Kona, Big Island - Real Estate Website
Kona Fudosan - Hawaii
ハワイ島不動産最新情報
 
ホーム     購入     売却     不動産取引イロハ     ニュース     ハワイ島について     プロフィール
 
Big Island Map - Hawaii Clark Realty Hawaii Visit website -

井尾黛介
Daisuke KAIIoh (R)
日本語直通 
808-936-6148
kaics@hawaii.rr.com

 

 


HAWAII NEWS

バックナンバー2008年5月〜8月

ハワイ島不動産市場動向  不動産ニュース

 

ハワイとハワイ島の最新ニュースをどうぞ

ハワイ島西側のニュースを中心にピックアップしています。(翻訳編集 井尾黛介)。

最新ニュースがぎっしり詰まった不動産ニュースレターをご希望の方はこちらから請求ください。

 

 ←ハワイの近況報告ブログはこちらから

 

 

 

NEWS

 

 

NEWS:マウナケアに世界最大の望遠鏡建設計画:ハワイアンは反対(2008年8月31日)

カナダ天体学研究協会、カリフォルニア工科大学、カリフォルニア大学が共同で直径30mの世界最大の天体望遠鏡の設置を計画しているが、ハワイアンの活動家の一部はこれを問題視している。1.1億ドルの予算が組まれているが、反対運動なで工期が延びれば、さらに費用がかかることになる。現在13の天体観測所があり、ハワイアンはこれ以上の建設は不必要だと訴えている。

 

NEWS:マウイに続きハワイ島でビニール袋禁止条例?(2008年8月28日)

マウイに続き、ハワイ島でもビニールの買い物袋の配布が禁止となる見込みだ。議会を通過し、郡知事の承認を得た後1年後から施行される。ハワイ島では最低40%リサイクル材を使用した紙袋を利用することが義務付けられる。ビニール袋を配布した場合には、1000ドルの罰金または200時間のボランティアが罰則となっている。サンフランシスコとロサンジェルスではすでにビニール袋の配布は禁止となっている。シアトルでは袋一枚につき20セントの税金をかけることを検討している。

NEWS:ホノルル失業率ダウン(2008年8月27日)

7月のホノルルの失業率は3.9%で前月の4.2%を下回った。全米の平均失業率は6%。カリフォルニアのエル・セントロとアリゾナのユマが全米で失業率が一番高く、それぞれ23%と20%だという。

NEWS:トヨタ・カムリが新車登録数首位転落(2008年8月26日)

2007年度のハワイ州における新車登録数が発表された。それによると一位はシボレー・インパラ。カムリは2位に転落。インパラは人気レンタカーであるため、登録数が昨年と比較して163%増えた。ハワイのトラックでは、トヨタ・タコマが一位。

 

NEWS:ハワイ代表がリトルリーグ・ワールド・シリーズで優勝(2008年8月25日)

米国代表のワイパフがペンシルベニアで行われたリトルリーグ・ワールドシリーズでメキシコを下して優勝した。日本はメキシコに敗退した。ハワイ代表は2005年にもリトルリーグ・ワールド・シリーズで優勝している。

NEWS:マウイでビニール袋禁止条例?(2008年8月23日)

買い物客にビニール袋を配布することをを禁じる条例がマウイで可決するかもしれない。このままいけば2011年1月11日からスーパーやその他の店舗はビニール袋を使ってはいけないことになる。

NEWS:交番がアリイドライブに誕生(2008年8月23日)

アリイドライブ中央のハレハラワイに交番が新しく誕生した。常勤の警察官は配備されない見込みだが、警察官が立ち寄ることになっている。

NEWS:公立校の夏休みの延長を検討(2008年8月22日)

ハワイ州教育委員会は公立校の夏休みを2週間延長し、合計9週間とすることを検討している。

ハワイ州は2年前に夏休みを10週間から7週間に減らす、その分を秋、冬、春に振り分けた。夏休みが短くなったことで、サマースクールの実施が難しいというのが大きな理由。

NEWS:ホクリア・バイパスの裁判の日程決定(2008年8月22日)

ケアウホウからケアラケクアまでを結ぶホクリアバイパスに対して、地主が異議を申し立てている件は、いよいよ最高裁判所の手に委ねられることとなった。口頭弁論がいよいよ10月16日に決定し、今後の動向が注目されている。

NEWS:ハワイ郡がゴミ処理技術の調査に(2008年8月21日)

ゴミ処理の問題が解決の目処が立たないハワイ郡だが、この度、郡政府は50万ドルをコンサルタントに支払い、ゴミ処理の最新技術を調査することを決定した。ヒロの埋立地が閉鎖になるため、ハワイ郡はなんらかの対応をこれから数年でとらねばならなくなる。

NEWS:ワイメアの貯水池の修理がようやくスタート(2008年8月20日)

2006年の地震によって被害を受けたワイメアの貯水池の修理がようやくスタートする見込みとなった。様々調査の結果、貯水池そのもののい耐久性には問題なく、ひび割れ箇所や水漏れ箇所の修理をすることとなった。

NEWS:ワイメア・パニオロ百年祭(2008年8月20日)

米国で最も著名なワイオミングのロデオ大会でハワイのイクア・パーディが優勝してからちょうど100年。ハワイのパニオロ(カウボーイ)を歴史に刻んだこの偉業を後世に伝えるためにワイメアの町をあげて様々なイベントが開催される。パーディはハワイでは伝説の人となっている。アナ・ランチではフラとローピングのデモンストレーションが行われたほか、昔のパニオロの写真なども展示された。今週はカクテルパーティやベルト・バックルのオークションなどが予定されている。来週はカフア・ランチとポノホロ・ランチが開放され、自分の馬やATVで牧場内を散策することが可能になる。そして百年祭の締めくくりは、パーカーランチでのロデオ大会だ。2日間かけてチャンピオンを決定しする。イベントは9月1日のレイバーデイまで続く。

 

NEWS:空き巣件数が大幅ダウン(2008年8月17日)

ここ数年問題となっていた空き巣が今年なって大幅に減ってきている。大きな理由に各住宅地が住民による警戒プログラムを実施始めたことが挙げられている。

地域別の空き巣件数は以下の通り。

  2005 2006 2007
ヒロ 498 414 384
プナ 391 480 420
コナ 544 373 82

 

NEWS:マカラ・ブルバードが開通(2008年8月16日)

現在閉鎖中のマカラ・ブルバードがいよいよ水曜日より開通する。コナ・コモンズ・ショッピングセンターも予定通り10月オープンを予定している。レストランはサブウェー、パンダ・エキスプレス、元気寿司、タコ・デル・マー、テイスティ・タイがオープン予定。ハワイ島では初めての回転寿司だ。現在道の向かいに建設が始まっているターゲットは2009年6月オープン予定。BMWも先週末オープンした。

 

NEWS:ハワイデータブックがオンラインで閲覧可能に(2008年8月13日)

ハワイ州の様々な最新統計を調べることが可能なハワイデータブック2007年版がオンラインでダウンロードできる。807もの様々な統計が載っているこの本は、研究者によっても重宝されている。ダウンロードはこちら。 人口、教育、観光、労働、収入など様々なデータが集められいる。

NEWS:キム郡知事が心臓発作(2008年8月13日)

キム郡知事は日曜日の午後に心臓発作を起こし、ホノルルに運ばれた。火曜日には退院し、水曜日にはヒロに戻る予定。

NEWS:オバマ氏が休暇でハワイに到着(2008年8月8日)

民主党大統領候補のオバマ氏が1週間の休暇をハワイで過ごすため、ホノルルに到着した。オバマ氏はホノルル生まれであるため、ハワイでは圧倒的な人気を誇っている。

NEWS:ハワイ島のゴルフ・プロがPGAツアーで優勝!(2008年8月4日)

現在ワイコロア・ビーチ・リゾートに所属しているツアープロ、パーカー・マクラクリンがPGA、

LEGENDS RENO TAHO OPENで優勝した。この勝利によって、今週のオークランド・ヒルズで行われるPGAの大会の出場権を獲得した他、来年1月にhワイで行われるメルセデス・クラシックへの出場件を獲得した。

NEWS:ハワイ郡、郡知事選挙(2008年8月4日)

最新の調査によれば、今年行われる郡知事選挙では、ビリー・ケノイ氏が25%程度の支持率を獲得しているものの、未だ40%の投票者は意思決定を行っていないことがわかった。ケノイ氏に続いては、コナの現職議員のピラゴ氏、イノウエ氏、ヒガ氏の順に並んでいる。

NEWS:ハワイスーパー・フェリー乗客数大幅アップ(2008年8月2日)

今年運行を開始したスーパーフェリーの乗客数が7月に40%増加したことが明らかになった。マウイ・ホノルル間の平均乗客数は390人と99台。乗客のうち39%は旅行、16%が友人・知人を訪ねるため、12%がビジネスで利用している。

NEWS:ハワイ州、ビジネス・フレンドリー・ランキングで躍進(2008年8月1日)

フォーブス誌は、毎年恒例の米国都市のビジネス・フレンドリー・ランキングを発表し、ハワイ州は昨年の37位から27位に躍進した。コスト、労働力、政府規制、経済成長予測、経済環境、生活の質を総合して順位を計算しているという。バージニア州がトップで、ウェスト・バージニア州が最下位。

NEWS:コナ・ブリューイング、ホノルル空港のオープン(2008年7月30日)

コナの地ビールとグルメ・ピザで有名なコナ・ブリューイング・カンパニーがオアフのカイルアに続き、ホノルル空港内にオープンした。5種類の地ビールに加え、ピザ、サンドイッチ等が楽しめるという。コナ・ブリューのビールは日本にも輸入されている。ホームページはこちら。

NEWS:ハワイ・ビルフィッシャー世界大会続報(2008年7月30日)

昨日29日は、写真の約440キロのマカジキが記録された。釣り上げたのはカリフォルニアのチーム。このマカジキによってカリフォルニアのチーム2がトップに躍り出た。(注:この船のキャプテンは地元でも有名なマーリン・パーカーで、私の元同僚の旦那です)。昨年優勝した日本からのヒルトン・グランドバーケーション・フィッシング・クラブは現在2位につけている。毎日4時からカイルア桟橋で計量が行われている。

 

NEWS:ハワイ郡固定資産税のオンライン支払い(2008年7月28日)

今年からオンラインで固定資産税をクレジットカードで支払えるようになった。手数料はかかるが、海外にいて小切手を送れない不動産所有者にとっては朗報だ。

http://payments.ehawaii.gov/propertytax/hawaii

で支払える。

NEWS:ハワイの公立学校は水曜日から新年(2008年7月28日)

いよいよ夏休みも終わり、ハワイの公立校は7月30日から新年度がスタートする。年中気候の良いハワイでは、夏休みは本土の学校よりも短く、その分を秋、冬、春に振り分けるシステムを採用している。

NEWS:第49回ハワイ・ビルフィッシュ・トーナメント開催(2008年7月28日)

大物釣りの大会としてハワイでもっとも権威のある、ビルフィッシュ・トーナメントが月曜日スタートし、金曜日まで熱い戦いが繰り広げられる。

毎日午後4時にカイルア桟橋で計量が行われる。昨年の優勝は日本からの出場チーム、今年は昨年より2チーム多い26チームがエントリーしている。当大会では、135キロ以上のマカジキ、シロカジキ、メカジキ、そして45キロ以上のマグロがスコアの対象となる。これより小さい魚はリリースされるが、これらも得点の対象となる。今年はコナ沖ですでに400キロ級が3匹、300キロ級が8匹釣れており、今回の大会も大物が期待されている。

大会HPはこちら。

NEWS:ハワイ島エア・アンビュランスにヘリコプターを追加(2008年7月26日)

重度の怪我や病気の場合には、ハワイ島からホノルルに搬送されることがあるが、これまでセスナのみだったエア・アンビュランス(空の救急車)にヘリコプターが新たに加わった。これにより、ハワイ島の病院からコナやヒロ空港までの時間が短縮できることとなった。

NEWS:ハワイ島用のスーパーフェリーは予定通り(2008年7月26日)

2009年からハワイ島・マウイ・オアフ間をつなぐ新しいスーパーフェリーの建造は予定通りに進んでおり、2009年5月から運行を開始するという。

現在マウイとオアフ間の料金は大人59ドル、子供・シニア49ドル、車一台65ドルの料金となっている。スタート当初は経営が危ぶまれる声も聞かれたものの、5月には25,000人、6月には30,000人、7月は36,000人以上がフェリーを利用する見込みとなっており、フェリー側は予定通りだと話している。現段階ではカウアイへは運行していないものの、最終的には全島をつなぐことになる見込み。ハワイ島ではマウナケアリゾートの北にある、カワイハエ港を利用する。

NEWS:オアフで不法移民43人検挙(2008年7月23日)

オアフの農場で不法労働に携わっていた不法移民43人が逮捕され、本国に強制送還される見通しとなった。5月にはマウイのチェーン店で働いていた不法移民22人が逮捕されている。

NEWS:アラスカ航空のシアトル・マウイ便スタート(2008年7月17日)

アラスカ航空によるシアトル・マウイ便がスタートし、初日は満席となった。今後毎日飛ぶことになる。アラスカのアンカレッジ・マウイ便は10月31日から週3回の予定で運行開始の見込み。

NEWS:スターバックス、ハワイでは5店舗を閉鎖(2008年7月17日)

全米で600の不採算店舗の閉鎖を決めたスターバックスだが、ハワイ州では5店舗が閉鎖になることが決まった。閉鎖になるのは、ハワイ島とマウイ島各一店舗、オアフが3店舗の計5店になる。ハワイ島はヒロのワイアケア・センター店、マウイはマウイ・マーケットプレイス店、ホノルルはワードセンター店、ホクア店、サンド・アイランド店の3店。

NEWS:ハワイアン航空が荷物の追加料金徴収を決定(2008年7月12日)

ハワイアン航空はハワイの島間の便において、2つ目荷物に対して17ドルの追加料金を加算することを発表した。これは7月15日以降から実施される。

NEWS:ハワイの不動産差し押さえ率は全米45位(2008年7月12日)NEW

ハワイ州におけるローン返済不能による不動産差し押さえ率は、先月全米42位から45位になった。この数字は、昨年同時期よりも18%多いものの、先月よりも17%減少した。ハワイにおける差し押さえは3732世帯に対して1件と低い。差し押さえ率がもっとも高いネバダ州では、122世帯あたり一件と高い水準になっている。次に高いのはカリフォルニア、アリゾナ州。全米で見れば差し押さえ率は先月より3%ダウンしたが、前年と比較すると53%増となっている。

NEWS:ホノルルの駐車料金は全米何位?(2008年7月12日)

コリアーズ・インターナショナルの調査によれば、ホノルルの駐車料金は全米で9番目に高いことが明らかになった。ホノルルの月極駐車料金の平均は$216で、全米平均の$153.79を大きく上回っている。一番高いのはニューヨークのマンハッタンで、一月585ドル。

 

NEWS:コナ国際空港の駐車場拡張用資金(2008年7月11日)

リングル州知事はこのたび、コナ空港の駐車場拡張用に710万ドルの補助金を了承した。これによって392台分の駐車スペースが増えることとなる。最終的な計画ではコナ空港の駐車場は1813台となる予定。

NEWS:車泥棒の人気車種は?(2008年7月11日)

ホノルルで最も盗まれやすい車はホンダ・シビックの2000年モデルだという。92年型アコードと94年インテグラがそれに続いている。全米でみれば、95年型シビックがもっとも盗難数が多いという。古い車の部品の方が高く売れ、また簡単に盗むことができるため狙われやすいという。

NEWS:ハワイ州の人口(2008年7月11日)

2007年の国勢調査の結果によると、ホノルルの人口は7年ぶりに0.1%減少して905,000人となった。ネイバーアイランドの人口は増えており、特にハワイ島が2.1%の増加でトップ。カウアイが1.4%、マウイが1%の人口増となった。ハワイ島は2000年からおよそ16.4%の増加で人気が高い。増えた人口の約4割は住宅価格の安いプナ地区で増えているという。

NEWS:コナで初めての太陽発電所の起工式(2008年7月10日)

コナ国際空港のすぐ南にあるNELHA(自然エネルギー研究所)に太陽発電所がオープンする。従来の太陽電池を使用せず、ハワイの気候にあった新しいMicroCSP技術を応用するという。ハワイは雲がでやすいため、従来の技術では効率が悪いという。今年終わりには稼動を開始する予定だ。

NEWS:道路開通(2008年7月9日)

コナのパラニ・ロードから、ハーバーまで北方向2車線がようやく開通した。この変更に伴い、カイヴィ・ストリートにおける北方向からオールド・インダストリアル地区への左折は禁止となった。

NEWS:ビーチにおける結婚式ビジネスを規制(2008年7月5日)

コナでよく見かけるビーチ・ウェディングだが、ハワイ州はこの度、こうしたウェディングをビジネスとして行う場合には、有料になることを発表した。今後業者がビーチでの結婚式をコーディネートする場合には事前に料金を州に支払い、場所を予約する必要がある。

 

NEWS:コナ・マラソンで日本人が新記録(2008年6月30日)

週末に行われたコナ・マラソンでオオクボ・エリさん(25)が2:57:15の女性大会新記録で優勝した。男子優勝はミシガン州のジャスティン・ジレットさんでタイムは2時間40分だった。この大会はUCCコーヒーがスポンサーで毎年開催されている。

NEWS:ハワイアンの聖地プウホヌア国立公園が47周年(2008年6月30日)

ホナウナウにあるプウホヌア国立公園の47周年を迎え、フラグループや、ハワイアンジュエリーの展示、ハワイアンフードの試食などが行われた。国立公園のホームページはこちら。

NEWS:ターゲットは予定通り(2008年6月30日)

米国の景気が減速していることから、ターゲットの開店を疑問視する噂が広まっていたが、ショッピングセンターの建設元は、ターゲットの開店は予定通りに進んでいると発表した。起工式も完了し、2009年7月オープンにむけ、工事が本格化する。場所は現HPMの向かい(海側)になる。現在進行中のコナ・コモンズ・ショッピングセンターだが、あと2ヶ月ほどでテナントが入居できる状態になるという。

 

NEWS:コナの自動車ディーラー事情(2008年6月29日)

ここにきて、コナの自動車ディーラーの拡充および新規参入が話題になっている。今年8月にはBMWがオールド・インダストリアル地区にショールームをオープンする予定となっている他、韓国のキアが新たにオープンした。ホンダは敷地をほぼ倍に広げ、トヨタはヘンリーの北の大きな敷地に2010年夏までに移転する。日産も新しいショールームを現在建設中で、今年7月半ばにはオープンするという。レクサスが参入するという話しもあり、コナの住民にとっては選択肢が広がりそうだ。

NEWS:グアバの卸価格を値上げ(2008年6月26日)

ハワイグアバ生産組合と加工業者との交渉の結果、グアバの価格がポンドあたり2セント値上げされ、15セントとなった。一時期は9セントまで値が下がったため、多くのグアバ農家が生産をストップしている。グアバは一般的にはピューレ状に加工され、ジュースなどに加工される。ハワイ島ではトロピカル・ハワイアン・プロダクト社が加工を受け持っており、地元のKTAスーパー用のジュースなどを生産している。

NEWS:カロコに2011年に新たな住宅地(2008年6月26日)

コスコの近くにおよそ5000戸の住宅地が誕生する。カロコ・マカイと名づけられるこの住宅地は建設に向け、環境アセスメント調査を開始することを発表した。このプロジェクトはスタンフォード・カー社によって行われる。現在農地に指定されているゾーニングを変更する予定。

 

NEWS:ハワイ州公立学校のスケジュール変更(2008年6月25日)

今年からすべての公立学校の年間スケジュールが統一された。ハワイは米国本土と異なり、夏休みを1ヶ月短くし、その分を秋、冬、春休みに割り当てる制度をとっている。2008年-09年のスケジュールは、2008年7月28日から2009年6月8日が授業年度となる。これに秋休みが1週間、冬休みが3週間、春休みが2週間となっている。しかし、夏休みが短すぎて夏季講習(サマースクール)の開催などが困難なことから、2009年以降からは夏休みが長くなり、7月30日〜5月26日が授業年度となる。

NEWS:ケアラケヘ小学校の運動場施設を地元が寄付(2008年6月25日)

何者かによって壊され、利用できなくなっていたケアラケヘ小学校の運動施設が地元の寄付により生まれ変わった。新聞報道の後、合計およそ14000ドルの資金が数社から寄せられたという。

NEWS:ハワイ島観光セスナ発見(2008年6月23日)

22日、行方不明になっていたハワイ島観光セスナの機体とパイロットと2人の観光客の遺体が確認された。場所はパハラから西へおよそ12キロの山中。

NEWS:コナのカンパチ養殖、環境への影響はなし2008年6月21日)

ハワイ州はこの度、コナのカンパチ養殖による環境への影響は見られないことを発表した。現在コナ・ブルー社はコナ・コーストの沖合い、水深およそ65mに8つのネットを張り、カンパチを養殖している。各生簀には、5000〜6500匹のカンパチがおり、一日およそ800キロの乾燥餌を食べるという。餌は30%が魚の肉とオイル。残りの70%は小麦グルテンなどの植物性淡白だという。同社亜は毎年10万ドル以上を使い、環境測定をおこなっているという。生簀にはビデオカメラを取り付け、魚が餌を食べなくなった時点で餌の投入を停止するシステムをとっている。またハワイ州は第3者による定期的な水質検査を義務付けているという。

NEWS:リングル知事の私用車に大型SUV(2008年6月21日)

2004年型フォード・エクスペディションのリースが終了したことから、リングル知事は今後インフィニティQ56に乗り換えることとなった。リッター5キロ程度の燃費となるが、政府によれば、リングル知事はほとんどこの車を使わないため、価格差を考えればインフィニティのほうが安くつくという。

NEWS:ハワイでレンタル詐欺(2008年6月21日)

今年になってハワイにおける賃貸物件をめぐる詐欺が増えているという。新聞やインターネット広告に賃貸物件の広告を載せ、家賃を騙し取ったり、個人情報を盗まれるという。鍵を送ることを条件に、家賃を先払いを要求する手口。たいていは家賃が相場にくらべて極端に安い。

 

NEWS:ハワイ島観光セスナが行方不明(2008年6月18日)

日本人旅行客を乗せた観光セスナが行方不明となり、懸命の捜索が続いている。10時25分にコナ空港を出発し、1時半に同空港に戻る予定だった。12時45分にキラウエア付近で最後に目撃されている。

NEWS:フアラライ・ロードとハイウェーの新たな接合道路(2008年6月18日)

6月18日にハイウェーからフアラライロードに抜ける新たな道路が開通した。これは現プアラニ・エステーツ住宅地内を通る道路。2007年の12月にラコ・ストリートがオープンしていることから、ハイウェーからフアラライ・ロードに抜ける道はこれで2本になった。

NEWS:コナ国際空港に太陽発電パネル設置計画(2008年6月15日)

州運輸局は、コナ国際空港の駐車場に太陽発電パネルを設置し、これによって空港の消費電力の一部を担う計画を明らかにした。これは駐車場に屋根を用い、車を太陽から守ると同時に発電を行うとうする試み。これは現在進行中の空港マスタープラントとは別計画となる。

NEWS:キムハワイ郡知事が予算案に対して拒否権発動(2008年6月14日)

キム郡知事は、ハワイ郡議会が策定した予算案を「非現実的」だとして拒否した。郡知事が拒否権を発動するのは9年ぶり。拒否権を撤回させるには、9人中6人の議員が再度予算案を了承する必がある。

NEWS:ヒロのゴミ問題に新案浮上(2008年6月13日)

ヒロのゴミ処分場が2012年には閉鎖されるため現在代替案が検討されているが、発電型焼却炉が郡議会で先月否決されたことを受け、新たに発電型ガス化施設の建設が検討されている。ホノコハウ港の開発工事を請け負うことになっているアトランタのジャコビー社がジオプラズマ社と合同で提案したもので、ハワイ州のリングル知事も賛同している。およそ1万度でゴミを熱し、有機物質をガスに換え、そのガスでタービンを回して発電する。無機物質は溶かされ、埋め立ての際の材料として利用できるという。一日250トンのゴミを処理することが可能であり、費用も焼却炉よりも安くつくという。

NEWS:ハイウェーの拡張工事難航(2008年6月13日)

現在進行中のハイウェー拡幅工事だが、原油価格が高騰していることを受け、アスファルトが足りず、さらに遅れる見込みだ。しかし州運輸局は最悪でも2008年末までには工事は終了すると話している。ホノコハウ・マリーナからヘンリー・ストリートまで4車線になる予定だが、2005年9月に始まった工事は未だに完了していない。建設業者の整地ミス、ケアラケヘ・パークウェー交差点の問題、州による設計変更要請により予定よりも20ヶ月完成が遅れる見込みだ。

NEWS:コナ国際空港のマスタープラン(2008年6月12日)

州運輸局空港課はいよいよコナ国際空港のマスタープランの最終案を提示する見込みだ。アロハ・エアラインが倒産してことを受けて、空港の改装計画が危ぶまれる声もあったが、運輸局関係者は、そのようなことはないとしている。

また、現在のポリネシア風の雰囲気は残すという。

以下のようなアップグレードが盛り込まれる見込み。

-大型旅客機が運行できるよう、南北ターミナルのバゲージ・クレームの改装。

-自動化された集中バゲージスステム

-集中チェックインおよびバゲージ・チェックイン・システム

-集中セキュリティ・チェックポイント

-2階待合室および搭乗口

-北側に独立したヘリコプター用施設

-滑走路の追加出口

-通勤用ターミナルの設置

-駐車場を追加

-ハイウェーからのアクセス道路を追加

 

NEWS:キングカメハメハ・ホテルの改装がスタート(2008年6月9日)

ハワイ島で由緒のあるホテルのひとつ、キング・カメハメハ・ホテルの改装がいよいよスタートする。5月の終わりには、同ホテルをテントで完全に覆い、害虫の燻じょう駆除を行った。2007年にHTH社から同ホテルを買い取ったパシフィカ・ホテル社はおよそ35億円をかけて2009年11月までにホテルを改装する。給水システム、エレベーター、配管と電気配線を新しくするほか、ゲストルームを改装して、新しい家具、カーペット、バスルームを導入するという。東西2つのタワーに分かれているため、まずは西側タワーから改装をはじめ、終わり次第東側の改装に着手するという。改装中もホテルは営業する予定だ。

NEWS:カワイハエ港の小型ボート用ハーバーの建設入札(2008年6月8日)

2009年にスーパーフェリーが就航することを受け、ハワイ島北西にあるカワイハエ港のハワイハエ港の改修がスタートする。その第一フェーズとして、30隻の小型船舶用のハーバーの建設が350万ドルをかけて行われる。

NEWS:ヒロとコナ空港が全米で最も待ち時間の少ない空港(2008年6月6日)

フォーブス誌はこの度、全米で最も待ち時間の少ない空港のトップ100を掲載した。これは同誌の独自のアンケート結果に基づいている。その結果ヒロ空港が全米でトップ。コナ国際空港は全米3位だった。他のハワイの空港でランクインしたのは、カウアイのリフエ空港が2位、マウイのカフルイ空港が5位、ホノルルが15位だった。

 

NEWS:コナでバイオディーゼルの販売開始(2008年6月5日)

コナのオールド・インダストリアル地区にある、ハワイアン石油がコナで初めてバイオディーゼルの販売を開始した。

 

NEWS:郡議会、警察による監視カメラ設置を承認(2008年6月5日)

ハワイ郡議会は全員一致で警察による監視カメラの設置を承認した。これはハワイ観光局が負担する50万ドルを使って、観光客や住民の安全を守ろうする試み。コナのアリイドライブの一部、アカカ滝、パホア、ヒロのダウンタウン、といった地域に設置され、このビデオに録画された映像で起訴することが可能となる。

NEWS:オアフの民家で蛇を捕獲(2008年6月4日)

オアフ島カネオヘの民家で全長およそ60センチの蛇が発見され、州検疫官が捕獲した。毒蛇ではなかったが、ハワイには蛇の持ち込みは禁止されている。

NEWS:ワイメア・カントリークラブへの補助金は却下(2008年6月4日)

現在マカレイ・ゴルフクラブとワイコロア・ビレッジ・ゴルフクラブには郡の補助金が下りているため、住民は1ラウンド25ドルでゴルフを楽しむことができる。この度ワイメアカントリーも補助金の申請を提出してが、郡議会は申請を却下した。

NEWS:ハワイ州、学校予算を1000万ドル削減(2008年6月3日)

2008-9年度の学校予算が1000万ドル削減されることが明らかになった。全米の景気後退のあおりを受け、ハワイ州の予算も縮小していることから、議会が予算削減を決定した。給食、スクールバスの値上げは現時点では予定されていない。

NEWS:カヌー人気高まる(2008年6月3日)

ハワイ島でカヌーの人気が高まっており、先週末のカヌーレースにはおよそ275曹が出場。6人乗りなのでおよそ1600名と推定される。各地区にカヌークラブがあり、週末にはレースを行っている。6月7日と7月5日はカイルア湾、6月14日、21、28日はヒロ湾でレースが予定されている。

NEWS:コナ・コミュニティ・ディベロップメント・プラン最終草案発表(2008年6月2日)

2006年より策定中のコナのマスタープランとも呼べる、ディベロップメント・プランの最終草案が公表された。6月3日にはケアラケヘ小学校、6月5日にはコナワイナ小学校で住民説明会が行われる。HPでも閲覧できる。同プランは郡議会の承認を経て、拘束力を持つことになっている。コナの将来を担うものとして期待が寄せられている。278ページから成るプランには551ページの地図や資料が添付されている。

NEWS:アイアンマン・70.3 トライアスロン土曜日開催(2008年5月28日)

コナで毎年行われるアイアンマン・トライアスロンの世界大会の予選を兼ねたアイアンマン70.3が土曜日にハワイ島ハプナで行われる。2キロの水泳、90キロのバイク、21キロのマラソンで競うこの大会には1292人がエントリーしている。上位79名は10月にコナで行われるアイアンマン世界大会の出場権利を獲得できる。このうち35の出場枠はハワイ島トライアスリートに与えられる。

NEWS:カハルウ・ビーチが月一回閉鎖へ(2008年5月28日)

6月より、カハルウビーチが清掃のため、毎月火曜日の午前中に閉鎖となる。閉鎖時間は6時から11時。

 

NEWS:ハリケーンシーズン到来(2008年5月28日)

いよいよ、今年もハリケーンシーズンに突入する。シーズンは6月1日〜11月30日まで。1992年にカウアイにハリケーン・イニキが上陸した教訓を踏まえ、州は住民に注意を呼び掛けている。ことしはエルニーニョ現象が弱いことから、中央太平洋ハリケーンセンターは熱帯サイクロンが3〜4形成されると予想している。熱帯サイクロンには、熱帯低気圧とハリケーンが含まれる。日付変更線を境に西側では「台風」と呼ばれ、東側から大西洋では「ハリケーン」と呼ばれる。インド洋とオーストリア北東では「サイクロン」と呼ばれる。

 

NEWS:アロハ航空破産の影響(2008年5月27日)

3月一杯でアロハ航空が運航を取り止めたことにより、GOエアライン、スーパーフェリー、ハワイアンエアラインの乗客数が大きく増えていることが明らかになった。

GOの4月の乗客数は86,417人でこれは昨年同月の50%増。ハワイアンの4月の乗客数は71万人強で26%アップ。スーパーフェリーはメモリアルデーの3連休で過去最高の5500人と1500台をマウイーオアフ間で運んだという。これは一回につき、。393人と107台平均。

NEWS:コナに新しい開発(2008年5月21日)

コハナイキとNELHAの間の海側に商業施設と住宅地をミックスした、新しいコミュニティが誕生する。1200戸から成るこのコミュニティはオオマ・ビーチサイド・ビレッジの名称で呼ばれることになる。リゾートではなく、地元住民をターゲットにしたこのコミュニティは住宅地の中に商業スペースを設けることで通勤の必要性をなくすことを目指している。

NEWS:マカロニ・グリルがクイーンズショップにオープン(2008年5月20日)

アラモアナ・センターで人気のイタリアン・レストランがワイコロアにオープンする。2007年にはホノルル・マガジンによって「ベスト・ニュー・レストラン」にも選ばれた同店は、リーズナブルなファミリー向けの価格で人気を集めている。オープンキッチンスタイルを採用し、伝統的なイタリアンのメインディッシュの他、パスタ、ピザ、シーフードなどを提供するという。

NEWS:アラスカ航空がシアトル・コナ便(2008年5月19日)

アラスカ航空はこの度、11月17日より、シアトル・コナ間を結ぶ直行便の就航を明らかにした。一日1便となり、飛行機はボーイング737-800を使う。アロハ航空とATA航空が破産したことにより、米国本土とハワイ間は座席にしておよそ100満席分の輸送席を失ったことなる。アラスカ航空はこれの穴埋めの一部を担うことになる。

NEWS:ヒロに高級コンド?(2008年5月17日)

ヒロのケウカハに高級コンドの建設が始まっている。パシフィック・アイランド・インベストメントLLC社はヒロには高級住宅がないことから、その隙間を埋めると話している。ココ・パームと呼ばれることになるこのプロジェクトはすでにモデルルームの建設に取り掛かっており、価格帯は60万ドル〜68万ドルになるという。全12戸の小規模プロジェクトだ。

NEWS:ハワイ島西側の刑務所建設計画は取り止め(2008年5月16日)

一時期論争を巻き起こした刑務所建設計画が白紙になったことが明らかになった。刑務所スタッフの住宅の確保が難しいことから、ハワイ島西側への建設は現段階では予定されていないという。

NEWS:ハワイ郡がエネルギー課の新設を検討(2008年5月16日)

ハワイ郡は新たにエネルギー課を増やすことを検討しているという。現在は委員会が法案作成の検討を行っている。正式にはENERGY SUSTAINAGILITY DEPARTMENTという名称になる見込み。この部署を新しくつくることにより、郡のエネルギー問題にいち早く取り組むことが可能になることが期待されている。職員は4人で、年間の予算はおよそ25万ドル。職員にはエネルギー政策アドバイザー、グリーン建築専門家が含まれる。

NEWS:ホクリアで工事再開の目処(2008年5月15日)

コナの高級住宅地であるホクリアの工事が4月になって止まったことから、様々な憶測が流れていたが、この度、融資元であるスコットランド銀行との話し合いがまとまり、無事に工事が再開する目処がたったという。ホクリアのディベロッパーであるライル・アンダーソン&カンパニーのアンダーソン社長は自ら状況を、財政上の問題があるわけではなく、単に銀行側と調整を行っていただけと、住宅地ロットオーナーに説明した。

 

NEWS:ビッグ・アイランド・映画祭(2008年5月12日)

ビッグアイランド映画祭が5月15日〜18日にワイコロアリゾートで開催される。新しくオープンしたクイーンズ・マーケット・プレイス、キングスショップ、マリオットホテルなどを利用して映画が上映される。HPはこちら。

NEWS:ハワイ郡議会、ゴミ焼却施設を却下(2008年5月10日)

ハワイ郡議会はこの度、正式に発電型ゴミ焼却施設の建設を却下した。

NEWS:ワイキキのロイヤル・ハワイアン・ホテルが改装のため閉鎖(2008年5月10日)

ワイキキの老舗ホテル、ロイヤル・ハワイアンが改装のため、来月から7ヶ月間閉鎖となる。同ホテルの愛用者は、改装を前にそれぞれのお気に入りの部屋に最後の宿泊をしている。改装には85億円をかける。クラシックな趣は残しつつ、部屋のアップグレードを図るとしている。カラカウア大通りにホテル玄関を建設する予定も一時期は検討されたが、建物の耐久性の問題からこの案は実現しないこととなった。

NEWS:コナがトップビーチ・リゾートで全米3位(2008年5月7日)

オンライン旅行サイト大手のORBITZの全米トップビーチ・リゾートで、コナが3位にランクインした。

1位はマウイ、2位デイトナ・ビーチ、3位カイルア・コナ、4位キーウェスト、5位サンディエゴ、6位チャールストン、7位フォート・ラダデール、8位サラソタ、9位サンタモニカ、10位フォートマイヤーズ。

 

NEWS:環境への配慮を強化するハワイ州議会(2008年5月3日)

ハワイ州議会は2010年より、すべての新築の家にソーラー温水器を設置することを義務づける法案を可決した。現在ほとんどの家は電気温水器が取り付けられているが、これを太陽熱を利用することによって30%程度電気代を節約できるという。

NEWS:米国失業率ダウン。経済先行きに懸念を和らげる(2008年5月3日)

4月の失業率が発表となり、3月の5.1%から0.1%下がった。たかが0.1%とはいえ、最悪を予想していた市場関係者にとっては久々の朗報となった。株式市場とドル・レートも上昇し、少しづつ不況に対する不安も和らぎつつあるようだ。

NEWS:GOエアラインがハワイアン航空へ5350万ドルを支払う(2008年5月1日)

ハワイアン航空がGOエアラインを訴えていたが、この度、GOエアラインが5350万ドルの和解金を支払うことで解決した。これはGOエアラインがハワイに就航した際、ハワイアンとの守秘義務契約に違反したとして、9000万ドルの支払い判決が下りていたもの。GOエアラインは上訴していたものの、この度和解に至った。GOエアラインはこのまま運行を続ける。

 

 

NEWSバックナンバー: 2007年9月以前 9月〜10月 11月〜12月

2008年1月〜4月

 
 
Click To Enlarge