Kona, Big Island - Real Estate Website
Kona Fudosan - Hawaii
ハワイ島不動産最新情報
 
ホーム     購入     売却     不動産取引イロハ     ニュース     ハワイ島について     プロフィール
 
Big Island Map - Hawaii Clark Realty Hawaii Visit website -

井尾黛介
Daisuke KAIIoh (R)
日本語直通 
808-936-6148
kaics@hawaii.rr.com


コナ・アイアンマン・トライアスロン世界大会

 

今年もトライアスリートを応援して来ました。

丸一日かかるトライアスロンの観戦はさぞかし「ツマラナイ」だろうと言われることがあります。

私も見るまではそう思っていましたが、ところがなかなか面白いのです。

勿論フットボールや野球のように「ハラハラドキドキ」することはありませんが、観戦スタイルがいかにもハワイにぴったりのイベントなのです。まず早朝朝日が昇る前のスタートをカイルア湾で見て、その後バイクがコナをスタートするのを確認して、一旦家に帰りランチを食べ、夕方からゴールシーンを見に戻ります。夕食をコナで食べて夜のゴール付近をウロウロするのもなかなか楽しいものです。

コナではあまり味わうことのない「人ゴミ」をウロウロするのも新鮮ですし、ゴールしてくる選手の国名を聞いて想像力を働かせるのも楽しみ。

走っているトライアスリートに声をかけたり、ゴール間際でハイファイブしてもらったり。

一度は体験してみることを強くお薦めします。

2008年レポート

今年も観戦にいってきました!朝5時半起きで、6時45分のスタートを見てきました。 写真は一般スタートですので、朝日が差していますが、プロのスタートの時点ではまだ朝日が昇っていません。

イルカの群れではありません(ちょっと似ていますが)。およそ1500名が一斉に泳ぎだした瞬間です。これから一番長い人は17時間、ずっと泳いで、自転車に乗って、走ります。
 

トップ集団が戻り、これからバイクで180キロ!

キングカメハメハホテルの前もこの通り人で埋まります。選手は気持ちいいでしょうね。
パラニとクアキニの交差点。 アリイドライブをラストスパート。この写真は午後4時頃です。道にも応援が書かれています。
 
ゴール!!   Congratulations!

今年は警備が物々しい年でした。カイルア湾の沖には軍船が停泊し、スタート前は軍用機が低空飛行を繰り返すという、これまでにない、雰囲気でした。

選手の皆様、ボランティアの皆様、お疲れ様でした。この後NBCで全米にレースの模様が放送されます。

 

2007年度アイアンマン・レポート

 
朝6時半のスタート前。カイルア湾に1800名のトライアスリートが浮かび、スタートを待つ。まずプロ選手がスタートし、その後アマチュアがスタートする。凄い応援の数です。
いよいよスタート。まずは3キロ強のスイム。トップの選手は50分代で泳ぎます。この後、コハラまで往復180キロのバイクが続きます。
 

普段は車通りが多いパラニ・ロードもこの日は閉鎖。補給ステーションが設けられます。

日本人の彦井選手がゴール目指してアリイドライブを走ってきました。毎年、彦井さんとご家族にばったりと会います。10時間代のゴールでした。
 

ゴール手前の300mは万国旗が並ぶ、カーペットが引かれた花道!ここに入ると俄然選手が元気になります。大歓声の中ラストスパート!

キングカメハメハ・ホテルの前に設置されたゴール。選手が海をバックにゴールしてきます。最高に絵になる一瞬です。

 
アリイドライブのモクアイカウア教会の前も応援の人で一杯。   2007年10月13日。
 
そしてコナ・サンセット。もくもくとトライアスリートは夢のゴールを目指して走り続ける。
日が暮れても、音楽、実況中継、歓声は絶えることがありません。真夜中のカットオフまで応援は続きます!
花道をラストスパート。これは夜8時頃です。
ゴールシーン。

 

 
 
Click To Enlarge