンが大好きです。ちなみにうちは毎年アイアンマンTシャツを購入するのが行事になっています。

 

NEWS:マウイ郡裁判所が「フェリー差し止め」判決(2007年10月10日)

10月9日マウイ州裁判所は、被告のスーパーフェリーに対して、環境調査が終了するまでマウイの港には入港できないという判決をくだした。環境調査は最低8ヶ月、最悪数年かかる可能性もある。ザトウクジラへの影響、また島間の動植物の移動に伴う環境への影響が明らかにされていないと環境団体は主張している。州法は、補助金が絡んでいる事業が公的な港を使う場合には、環境調査を行わねばならないと定めており、マウイの裁判所がこれを肯定した形となった。スーパーフェリーとハワイ州は、民間の客船に環境調査義務が及ばないことを理由に、長期間中の運行を求めていた。

スーパーフェリー側はカウアイ・ホノルル間のみでは経営はなりたたないこと、また週65万ドルの損失を被っていることから、新たなリース先を探し、ハワイから撤退することを示唆している。

スーパーフェリー側は上告を検討している他、リングル州知事は議会に対してスーパーフェリーに特例を与えるよう求めている。仮にスーパーフェリーがハワイでの操業を取りやめるた場合、スーパーフェリーへに州が貸し付けている1億4000万ドルが戻らなくなる。

現在25%がアラバマ州で完成しているハワイ島向けのフェリーの建造も微妙になってきた。

皮肉なことに判決がでたこの日、マウイで今シーズン最初の鯨が報告された。

 

NEWS:コハラの井戸が一時閉鎖(2007年10月8日)

ノースコハラの井戸のポンプが故障し、井戸からの水の供給が停止したことから、郡政府はコハラ地区の住民に節水を呼びかけている。今日月曜日は当地区の学校はすべて休校となった。現在は郡が水をトラックでタンクに運んで、供給しているものの飲用の場合には最低1分間沸騰させてから使用することが必要。

NEWS:マウナケア・ホテルの再開は2008年秋以降(2007年10月4日)

2006年12月1日に閉鎖となったマウナケア・ビーチ・ホテルの改修が思うように進んでおらず、ホテル再開は早くとも2008年秋以降と見られている。ホテル側によれば、保険会社との意見が食い違い、未だに補修に手をつけられないという。ゴルフ場とクラブハウスも今年なって閉鎖となったが、こちらのほうは2007年の感謝祭(11月)にオープンを予定しているという。

マウナケアホテルは、ロックフェラーによって建てられた、コハラコースト最初の由緒のある名門ホテル。また今年に行なわれたアンケートでは、アメリカを代表する建物として55番目に選ばれている。

NEWS:ハワイアン航空がGOエアラインを相手取って訴訟(2007年10月3日)

ハワイアン航空は、GOエアラインの一年間の操業停止と1億7300万ドルの損害賠償を請求している。ハワイアン航空によれば、GOエアラインは操業開始時にハワイアンの内部情報を不正に利用したと訴えている。GOエアラインが参入したことにより、それまで片道80ドル以上だったホノルルまでの航空料金が40ドルまで下がり、ハワイアン航空の昨年度の赤字は5000万ドルにのぼった。ハワイアンの訴えが認められた場合にはGOエアラインはハワイから撤退すると見られ、航空運賃はまた値上がるのは確実見られている。

ちなみにGOエアラインは競争相手を廃除した後には54ドル〜57ドル(片道)で操業することを目指しているという。

 

番外編:現在マウイにおりますので、マウイのニュースもどうぞ!

Maui NEWS:ハレアカラ山のバイクツアーが禁止に!(2007年10月4日)

マウイの大人気アクティビティである、ハレアカラ山頂(3000m)からのダウンヒル・バイク・ツアーがこの度禁止となり、地元では大きな話題になっている。このツアーは、7社が行なっており、年間9万人以上が参加して、ハレアカラの山頂からマウンテンバイクで一気に下るツアー。先週死亡事故がおきており、その前の週も重傷者がでた。ハレアカラ国立公園側はまずは60日間ツアーを停止とすることを4日に事前連絡なく、各ツアー会社に通達した。

KAIのひとこと:

昨日ハレアカラ(3000m)の山頂に行ってきました。その間、下ってくるバイクツアーに何度も遭遇し、正直どのように安全確保をするのか非常に疑問でした。下り車線を占領し、一番前にガイド、その後に5人〜15人程度の参加者、そしてその後ろをツアーのバンがついていくスタイルです。参加者はほとんど白人で、普段運動などしたことがなさそうな人ばかり。勇気があるなーと感心した次第でした。車でもセカンドにギアーを入れてもどんどんスピードがでてしまう傾斜です。ちょっと間違えば大事に至るのは明白な状況です。

このバイクツアー、私もいつか参加したかったですが、その前に事前練習と自転車のブレーキの手入れを念入りにしようと心に誓いながらハレアカラを後にしました。

Maui NEWS:マウイにカアナパリにサメ出没!(2007年10月2日)

マウイの高級リゾート地として知られるカアナパリでなんとサメが出没。岸からわずか数メートルまで小魚を追ってくるのが目撃され、金曜日からビーチが閉鎖される騒ぎとなっている。

地元新聞一面の写真はこちら!

NEWS:ワイコロア・リゾートのクイーンズ・マーケットプレイスいよいよオープン(2007年9月30日)

およそ1億ドル(115億円)の費用をかけた、ワイコロア・リゾートの新たなショッピングせんた、クイーンズ・マーケットプレイスがいよいよ10月1日にオープンする。全店が営業するにはまだ時間がかかると見られるが、KTAスーパーのラグジュリー版の他、人気レストラン「サンセイ」もオープンする予定。

ホームページはこちら。

NEWS:コハラの用水路補修にようやく補助金!(2007年9月29日)

2006年10月の大地震で大きな被害を受けたコハラの用水路補修用の補助金がようやく承認された。補助金は連邦農務省からで、総額200万ドル。この他の補助金や寄付金を合計すると現在350万ドルの予算となる。「コハラ用水路(ディッチ)」として知られるこの用水路は、全長およそ3.2キロにおよび、これまで100年にわたりコハラ地区の農業を支えてきた。

KAIのひとこと:

実は地震の前までは、ハワイ島の人気アクティビティのひとつが、このコハラの用水路下りでした(Flumin Da Ditch)。残念ながら、このツアーは現在は取りやめとなってしまいました。理由はたとえ修理をしても安全性を確保できないというものでした。今回の連邦の補助金で完璧に修理してまた再開してほしいものです。

 

NEWS:コナにまた新たなコネクター道路開通か!(2007年9月29日)

ラコ・ストリートの海側が延長される計画が先日明らかになったが、ラコのすぐ南にも新たな接合道路が開通する見通しだ。現在ブロックされている、建設中のプアラニ・エステーツ内を通るプアプアアヌイ・ストリートが2008年初頭にも開通見通しとなっている。この道路が開通すると、ハイウェー19号とホルアロアへ抜けるフアラライ・ロードへの新たな接合道路となる。

NEWS:フォード・アイアンマン世界大会開催まであと19日!(2007年9月25日)

毎年恒例のアイアンマン・トライアスロン世界大会が今年も10月13日にコナで開催される。5000人のボランティアの手を借りるこのイベントは、まさに町を挙げての一大イベント。ホームページはこちら。12月1日には3大ネットワークのひとつNBC放送がアイアンマンの番組を放送する。

KAIのひとこと:

トライアスリートが増えてきました。コナ不動産で「アイアンマン特集」を予定していますので、お楽しみに。

NEWS:旧空港跡地が郡の管轄へ(2007年9月25日)

先日ファームフェアが行なわれた地元住民の憩いの場、オールド・エアポート・パークが、37年の年月を経て、ようやく旧コナ空港跡地が郡の管轄となることとなった。今回州から引き継ぐ土地は、照明施設のある野球場の北から、舗装が終わる突き当りまで。

NEWS:ラコ・ストリート、アリイドライブへ延長(2007年9月22日)

先日ケアウホウとコナをつなぐアリイ・パークウェー開通へ一歩前進したことを受け、現在行き止まりになっている、ラコ・ストリートをアリイドライブまで延長する計画がようやく動きだしそうだ。2002年に200万ドルの予算で工事が始まる予定だったものの、土地の所有者が遺跡調査を要求し、計画が暗礁に乗り上げた形となっていた。これに対し、郡の裁判所が開発オーケーのサインを出した格好だ。郡は裁判所の最終判決を待っており、それが降り次第入札を開始するという。

 

NEWS:カウアイでのフェリーに関する集会でリングル知事にブーイング(2007年9月21日)

カウアイで行なわれた、州主催のスーパーフェリーに関する説明会に1000人以上の住民が参加し、出席していたリングル知事におおきなブーイングを浴びせた。この集会は26日のホノルル・カウアイ間のフェリー就航に伴い、反対行動を抑える目的だった。前回は多くの住民がサーフィン、カヤック、カヌーに乗ってフェリーの入港を阻止した。ハワイ州は、26日のフェリーの入港を妨げる者は逮捕するよう、沿岸警備隊に指示をだした。

NEWS:アリイ・パークウェーの遺跡保護プランをハワイアンが承認(2007年9月21日)

1970年代から計画されている、ケアウホウとコナを結ぶアリイパークウェーの郡の遺跡保護プランが埋葬地委員会によってようやく承認されたが、まだ先行きが明るいとは言い難い状況が続いている。

ケアウホウの北のカハルウに大規模な埋葬地があることが判明し、その埋葬地を移動させるか、橋をかけるか、計画破棄で論争が繰り広げられてたが、橋をかけることが妥協案として提示された。ただし、遺跡調査を再度第三者によって確認させることが条件となっていることから、また新たな埋葬地が発見されるのではないかと憶測されている。元郡議員でハワイアンでもあるタイラー氏によれば、現在判明している埋葬地以外にも多くの大規模埋葬地が道路建設予定地に存在しており、道路建設は不可能だという。住民は道路の開通を待ち望んでいる。

NEWS: ハワイ州不動産差し押さえ件数が昨年の3倍に(2007年9月19日)

2007年度8月のローン返済の滞りによる不動産物件の差し押さえ件数は145件に達し、昨年8月の3倍にのぼったことが明らかになった。全米では24万件以上の差し押さえが8月に記録され、これは昨年から115%の増加。ハワイ州の差し押さえ率は、3,387世帯に1件の割合で、これは全米50州で下から10番目である。

NEWS: ハワイ郡の開発局を2つに分割?(2007年9月19日)

反開発派のコナ側の議員と、開発派のヒロ側議員の対立が常に話題にのぼるが、このほど郡開発局を西側と東側に分割することを議員が検討し始めた。最終的には島民の投票に持っていく模様だ。この法案は西側コナ代表のピラゴ議員が提出したもの。東側の人口の方が多いことを受け、西側の開発が東側の議員の意向によって決まるのは望ましくないと話している。

 

NEWS: スーパー・フェリー問題で州が特別議会召集を検討中(2007年9月19日)

9月27日からカウアイとオアフ間の操業がスタートする予定となっているスーパーフェリーだが、マウイ・オアフ間は未だメドがたっていないことから、州の上院、下院は特別議会を召集することを検討している。裁判所が判決を出している以上、議会が介入することは望ましくないする一部の声もある。リングル知事をはじめとするハワイ州政府はなんとしてもフェリー操業をスタートさせたい意向だ。

NEWS: 映画「インディアナ・ジョーンズ4」のハワイ島ロケの経済効果(2007年9月18日)

ハワイ島がスティーブン・スチルバーグ監督の「インディアナ・ジョーンズ」シリーズ第4作目のロケ地となっていることは有名だが、このたび、このロケがよりなんと1700万ドル(約20億)経済効果があることが分かった。7月からロケがスタートしており、何かにつけ、ハワイ島ローカルはロケの話しで盛り上がっている。タイトルはIndiana Joens and Kingdom of The Crystal Skullになるようだ。ハワイ州は映画産業の呼び込みに力を入れており、税金優遇制度ととっている。今年はじめにはハワイ島でランドローバーの広告の製作が行なわれた。その他、マウイとモロカイではディズニーの「パイレーツ・オブ・カリビアン3」が撮影されているし、カウアイでも新作映画Tropical Thunderの撮影が始まっている。

KAIのひとこと:

私の友人の友人がスピルバーグ監督のお世話をしたそうです!(なんか遠い話でスミマセン)。ちなみにすぴバーグ監督がヒロで滞在した家は以下の通り。今売りに出ています。日本円にしておよそ4億円です。撮影は主にヒロやボルケーノで行なわれているようです。2008年5月公開予定。インディアナ・ジョーンズファンとしても、ハワイ島ローカルの一人としても楽しみです。

 

MLS #

希望売却額

Display

Land area

Details

 

189821

$3,750,000

Kawainui Stream Estate

14.51 ac   

4,992 4/5.5 

 

 

NEWS: ヒロでコキ・フロッグ訴訟(2007年9月15日)NEW

ヒロの土地4エーカーを購入した買主が、コキ・フロッグ(コキーコヤスガエル)の存在を売主が告知しなかった、と売主と不動産会社を相手取って起こした。

ここ数年、コスタリカからの輸入観葉植物とともにCoqui Frogがハワイ島に増え続け、大きな問題となっている。大きさはハワイの10セント硬貨程度と小さいものの、「コキー」という鳴き声はかなり大きく、大合唱となるとハワイ州衛生局が定めている「健康被害を被るレベル」にも達する。夜行性であるため、昼間は生息しているかどうか分からないため、不動産業界では、買主に夜間に土地を見に行くことを薦めている。生息地はヒロやプナといった雨の多い地域。コナでは、カロコやホルアロアに生息する。

KAIのひとこと:

コナは雨が少ないこともあって、コキ・フロッグの被害は限定されていますが、ヒロやプナでは大問題のようです。先日夜8時頃、キングカメハメハ・ホテルに行ったところ、駐車場でコキ・フロッグが一匹鳴いていました。かなり大き声だったので、同僚と2人とも驚いてしまいました。コスタリカでは風物詩としてこの蛙は人気者のようですが、ハワイでは大問題になっています。以前アメリカ人の友人が日本に来た際に、セミのやかましさに閉口していました。彼曰く「なぜこのような害虫を放っておくのか??」ということです。いずれにせよ、現在不動産業者の間ではコキ・フロッグについて告知することが常識となっています。

NEWS: スーパー・フェリーハワイへの就航取りやめも検討(2007年9月15日)NEW

9月14日にはカウアイへの操業再開が発表されたものの、マウイへの就航の見込みがたっていないとに加え、ハワイ島の住民二人も異議を申し立ていることから、スーパーフェリーは、今後6週間で操業が前面再開できない場合には、ハワイでの経営を断念する可能性があることを示唆した。州運輸局は環境調査を行っている機関もフェリーが操業できるよう要求しているものの、ハワイ州法は州から補助金を受けている場合には、環境調査を義務付けており、その正当性が疑問視されている。

 

NEWS: ハワイ島西側で郡による25年ぶりの新しい道路建設(2007年9月15日)NEW

2008年にパラニ・ロードとケアラケヘをつなぐ新たな道路が建設されることが明らかになった。9月24日には全長約1キロの工事がスタートすれ、この道路はリオプア・コネクター・ロードと呼ばれることになる。将来的にはパラニ・ロードからケアラケヘ・パークウェーへ垂直に道路が接合される。最近開通したラコ・ストリートや、コスコのヒナラニなど、ほとんどの道路が開発業者の手によって建設されている。

郡は今回の建設以外にも複数の道路建設を予定しているが、工事時期ついては明らかにしていない。

地図はこちら。

地図:ウェスト・ハワイ・トゥディ紙より

 

NEWS: ハワイ大学フットボール・チームの「ハカ」が問題に(2007年9月11日)

ハワイ大学のフットボールチーム「ウォリアーズ」がプレ・ゲームに行なっている「ハカ」が、問題視されており、9月1日の試合では「スポーツマンシップを損なう行為として」15ヤードの罰則が与えられた。「ハカ」とは、マオリ族の戦士が戦いの前に踊る民族舞踊であり、ニュージーランドのラグビー・チームであるALL BLACKSの「ハカ」が有名。ALL BLACKSは使用許可をとっているのて対して、ハワイ大学はとっていないという声もある。サモアでも同様の文化があり、同大学のヘッドコーチはサモアの文化に敬意を払う意味があると話している。ハワイ大学のファンからは絶大なる支持を受けている「ハカ」だが、全米フットボール協会は挑発的過ぎると警告を発した。ちなみにハワイ大学のフットボールチームは現在全米24位にランクされている。

ハワイ大学の「ハカ」のビデオはこちら。

NEWS: ビッグアイランド・ファームフェア開催 9月8日 

開催が疑問視されていた毎年恒例のビッグアイランド・ファーム・フェアが今年も無事に開催されました。最近では珍しい移動式遊園地が、オールドエアポート(旧コナ空港跡)に設置され、娯楽がないこの島では子供にとってはなんとも楽しいイベントです。夜には若者のデートスポットとなります。海、ヤギ、観覧車というなんとも味のあるイベント。1時間もいれば十分な規模ですが、コナのローカルにとってはまさにディズニーランド。なんとも微笑ましいイベントです。今年の風景はこちら!

NEWS:遺伝子組み換えコーヒー禁止法案に賛成の声多数 9月6日

ハワイにおいて遺伝子組み換えコーヒーの販売を禁止するるとともに、試験栽培を隔離して行なうことを義務付ける法案にコナ・コーヒー生産者の多くが賛同している。ハワイをベースとするバイオテクノロジー会社である、INTEGRATED COFFEE社はカフェインレスコーヒーや収穫時期をずらせるコーヒー豆の栽培を試みようとしている。日本やヨーロッパでは遺伝子組み換え作物が禁止されていることから、仮に試験栽培であっても、コナコーヒーが輸入禁止になる可能性があるという。法案は州下院で可決され、現在上院での審議を待っている。

NEWS: キラウエア火山の溶岩がパホアに向って進行中(2007年9月3日)

これまで海に向って流れていたキラウエアの火山だが、今年6月の群発地震の影響で流れが変り、現在は東に向って流れている2日現在パホアの町からおよそ9キロの地点まできており、今後の進路について懸念されている。とはいううものの、3日付けのウェストハワイ紙の地元取材を読む限り火山の女神ペレの意向には逆らえない、とローカルの多くは達観している。現在のキラウエアのアップデートは以下のリンクで確認できる。

http://hvo.wr.usgs.gov/kilauea/update/maps.html

 

 NEWSバックナンバー: 2007年9月以前

 
 
Click To Enlarge