Kona, Big Island - Real Estate Website
Kona Fudosan - Hawaii
ハワイ島不動産最新情報
 
ホーム     購入     売却     不動産取引イロハ     ニュース     ハワイ島について     プロフィール
 
Big Island Map - Hawaii Clark Realty Hawaii Visit website -

井尾黛介
Daisuke KAIIoh (R)
日本語直通 
808-936-6148
kaics@hawaii.rr.com

 

 


HAWAII NEWS バックナンバー

2009年6月〜10月

ハワイ島不動産市場動向  不動産ニュース

 

ハワイとハワイ島の最新ニュースをどうぞ

ハワイ島西側のニュースを中心にピックアップしています。(翻訳編集 井尾黛介)。

最新ニュースがぎっしり詰まった不動産ニュースレターをご希望の方はこちらから請求ください。

 

 

 

ハワイ島に住もう!

〜ビッグアイランドでの暮らしと住宅情報のブログ〜

 

 

NEWS

 

NEWS:アイアンマン!(2009年10月11日)NEW

10日に行なわれたアイアンマン・トライアスロン世界大会は、男子がオーストラリアのクレイグ・アレクサンダーが2連覇、女子はイギリスのクリシー・ウェリントンの3連覇で幕を閉じた。アレクサンダーのタイムは8:20:21。ウェリントンは8:54:02だった。

NEWS:アイアンマンのボランティアは5000人以上(2009年10月9日)NEW

10月10日に行なわれるアイアンマン世界大会のボランティアの数は世界各国から5000人以上に及ぶ。44箇所設置される、補給所には3500人が配置され、その他計測係りや医療関係者もボランティアだ。

NEWS:新たな道路計画は前進(2009年10月8日)NEW

ヘンリーからコスコまでを現在のハイウェーと平行する形でつなぐアネ・ケオホカロレ・ハイウェーの環境アセスメント報告書がハワイ州運輸局によって公開された。これから30日間の一般による検討期間が無事に過ぎれば補助金獲得の実現性が大きく前進する。報告書は予定よりも2週間おくれたものの、関係者はこの遅れはまったく問題なく、連邦の景気刺激特別補助金を引き出せるはずと話している。

 

NEWS:アイアンマンは一人でゴール?!(2009年10月6日)NEW

これまで家族や恋人、友人とゴールする選手たちの姿が感動を誘っていたアイアンマンだが、ことしから同伴者が一緒にゴールラインを切った場合には失格になることが明らかになった。これは他の選手の邪魔になるほか、安全面でやむ得ない措置だという。今年からアイアンマンは一人でゴールする。

NEWS:ホクリアバイパス未だに紆余曲折(2009年10月6日)NEW

60ヶ月の工事期限の22ヶ月を過ぎ、未だサウスコナバイパス工事はスタートしていない。残り4割を残して、いまだ土地の接収問題について所有者と裁判で争っている。先月ゴルフ場が閉鎖となったホクリアだが、当面の運転資金がメインバンクから注入されたことを受け、ゴルフ場の運営を再開している。

NEWS:アイアンマン・カレンダー(2009年10月5日)NEW

10月10日にアイアンマンを控え、イベントが予定されている。

10月6日:パレード(5時から)、子供バイアスロン(4時から)、フォードアイアンマン・ビレッジ午後8時まで)

10月7日:アイアンマン・ビレッジ(9時〜4時)

10月8日:アイアンマンビレッジ(9時〜4時)、カーボローディングパーティ(6時〜)

10月9日:アイアンマンビレッジ(9時〜正午)

10月10日:大会当日

6:45プロのスタート

7:00一般スタート

午前零時:終了

10月11日:表彰式パーティ(6時〜)

10月12日:ボランティアお疲れパーティ(5時〜)

12月19日:午前11時半〜午後1時までNBC放送でレースの模様を放映

NEWS:州と職員の管理組合の話し合いは未だ決着つかず(2009年10月3日)NEW

ハワイ州と3万人の事務職員による管理組合との話し合いは未だ決着がついていないが、同転んでも880名程度の職員が解雇されるのは免れないようだ。ハワイ州は10億ドルの予算不足の解消jのため、管理組合と調整を続けている。

 

NEWS:マカレイ消防署建設費用(2009年10月3日)NEW

連邦政府の景気刺激策の一環として、計画中のマカレイ消防署の建設費用、410万ドルが補助金として認可された。同消防署は2012年までに完成しなければならないという。

NEWS:ハワイ島西側の病院経営は問題なし(2009年10月2日)NEW

コナとワイメアの総合病院が昨年100名の従業員を解雇したことから、存続事態が懸念されてきたが、今年の夏までの経営状況は極めて健全で、解雇などは必要ないという。とはいえ、コナ・コミュニティ病院は未だ未払い金をすべて清算できたわけではなく、今後も引き締め経営がひつようだ。

NEWS:フラの最大イベント、メリーモナークの放映権(2009年10月2日)NEW

ハワイ島のヒロで毎年行なわれる、フラの最大イベント、メリーモナークはこれまでKTV4が放映権を持っていたが、来年からK5に放映権が移ることが明らかになった。カラカウア王のニックネーム、メリーモナークをイベント名に擁したフェスティバルは、ハワイで最も視聴率が高い、最長寿番組である。K5は同フェスティバルをテレビ局の最大の目玉として今後マーティングを行なうという。

NEWS:豚インフルエンザのワクチンがハワイに到着?(2009年10月2日)NEW

連邦政府は、医療関係者用として14400人分の豚インフルエンザをハワイに輸送していることを明らかにした。来週にも届く見込み。今後毎週継続的にワクチンが届くことになるという。

NEWS:農業ツーリズム法案(2009年10月2日)NEW

近年新しい観光形態として、コーヒー農園ツアーなどのアグリカルチャー・ツーリズムが脚光を浴びているが、それ同時に近隣からの苦情も増えている。ハワイ郡はこうした状況受け、すべての農業ツーリズムを許可制に移行することを検討しているが、パーカーランチなどこれまで長年にわたって経営を続けてきたビジネスにも規制がかけるべきかどうか議論が続いている。2000年の調べでは同産業の経済規模は26億円ですでに126の農場が何らかの観光収入を得ていた。許可制となると、農場は年間3万人以下の観光客に限定され、観光収入が農業収入を上回ってはならない。

NEWS:公立校がさらに17日の休日を追加(2009年10月1日)NEW

ハワイ州は予算不足を理由に、公立学校に毎月2日間休校させる措置を決定した。これによって、教師の給料を抑えることができるが、その代わりに州は教員の解雇は行なわない方針。休校措置は10月からスタートする。

 

NEWS:ホノルルの高層コンドミニアムに買い手(2009年9月30日)NEW

ディベロッパーが破産し、工事が中断していた46階建て、全492戸のモアナ・ビスタ・コンドミニアムをサンディエゴのディベロッパーが295万ドルで購入した。工事は27階まででストップしている。これまで予約が入っていた175戸についてはすでにキャンセルし、預託金は返却されているという。倒産したKCレインボーII社(オーナー、フレッドチャン)はカピオラにブルバード・プロジェクトで1400万ドルの損失を計上した。

 

NEWS:オアフ島のホテル宿泊率がアップ(2009年9月26日)NEW

9月19日の調べによると、オアフのホテル宿泊率は5%上昇して79.6%となった。宿泊料は10.9%ダウンの147ドル。ハワイ島のホテルの宿泊率は4.3%アップで59.4%となり、宿泊料は0.9%ダウンで$149ドル。マウイは宿泊率は4.8%ダウンして61.3%l。宿泊料は12.3%ダウンで$199。全米の平均宿泊率は5.6%ダウンの59.6%で、平均宿泊料は10.9%ダウンの$98。

 

NEWS:ホノルルの経済規模は全米100都市で51位(2009年9月26日)NEW

米国経済分析局がこのほど発表した最新統計によれば、ホノルルの経済規模は、481億ドルで全米51位であることが明らかになった。一位はNYシティ、2位ロサンジェルス、3位シカゴ、4位ヒューストン、5位ワシントン。リストはこちらのりんくからどうぞ。2008年は平均で0.8%の成長率となっている。

NEWS:フォーブス誌によるビジネス環境調査(2009年9月25日)NEW

フォーブス誌は、コスト、労働力、政府規制、現経済環境、成長性、税金などを総合的に調査を行い、毎年全米50州のビジネス環境ランキングを発表している。ハワイ州は2008年度の27位から39位に転落。コストが41位、法規制が47位で。これらが足を引っ張る形となった。労働力は19位、経済環境は9位と、こうした項目は悪くはない。1位はバージニア州、次がワシントン、ロードアイランド。最低はロードアイランド、ミシガン、ウィスコンシン。

NEWS:カウアイで最後のサトウキビ収穫(2009年9月24日)NEW

カウアイ島でこれまで117年に渡って砂糖を生産してきたガイ&ロビンソンは今年10月の収穫を最後に工場の稼動を停止することを発表した。昨年9月に生産停止は示唆していたが、時期については明言してこなかった。同社はエタノール生産に踏み切る予定だったが、コストが合わずこれを断念。パシフィック・ウエスト・エネルギー社が工場をリースしてエタノールを生産する計画も浮上したが、景気の悪化に伴い資本が集まらず、こちらも止まっている。同社が砂糖ビジネスから撤退すrことにより、ハワイ州で砂糖を生産をしているのはマウイのアレクザンダー・ボールドウィン社のみとなる。

NEWS:全米戸建価格比較(2009年9月23日)NEW

コールドウェルバンカーによれば、ホノルルで4ベッドルーム・2.5バスルームつきの戸建の平均価格は$712,500であり、全米平均の$363,401を大きく上回る。全米で最も価格が高いのはカリフォルニアのラホヤで210万ドル。最低はミシガンのグレイリングで$112,675.ハワイ州で最も4ベッドルームの戸建が安いのはマウイのキヘイで、$540,044だという。

NEWS:不況に強いハワイ島経済(2009年9月23日)NEW

ファースト・ハワイアン・バンク主催の経済の見通しを予測するフォーラムにおいて、エコノミストのレイニー氏は、ハワイ島の多様な経済構造が不況を乗り切る上でプラスに働いていると指摘した。ハワイ島は東西で経済構造が大きく異なり、不況の際には農業や大学、天文台がある東側が経済の安定に大きく役立っていると話した。

NEWS:ハワイ州民の36%は州外で生まれている(2009年9月22日)NEW

ハワイ州の住民のうち、同州で生まれた割合は64%で昨年よりも2%下がった。この割合は下がる傾向にあり、全米では28位。ルイジアナ州では住民の82%が同州で生まれ育っているという。カリフォルニアは72.5%。

NEWS:ハワイ州の中間世帯収入は全米5位(2009年9月22日)NEW

米国国勢調査によれば、ハワイ州の中間世帯収入は2007年よりも5.4%あがり、$67,214で今年も昨年と同じ5位であることが明らかになった。全米で最も高い州はメリーランドで最低はミシシッピー州の$37,790.2008年度の全米平均は$52,029だった。

 

NEWS:新しい住宅地(2009年9月20日)NEW

現在第3分譲が進行中のプアラニエステーツの北側に、新しい53区画の分譲地が建設される見込みだ。

NEWS:公立校のスクールバス料金の値上げを検討(2009年9月19日) NEW

ハワイ州は週の予算不足を受け、現在年間119ドルのスクールバス運賃を225ドルに値上げすることを検討している。州の教育委員会によれば、スクールバスの運行費は年間およそ45億円で、生徒からの徴収額はおよそ3億円程度にしかならないという。現在ハワイでは所得による補助があるため、生徒のおよそ6割は給食代とバス代を支払う必要がない制度になっている。

NEWS:パーカースクールが増員を予定(2009年9月18日) NEW

ワイメアの私立校である、パーカースクールは今後20年で生徒数を550名まで増やす計画を発表した。これは現在の生徒数を25%以上増やすこととなり、同校はあらたに許可を郡に申請する必要がある。

NEWS:ボルケーノハウスのアップグレード2009年9月15日) NEW

キラウエア火山のボルケーノハウスは来年1月に一旦閉鎖され、300万ドルかけて耐震アップグレードが施される。これと同時にボルケーノハウスの経営権も期限が切れるため、新たにホテルを運営する業者を探すことになるという。詳細は10月1日に発表されるという。

NEWS:オピヒ漁で事故(2009年9月14日) NEW

コナのケアホレポイントでオピヒを採っていた男性が波にさらわれ、死亡した。とこぶしのようなオピヒはハワイの伝統食だが、波が荒い磯で漁をするため、危険を伴う。

NEWS:溶岩流危険地域地図が改訂に(2009年9月13日)NEW

米国地質学局はハワイ島の溶岩流危険区域地図を35年ぶりに改訂した。この地図はこれまで家屋保険の料金設定に用いられてきたため、物議をかもし出している。

一般的に危険地域1から2は家屋保険に加入することが難しい場合があり、今回の地図の改訂で新たに指定された地域の住民は仮に加入が認められても、保険料が大幅に上がることが予想されている。

コナはフアラライで守られているため「4」で保険加入には問題はないが、南部やプナ地区は注意が必要だ。

USGSの溶岩流マップはこちら。

NEWS:コナのゲームセンターが移転のため閉鎖2009年9月13日)NEW

アリイドライブにある、コナの唯一のゲームセンター、ファン・ファクトリーが一時閉鎖した。資金繰りが厳しいわけではなく、現在の場所での営業を見直すためだという。これまで店舗があった、コナイン・ショッピングセンターは老朽化が進み、運営が難しいという。一年以内にコナで再オープンする予定だという。

NEWS:ホクリアのゴルフコースが一時閉鎖(2009年9月13日) NEW

ホクリアの従業員100人中80人が自宅待機となり、事実上の一時解雇となることが明らかになった。これに伴いゴルフ場も一時閉鎖され、メンバーもプレーができなくなる。665ロットの高級住宅地であるホクリアは、ディベロッパーが倒産、メインバンクであるロイズバンクが経営権を握っている。ホクリアとしては、メインバンクからの追加出資を待っている状況だ。

 

-------------------------------------

NEWS:ハワイ島の盆踊り(2009年7月14日)

今年もハワイ島の各地で盆踊りが開催される。

7月18日:ホノカア本願寺、午後6時〜

7月25日:コナ本願寺、7時〜

8月1日:ハヴィ浄土ミッション、7時〜

8月1日:パアウィロ金剛寺、7時〜

8月8日:コナ高野山ダイシジ、7時〜

8月8日:ハマクア浄土ミッション、6時半〜

8月15日:カムエラ本願寺、6時〜

 

NEWS:天皇・皇后のハワイ島訪問(2009年7月11日)

14日にハワイ入りする天皇と皇后は16日にハワイ島を訪れる。まずヒロに到着しハワイ島知事の出迎えを受けた後、地元の小学生、各県人会、日本人協会の代表とも会うことになっている。その後マウナケアホテルとパーカーランチを見学して、同日中にコナ空港から出発する予定。

 

NEWS:エル・ニーニョ現象(2009年7月11日)

全米海洋気候局は、海面温度が通常よりも高くなる、エルニーニョ現象が太平洋に確認されたとして、同海域のハリケーンに注意するよう呼びかけた。最後にエルニーニョ現象が起きたのは1997年で太平洋中央海域で9つのハリケーンが発生した。1992年もエルニーニョが確認され、その年は、ハリケーン・イニキがカウアイを直撃した。

NEWS:ワイキキのイリカイホテルが運営を中止(2009年7月10日)

1964年に竣工して以来、ハワイの最初の高級ホテルとして名を馳せてきたイリカイ・ホテルがその歴史に幕を閉じた。今年5月に競売でホテルを約51億円で買い戻したアイスター・ファイナンシャルは、継続的な赤字を理由にホテル運営を停止する決断をした。

NEWS:ハワイ島議員は昇給をそのまま受け入れ(2009年7月8日)

22%の昇給が盛り込まれていた予算案について、ハマクアのヤゴン議員とコナのフォード議員がこの昇給は撤回するべきと主張したいたが、他の議員はこれを受け入れず、昇給はそのままとなった。

NEWS:ホクリアバイパスの仮通行は続行(2009年7月8日)

現在下り車線のみ平日3時半〜6時半の間通行が可能となっているホクリアバイパスだが、これまでの180日は成功だったとして、ハワイ郡はこの措置を続行することを発表した。この道路は現在高級住宅地のホクリアが所有しており、ケアウホウからケアラケクアまでののおよそ6キロの区間が完成している。将来的にはナポポロードまで道路が延びる予定。

 

NEWS:ハワイ州職員のレイオフ開始?(2009年7月7日)

リングル知事は3日間の無給自宅待機案が受け入れられなかったことから、近々ハワイ州職員のレイオフ(一時解雇)を発表する見込みだ。自宅待機案が実施されない場合には、2500人規模のレイオフは避けられないと、知事はこれまで話していた。

NEWS:サメツアーに反対の声多し(2009年7月5日)N

在オアフで人気のサメの見学ツアーが住民から反対を受けている。ことの発端は高級住宅地であるハワイ・カイでサメツアーを始めたこと。これは住民論争を巻き起こし、ほどなく運営を中断した。現在ノースショアで行なわれている2つのツアーはまだ行なわれているが、こちらに対しても風当たりが強くなっている。ハワイアンはサメを神としてみているので、この点からも配慮が足りないと批判されている。また海洋学的には、サメの餌付けはサメの個体数の上昇につながり、しいては人間に危害を加える可能性が高まるとされている。

NEWS:天皇と皇后のハワイ訪問について(2009年7月5日)

ハワイシニアライフ協会から以下のお知らせが入っています:

ホノルル在住の皆様

 

天皇皇后両陛下のハワイ訪問に関し、在ホノルル日本国総領事より坂井会長あて次の通りご案内がありましたので、お知らせいたします。

 

天皇皇后両陛下は、7月14日ハワイにご到着後、Kapiolani Park(添付地図参照)に、 Rainbow Showerという木をご覧になりに来られ、集まった地元のお子様や関係者などと、お言葉を交わされるそうです。これは、ご結婚の記念に植樹された木だと聞いております。

ご希望の方は、各自でご自由にご参加していただき、両陛下のお姿をはなれたところから、ご覧いただけるようですのでご案内いたします。

 

下記の注意事項ををご一読いただき、ご参加くださいますようお願いいたします。

 

7月14日(火)*午後2時30分までには、現場に、必ずご到着下さい。(地図上の”FENCE”となっているところを目指してください)

         周辺の道路は、全て閉鎖いたしますので、ホノルル動物園あたりから、各自徒歩になります。

        *午後2時ごろ、歩かれるとかなり暑いと思いますので、帽子等、各自ご用意下さい。

        *飲み物、駐車場、お手洗い、シャトルバス、椅子などの、用意はありません。

        

        天皇皇后両陛下は、3時20分から30分の間にご到着予定です。

 

ワイキキから、ニューオータニホテルに向かって進み、ホテルを過ぎると噴水があるのをご存知だと思いますが、その先少し左側に位置します。

 

以上ご案内申し上げます。

 

ハワイシニアライフ協会事務局

NEWS:天皇と皇后がハワイを訪問(2009年7月4日)

天皇と皇后は7月14日〜16日にハワイを訪れ、国立太平洋墓地で花輪をささげたり、またリングル知事との食事会も企画されている。

NEWS:リングル知事が一時解雇を検討(2009年7月4日)

ハワイ州職員の3日間の無給自宅待機措置が、裁判所によって阻止されたことを受け、リングル知事は職員の一部を解雇することを検討している。リングル知事は15,600人の職員の全員雇用を目標としてきたが、自宅待機措置が受け入れられない場合には一時解雇を検討せざるを得ないとの見解を示している。

NEWS:ハワイ州のガソリン価格が急騰(2009年7月3日)

ハワイ州のガソリン価格が今週だけでおよそ14セント値上がりした。エタノール混合ガソリンに対する免税措置を議会が取り止めたため。

NEWS:新法案、ホノルルでは38人が違法(2009年7月3日)

運転中の携帯電話使用が禁止となったホノルルでは、初日に38人が違反し、7人が警告を受けた。初回の罰金は67ドルで最高で500ドルまで。ハンズフリーで会話をすることは認められている。

NEWS:ハワイ島の水道料金値下げへ(2009年7月3日)

ハワイ郡の水道局は、7月1日より、1000ガロンあたりのエネルギー費用を2.38ドルから1.83ドルに値下げすることを明らかにした。これによって1世帯あたり、毎月平均5.5ドルの値下げになるという。

NEWS:ハワイ州裁判所が自宅待機を阻止(2009年7月3日)

リングル知事が推し進めていた、ハワイ州職員の月3日の無給自宅待機案が、裁判所によって阻止されることとなった。リングル知事は予算不足を補うために、7月6日からこの自宅待機措置を導入する予定だったが、ハワイ州職員労働組合はこれに反対していた。

NEWS:ハワイ州の肥満度は全米47位(2009年7月2日)

ハワイ州の成人肥満度は21%で、50州中47位と非常に低いことが判明した。最高はミシシッピー州で32%。最低がコロラド州で18%だという。ミシシッピー州の子供の肥満度はなんと44%。ミネソタとユタ州が最低で23%。ハワイの子供の肥満度は28%で全米で37位だった。

 

NEWS:リングル知事対議会(2009年7月1日)

リングル知事は近々65法案に対して拒否権を発動する見込みであるが、それに対してハワイ州議会が拒否権を覆そうと動いている。共和党のリングル知事に対し、ハワイ州議員の9割は民主党であり、多くの議員は増税には反対しているものの、予算不足の解消が先決と考えているようだ。

現在対立している法案は次のようなものがある。

1)石油税の増税:ガソリンが1ガロンあたり2〜3セント高くなるが、州の収入がおよそ31億円ほど増える。リングル知事は反対。

2)インターネット・タックスの導入:ハワイ州にインターネット税が導入されることを懸念するアマゾンはすでにハワイから撤退を表明している。拒否権が覆されなかれば、再度ハワイにオープンするという。

3)ハワイ州子供用医療保険の再設立

4)ハイテク投資に対する減税措置

など。

知事の拒否権を覆すには上院下院ともに2分の3以上の票が必要となる。

NEWS:リングル知事がクリーンエネルギー法案に署名(2009年6月28日)

石油への依存脱却を目指すリングル知事は、クリーン・エネルギーを推し進める新たな3法案に署名した。HB1464法案は、2020年までにハワイ州内の電力の25%、2030年までに40%をクリーンエネルギーで賄うことを目指す。

2つ目の法律は、2011年の終わりまでに駐車場の1%を電気自動車用に指定するというもの。電気自動車の登録数が5000台増えるごとに、さらに1%づつ駐車スペースを増やすことが盛り込まれている。

そして最後のSB464法案は、クリーンエネルギー技術を持つ企業の誘致に関するもの。

NEWS:ハワイ島でも運転中の携帯電話使用が禁止に(2009年6月28日)

ケノイハワイ郡知事は、運転中の携帯電話を含むすべての電子機器の利用を禁じる法案に署名した。来年1月から施行されるが、、郡は現在どの程度までを違反に含めるかについて協議している。ホノルルではすでに、運転中に携帯電話を手にしただけで罰金対象となる。ハワイ島での違反者は150ドルの罰金。また携帯の使用中に事故を起こした場合には、500ドルの罰金が課される。

NEWS:ハワイ州経済は行政主導型(2009年6月27日)

ハワイ大学の調べによると、ハワイ州の経済にもっとも貢献している産業は行政だという。ハワイ州の州内総生産の24%は州、郡の行政に起因し、これは不動産や観光産業よりも大きな割合だ。この割合は全米平均の約3倍であり、いかにハワイ経済が政府に依存しているかが分かる。ハワイ州および郡政府は最大の雇用主でもあり、全体で12万5千人、州だけで7万4千人以上を雇用している。

ハワイ州の主な産業トップ5は以下の通り。()は全米

1: 政府(

2: 不動産

3: 観光

4: 小売業

5: 医療

ちなみに全米のトップ5は以下の通り。

1: 製造業

2: 不動産

3: 政府

4: 小売業

5: 金融

 

NEWS:ハワイ島のゴルフ割引(2009年6月27日)

ハワイ郡はこの度、ハワイ島西側のリゾートゴルフ場でプレーする住民に対して1ラウンドあたり、10ドルを負担することを発表した。この措置は7月1日からスタートし、ハプナ、コナカントリー、マウナラニ、ワイコロア・キングス・コース、ワイコロアビレッジ、マカレイ・ゴルフクラブ、ワイメア・カントリーでのプレーはカマアイナ料金からさらに10ドル割引となる。コナカントリーのカマアイナ料金はマウンテンが40ドル、オーシャンが63ドル。ハプナは68ドル。マカレイでは25ドルから10ドルひいて15ドルでプレーできる。

NEWS:ホノルルの駐車料金は全米9位(2009年6月26日)

コリアーズ・インターナショナルの調査によれば、全米主要64都市の中でホノルルが9番目に駐車料金が高いことが明らかになった。ホノルルの平均はおよそ212ドルで、全米平均の154ドルを上回った。ニューヨークシティが最高で、月500ドル。最低はカリフォルニア州ベイカーズフィールドで40ドル。全米の駐車料金はこの1年で1%ダウンだが、昨年同月と比較すると1.2%アップだという。

 

NEWS:シェラトン・ケアウホウ・ベイ・ホテルが競売に(2009年6月26日)

ホテルを所有するKOAホテル社は、およそ60億円の負債を返済できないことから、7月31日にコナのハレ・ハラワイの前で競売が行なわれることとなった。ホテルを経営するスターウッドホテルは、ホテルとしては、このまま経営を継続していくことになるだろう、と語るに留まった。

NEWS:ハワイ郡議員の給料カット(2009年6月25日)

ハワイ郡のヤゴン議員(ハマクア)は、今年からの22%の昇給を無効とすることを提案している。現在議員の給与は年間$47,926〜$56,544(在籍年によって変化)。議長は$53,220〜$56,544となっている。7月から始まる新年度にむけてすでに22%の昇給が了承されているものの、現在の景気と郡の労働組合への今後の対応策として、ヤゴン氏が提案したもの。

NEWS:ヒロ・ハッティー売却(2009年6月22日)

会社更生法を申請していたハワイの大手土産屋、ヒロ八ティがこのほど、同じハワイに拠点を置くロイヤル・ハワイアン・クリエーション社によって買収されたことが明らかになった。同社は今後2億円程度の資金をいれて、経営を立て直していくという。

マウイのマウイ・ダイバー・ジュエリーが約1億円で買収を希望していたが、これは実現しなかった。

NEWS:2つのハワイ郡?(2009年6月22日)

ハワイ郡を東と西に分ける動きが再度浮上している。もともと人口の多いヒロ(約8万人)に対して、税収の高いコナ(人口5万人)の住民は税金の使用配分が不平等だとして、以前から不満が高い。ハワイ郡の税収の大部分を賄う固定資産税の7割はコナ側の住民が納めている。ハワイ州下院グリーン議員は、地元からの要請があれば、州に対してハワイ郡を東西に分割する法案を提案するという。ただし、実現するのは容易ではなさそうだ。

NEWS:パラマヌイ開発が計画修正を要請(2009年6月21日)

現在空港北にハワイ大学、住宅地、商業用地、公園の建設が進んでいるものの、ディベロッパーが計画修正を要請している。要請は、山側の旧道と海沿いの新道をつなぐ接合道路の建設延期と、海側の建設セットバック条件の緩和をめぐるもの。景気の悪化により、第3者からの投資が滞っており、道路建設費用の捻出が現時点では難しくなっているという。第3者が道路建設費の半分を投資すること、または住宅地600軒の建設が終わった時点で、道路を建設するというのが、ディベロッパーの案。接合道路は現マカレイ・エステーツの北側に建設される予定。

NEWS:ホノルルの経済は全米34位(2009年6月21日)

ブルッキング・インスティチュートは全米100都市の経済状況のランキングを発表し、それによればホノルルは全米で34位だった。雇用率、給与、都市生産額、住宅価格、差し押さえ率などを考慮して算定しているという。

1位はテキサスのサンアントニオ。最下位はデトロイト。

NEWS:ハワイ郡の新型ヘリコプター(2009年6月20日)

ハワイ郡は27年間使い続けたヘリコプターをいよいよ買い換える予定だ。予算は160万ドルだが、入札に応じたのはアリゾナのMDヘリコプターだけで、価格はおよそ200万ドル。旧ヘリコプターの下取り分を計算しても予算不足だ。不景気の中、レスキュー用のヘリコプターの買い替えを疑問視する声もあるが、現在のヘリコプターを整備しなおすだけで80万ドル程度かかる見込みであるため、新型の購入のほうが将来的には安くつくという。

NEWS:コナ・ブリューイング社が全米で14位に浮上(2009年6月17日)

コナの地ビール会社、コナ・ブリューイング社が全米のビール会社で14番目の売上となったことが明らかになった。昨年20位だった同社の躍進は目覚しいものがある。販売量は昨年比で51%増。上位50位のビール醸造会社では、もっとも成長が著しい。米国東部への進出が大きく寄与しているという。

NEWS:ハワイ州職員の自宅待機は7月から実施(2009年6月17日)

リングル知事は、ハワイ州職員に対して、7月から金曜日を3回自宅とすることを発表した。これは全米でも最も厳しい措置。この自宅待機措置が組合によって阻止されるようなことがあれば、1万人規模のレイオフに発展する可能性があると知事は話していた。最近ではこの数字を2500人規模に修正している。職員が月3日間の自宅待機を受け入れることにより、ハワイ州は現在7億2900万ドルの予算不足のうち、6おく8800万ドルを埋められるという。

 

NEWS:コナの中間道路の環境アセスメント(2009年6月15日)

コナの海沿いの新道と山側の旧道の間を走る、中間道路の建設計画が進んでいる。この道路はヘンリー・ストリートからコスコがある、ヒナラニまでの区間をつなぐ予定。この度環境アセスメントのドラフト版が発表され、それによれば、片側1車線道路となり、最終完成予定日は明記されていない。経済刺激策としても期待されている。

NEWS:コナの歩行者天国(2009年6月12日)

14日、日曜日に毎月恒例の「コクア・カイルア」が開催される。アリイドライブの北側が歩行者天国となる。4時からはフリヘイ宮殿で無料コンサートが予定されているほか、出店も多数予定されている。時間は1時〜6時。

NEWS:マンタの保護条例(2009年6月12日)

これまでハワイにはマンタを保護する法律は存在しなかったが、ハワイ議会はこの度ようやくマンタを捕獲、または殺傷することを禁じる法案を可決した。違反者は1万ドル罰金プラス、ボートと漁業ライセンスが剥奪されるという。

NEWS:ハワイ島プナ地区の窃盗団(2009年6月11日)

今年になってからハワイ島東側のプナ地区で車両盗難が23件起きており、警察では同地区の住民に対して注意を呼びかけている。

NEWS:コナ・ブリューイング・カンパニーが東部でビール生産開始(2009年6月10日)

コナをベースに地ビールを醸造している、コナ・ブリューイング・カンパニーは、米国東部の州にビールを提供するためにニューハンプシャー州でビールの生産を開始した。現在コナ・ブリューイングはコナ本店、ホノルル空港とオアフのココ・マリーナで店を展開している。

NEWS:ハワイ州公立学校の昼食代の値上げを検討(2009年6月9日)

現在1ドル25セントである公立学校のランチが、来年度から約1ドル値上げとなり、2ドル20セントになる可能性がでてきた。朝食は35セントから95セントへの値上げが検討されている。食品価格が15%程度値上がったことを受け、州が対応を検討している。

NEWS:ハワイ州のガソリンが全米最高値(2009年6月7日)

AAAハワイの調べによれば、ハワイ州のガソリン価格はこれまで最高だったミシガン州の平均ガソリン価格を2セント上回り、全米最高となったという。ハワイ州の平均は2ドル86セント(1ガロン=3.8リッター)。全米平均は2ドル57セント。

NEWS:「メイド・イン・ハワイ』法(2009年6月7日)

これまで曖昧だった『メイドイン・ハワイ」の定義が法制化された。リングル知事は、『メイドイン・ハワイ」ラベルを使用するためには、製品の51%以上がハワイで生産され、加工ていることを条件とする法案にこの度署名した。もともとの法案は65%となっていたが、これは実現しなかった。

NEWS:発泡スチロール容器が禁止に?2009年6月7日)

マウイでは発砲スチロール容器が環境に悪影響を及ぼすことから、使用を禁止する条例が議論されている。この法律が施行されると、プレートランチに使われている容器が禁止されることなり、レストランには大きな影響がでることが予想される。生分解される容器は一般的に6〜12%従来品よりも価格が高い。消費者の負担が増えるとして反対派は異論を唱えている。

NEWS:ハワイ州ガソリン価格が上昇(2009年6月6日)

ハワイ州AAAの統計によれば、ハワイ州の平均ガソリン価格は今週11セント上がって1ガロン(3.8リッター)あたり$2.86となったという。この平均価格は先月より38セント高いが、昨年同時期よりも$1.3低い。ホノルルの平均価格は$2.79。ビッグアイランドのヒロは$2.91。ちなみに全米で一番ガソリンが安い州はサウス・カロライナで、$2.38。

NEWS:キラウエア火山、溶岩は表層にある(2009年6月6日)

昨年3月より山頂での活動を活発化させたキラウエア火山だが、当初の科学者の予想通り、溶岩が表層にあがってきていることが最近の観測で確認された。昼間でも赤々と燃えるハレマウマウクレーターの溶岩だまりをジャガー博物館から見ることが可能だが、最近は夕方から夜にかけて訪れる観光客が増えているという。噴火口はおよそ2キロ弱先なので、望遠カメラや双眼鏡を持参することが望ましいという。また夜は気温が下がるので、防寒着も持参するようキラウエア火山国立公園は呼びかけている。

NEWS:ナニ・カイルア・ドライブの延長計画は延期(2009年6月6日)

現在フアラライ・ロードにぶつかる形で止まっているナニ・カイルア・ドライブをアリイドライブまで延長する計画がある。これはもともと1994年に策定された計画。およそ1億円をかけて行なわれる環境アセスメントと土木設計計画を1年延長することを、ハワイ郡が発表した。延長距離はおよそ750mで、現在のアリイ・マーケット・プレイス付近でアリイ・ドライブに

NEWS:ホノルルの失業率はダウン(2009年6月5日)

ホノルルの4月の失業率は5.7%で、先月より0.1%ダウンした。全米で最も失業率が低いのはアイオア州のアイオア・シティ。もっとも失業率が高い都市はカリフォルニアのエル。セントロで26.9%。

NEWS:ホノカアにバーの建設?(2009年6月4日)

ホノカアボーイで日本でも有名なホノカアに、ハマクア・スポーツ・バーが店をオープンする計画を進めている。これに対してホノカアの地元住民の一部は反対している。このバーは、ハマクアのヤゴン議員も共同経営者であるが、同議員は出店計画に際して、影響力を行使したことはないという。現在ホノカアの町には冷たいビールが飲めるバーはない。

NEWS:モクレレ航空は好調(2009年6月3日)

コナをベースにする、モクレレ・エアラインは、5月だけで40550人が同社のサービスを利用したことが明らかになった。これは過去最高だった今年3月の実績をさらに34%上回る。

NEWS:ホノルルのハイテク度は106位(2009年6月3日)

全米393都市を対象にハイテク度を測る調査が行なわれ、その結果ホノルルは106位だった。これは2003年度の110位からの前進だ。全米#1はカリフォルニアのサンホゼ、続いて、シアトル、キャンブリッジ、ワシントンDC、アーリントン(バージニア)、ロサンジェルス、サンディエゴ、アナハイム、ニューヨーク、サンフランシスコ。

NEWS:サウスコナ・バイパス建設は未だ先が見えず(2009年6月3日)

先日ハワイ島第3巡回裁判所が、サウスコナ・バイパス(ホクリアバイパス)の建設に伴う土地の強制接収は合法、との判決をだしたことにより、工事の再開が期待されていたが、現時点では未だ着工時期は未定だ。ホクリアの開発プロジェクトも滞っており、開発に必要な土地の買収資金がどこからでてくるのかが疑問視されている。また、ホクリア側は工事を60ヶ月以内に終わらせなければならなかったものの、訴訟によりこの工事期間が一旦停止したため、いつまでに工事を終わらせる義務があるのかが定かでない。したがって、ホクリアの不履行を判断することもできない状況だという。

NEWS:ハワイ州職員、月3日間の自宅待機(2009年6月2日)

予算不足に悩むハワイ州のリングル知事は、14500人の週職員に対して、毎月3日間の自宅待機を命じることで、コストを下げる構えだ。自宅待機分の給与は支払われない。

NEWS:アイロンマン70.3トライアスロン(2009年5月31日)

10月にコナで行なわれるアイアンマン世界大会の予選会を兼ねた前哨戦がハプナで行なわれた。これは半分の距離で競うトライアスロンで、優勝はオーストラリアのクレイグ・アレクサンダー(4時間2分52秒)。ハワイ島からは30人が予選を通過して、10月の世界大会への出場権を獲得した。

NEWS:ハワイ・スーパーフェリーが破産(2009年5月31日)

ハワイ州最高裁が運行を差し止めたことにより、経営がたち行かなくなったとして、ハワイ・スーパーフェリーがチャプター11を申請した。ハワイ議会は環境アセスメント報告と同時進行で運行できるよう取り計らったものの、裁判所がこれを差し止めた。環境アセスメントにはあと1年ほどかかるという。

NEWS:西ハワイシビック・センター(2009年5月31日)

ハワイ島西側に建設される、市民センターとも言える「シビックセンター」の建設は予定通り進んでおり、2011年にはオープンするという。2380坪のシビックセンターには22の郡のオフィスが入ることになっている。4億円かけて設置される太陽発電パネルにより、電力の30%を賄う。

 

NEWS:ケカハ・カイ州立公園が無休に(2009年5月29日)

空港の北にあり、美しいビーチで有名なケカハ・カイ・ビーチが水曜日もオープンしているが、その理由については政府は明らかにしていない。リングル知事が4月にハワイ島を訪れた際、このビーチを訪れ、なぜ水曜日は閉鎖されるのか、住民から質問を受けていた。ハワイ州は予算の問題から、現在州立公園は水曜日は閉鎖としている。ケカハ・カイが将来的にも水曜日もオープンするのかは6月に明らかになるという。

NEWS:全米スペリングコンテストで12位(2009年5月29日)

ハワイ島の日系人の中学生が全米のスペリングコンテストで12位という快挙をなしとげた。スペリング・コンテストは「スペリング・ビー」とも呼ばれ、難解な単語をうまくつづれるかどうかを競うもの。

NEWS:4月のハワイ観光客数(2009年5月28日)

4月にハワイを訪れた観光客数は、前年比で-1.3%だった。オレゴン州とワシントン州からの観光客は大幅に減少したものの、カリフォルニアからの観光客数は増加した。54万1千人が4月にハワイを訪れたという。

NEWS:ハワイ島でも豚インフルエンザ(2009年5月27日)

ハワイ島で初の豚インフルエンザ患者が確認された。保健所は詳細を明らかにしていないが、患者は2人で小学生のようだ。匿名希望の電話によれば、東側のカメハメハスクール、ケアアウ・キャンパスの生徒であるとのこと。

NEWS:アリイ・パークウェーは未だ足踏み(2009年5月24日)

1950年代から計画されていながら、未だにハワイアンの史跡問題で着工すらされていない、アリイパークウェーの未来を疑問視する声があがっている。ハワイ郡のケノイ知事は今年中に着工すべくハワイ州に掛け合っているものの、3月に発表された計画プランには何故か重要な遺跡が記載されておらず、このまま行けば問題にぶち当たるのは必須となっている。アリイパークウェーはコナのラコ・ストリートからケアウホウまで抜ける幹線道路で、アリイドライブと平行して走ることになる。コナからケアウホウの間にはおよそ1500の遺跡があるとされており、建設は未だ困難と見られている。 

NEWS:今年のハリケーンシーズンは平年並み(2009年5月22日)

ハワイでは6月1日からハリケーンシーズンに突入するが、 太平洋ハリケーンセンターの予報では、中央太平洋で発生すると見込まれるハリケーンの数は3〜5で、平年並みだという。

NEWS:ハワイ州の豚インフルエンザ患者は33人(2009年5月21日)

ハワイ州衛生局はハワイ州における豚インフルエンザの数は33名となったことを発表した。患者はすべてオアフ島に居住している。

NEWS:ハワイのガソリン価格の値上がりは必至(2009年5月21日)

これまでハワイでは、エタノール混合ガソリンは4%のGE税が免除されていたが、免除期限が7月に切れることから、1ガロン(3.8リッター)あたりおよそ10セント価格が上がることが推測される。ハワイ州上院議会は免除申請の法案を可決したものの、下院がこれに反対。法案は日の目を見なかった。

NEWS:コナのGMディーラーが閉鎖(2009年5月20日)

コナにある、GMディーラーである、アイランド・シェビーが閉鎖した。ガソリン高と不況の煽りを受け、経営が立ち行かなくなったのが原因。最後まで新たな買い手を探す努力はしたものの、GM本社が5月15日までに話が成立しない場合には援助を打ち切るとの通達をだし、結局実現しなかった。ハワイ島に12000台以上あるといわれている保証期間内のGM車の整備ついては未だ結論がでていない。

 

NEWS:ホクリア・バイパス建設前進(2009年5月19日)

南コナのバイパス建設に伴う土地の強制接収は違法だと土地オーナーがハワイ郡を訴えていた件で、ハワイ島第3巡回裁判者のイバラ判事が、強接収は公共の目的に合致している、との判決をくだした。この件はハワイ州最高裁まで持ち込まれたものの、最高裁は地元裁判所の差し戻した経緯がある。土地オーナーは現在控訴を検討中だという。

NEWS:オールド・エアポート・パークのマスタープラン(2009年5月19日)

ハワイ郡、コンサルタントと地元住民によって新たに策定されたオールド・エアポート・パークのマスタープランが発表された。現在は昔のコナ空港の滑走路をそのまま駐車場に利用している。新計画はこれから20年間で50億円程度かけて、住民の生活に密着した公園につくりあげていくという。現段階で計画に盛り込まれているのは以下の通り。

-旧滑走路の撤去

-海岸線の整備

-駐車場の整備

-運動場の改修

-遊歩道と自転車用道路の整備

-カルチャーセンターの建設

-ドッグパーク

-スケートボードパーク

-広い芝生のエリア

-青少年会館の建設

-25mプール

-シニアセンターの建設

 

NEWS:劣悪な道路環境による高負担(2009年5月17日)

NPO法人である、米国ハイウェー・運輸協会の調べによれば、オアフ島のドライバーは劣悪な道路環境により、年間688ドル余計な出費を強いられているという。ロサンジェルスが最高で746ドル。全米の平均は335ドル。ホノルルは50万人以上の都市のなかでは上から5番目だという。

NEWS:裁判所がALOHA航空の名称利用を却下(2009年5月17日)

ハワイ第2位の航空会社を破産に追い込む一因となったGOエアラインが、アロハ航空の名称のリース申請をしていたが、連邦破産裁判所の判事は、GOエアラインが意図的にアロハ航空を破産に追い込んだとして、申請を却下した。アロハ航空のオーナーであったユカイパ社がGO航空に10年間6億円で名称をリースすることになっていたが、アロハの元従業員たちはこれに反対していた。

NEWS:米空軍、コナ空港に新たな訓練用滑走路の建設を検討(2009年5月16日)

空軍はC17型輸送機の離着陸訓練用の短い滑走路の建設を検討している。現在空軍は通常の滑走路を利用しているが、通常の3000mの滑走路より半分弱の1200mの訓練用滑走路が必要だという。

NEWS:クライスラーがマウイのディーラーの閉鎖を示唆(2009年5月15日)

クライスラーは今後800のディーラーを全米で閉鎖するが、その中にマウイのアイランド・ドッジが含まれていることが明らかになった。コナとオアフのディーラーは含まれていない。カフルイにあるアイランド・ドッジはホンダも扱っているため、ビジネス自体を閉鎖する必要はないという。

 

NEWS:ターゲット、コナ店の就職説明会に400人(2009年5月15日)

ケアウホウのシェラトン・ホテルで行なわれたターゲットの就職説明会に約400人が参加した。午前5時15分にはすでにホテルの前に行列ができていたという。

NEWS:ハワイ州最高裁判所のスーパーフェリー判決はそのまま(2009年5月14日)

リングル知事およびハワイ州議会が、スーパーフェリー判決を見直すよう最高裁判所に働きかけていたものの、裁判所はこれを拒否し、環境アセスメント調査が終了するまでには運行できないとする判決を修正しないことを明らかにした。

 

NEWS:キング・カメハメハ・ホテルの改装は環境に影響なし(2009年5月14日)

ハワイ郡はこの度、2500万ドル(25億円)を投じて行なわれる、コナのキング・カメハメハ・ホテルの改装は環境に悪影響を及ぼすことはないとの結論をだした。これによってホテルは既存の商業モールを撤去し、一階ロビー、プールの設計変更を行なうことが可能となった。今後の改装工事は18ヶ月ほどかかる予定だという。現在のプールサイドの商業施設を取り壊し、プールを新たに造り直す。

NEWS:ハワイアン航空、韓国航空と提携(2009年5月12日)

ハワイアン航空は11日、韓国航空との提携を発表した。韓国人に対するビザ・ウェーバーが実施されていることから、今後韓国人観光客が増えることが見込まれている。

 

NEWS:モロカイ島の私立校の閉鎖が決定(2009年5月12日)

不況の煽りをうけ、モロカイ島の私立校、モロカイ・ミッション・スクールが今年一杯で閉校となることが決まった。キリスト教教会からの寄付が運営費の50%をまかなっていたが、今年になって寄付が集まらなくなったという。ハワイ島ケアラケクアにある、スクール・オブ・パシフィックの閉校が先週発表されたばかり。今月初めには、オアフの東側にあるワイルペ小学校の閉鎖を議会が決定している。

NEWS:ハワイ大学で豚インフルエンザ感染(2009年5月11日)

ハワイ大学マノア・キャンパスで学生一人が豚インフルエンザに感染していることが明らかになった。これでハワイ州内の感染者は6名となった。大学は平常どおり授業を続けている。感染者はすべてオアフ島に居住している。

 

NEWS:公共工事が大幅アップ(2009年5月9日)

民間セクターによる建築許可申請数が昨年同月比で80%減少する中、政府による建築許可申請数が962%アップとなり、政府による景気誘導策が進んでいることがうかがい知れる。今年3月の公共工事に伴う建設費用はおよそ660万ドル(6億6千万円)となっている。民間セクターによる建築許可申請数はハワイ州全体で大きく減少している。

NEWS:石油税の増税案がハワイ州議会を通過(2009年5月8日)

ハワイ州議会は石油税の増税法案を可決したため、あとはリングル知事が拒否権を発動しない限り増税法案は施行される。

NEWS:オーシャンビューに井戸工事(2009年5月8日)

ハワイ島南部にある、全米最大の住宅地、ハワイアン・オーシャンビュー住宅地でいよいよ井戸の掘削工事がスタートするかもしれない。住民の悲願である、井戸は長年検討されてはいるものの、日の目を見るには至っていない。現在同住宅地の住民はおよそ60キロ離れたワイオヒヌかホオケナの給水所を利用するしかない。

 

NEWS:ターゲットコナ店は予定通り(2009年5月8日)

7月26日の開店へ向け、工事が着々と進んでいるターゲットが、従業員300人の面接をいよいよ開始する。面接は来週木曜日から4日間でおこなうという。時給は11ドル。

 

NEWS:ハワイで新たに豚インフルエンザ感染(2009年5月7日)

これまで確認された3人に加えて、新たに2人の豚インフルエンザ感染が確認された。全員軽症で治癒に向かっているという。

NEWS:全米で、ハワイ州が銃による死亡率が最低(2009年5月7日)

全米でも厳しい拳銃規制を有するハワイ州が、全米で銃による死亡率が最も低いことが明らかになった。2006年の調査では、ハワイで拳銃を所有しているのは10万人に2.58人と全米の10.3に比べて明らかに低くかった。世帯あたりの所持率は9.7%で、全米最高のルイジアナの45.6%と比べるとかなり低い数字となっている。世帯あたりの拳銃所持率はアラバマ、アラスカ、ミシシッピー、ラスベガスと続く。ハワイの次に拳銃所持率が低いのはマサチューセッツ州、ロードアイランド、コネチカット、ニューヨーク州の順。

NEWS:ワイメア・カントリー・クラブは東側?(2009年5月7日)

hワイ郡はワイメア・カントリーをハマクア地区のゴルフ場であるとの決定をくだし、補助金の対象にはなりえないことを通達した。ハワイ島西側には公共のゴルフコースが存在しないことから、数年前から郡がプレーフィーの一部を負担する補助金制度がスタートした。現在はコナのマカレイとワイコロアビレッジが認定ゴルフコースとなっており、ローカルは25ドルでプレーができる。ワイメア・カントリーは来年度の認定を受けるために申請書を提出しようとしたが、ワイメア・カントリーはハマクアにあり、東側のゴルフ場であるという、郡の見解により、申請が棄却された。

NEWS:リングル知事が増税反対を訴え(2009年5月7日)

リングルハワイ州知事は、現在ハワイ州議会が提案している増税案に反対の意向をインターネット、ラジオなどで声だかに訴えている。特に観光客数に影響を与えかねる、ホテル税の2%の増税に反対しており、リングル知事はハワイローカルに増税案に反対するよう強く訴えている。

NEWS:石油税が増税(2009年5月5日)

ハワイ州の税収不足を受け、ハワイ州議会は石油税の増税を検討している。現在ハワイ州では、ハワイに持ち込まれる石油に大してバレルあたり5セントの税金をかけているが、これを1ドル51ドルにするというもの。この増税が実施されると、3100万ドルの増収となる。ガソリン価格への影響は2〜3セントだという。

NEWS:ホノルル日本領事館からの緊急連絡(2009年5月5日)

ホノルルの日本領事館から豚インフルエンザに関して、以下の緊急連絡が入りました。

在ホノルル日本総領事館からのお知らせ

 

新型インフルエンザ(豚由来A型インフルエンザ(H1N1))に関するお知らせ

 

 5日(火)、ハワイ州衛生局によれば、ハワイ州において新型インフルエンザ(豚由来A型インフルエンザ(H1N1))に感染した疑いのあった3人のケースについて、米国疾病管理予防センター(CDCCenters for Disease Control and Prevention)における最終検査の結果、新型インフルエンザに感染したものと確認されました(3人は、成人夫婦と、別の家庭の学齢期の子供の1人。夫婦は1人がテキサス州を訪れ、子供はカリフォルニアに渡航。ただし、いずれも軽症であり、既に自宅にて快復している由です)。

 ハワイ州在住の皆様におかれましては、引き続き感染状況等を注視の上、感染防止対策・必要物資の備蓄等につきご用意いただくことをおすすめします。

 また、万一ご自身やご家族にインフルエンザのような症状が現れた場合は、直ちにかかりつけの医師にご相談ください。

 

なお、新型インフルエンザに関する情報(感染状況、感染防止対策等)につきましては、当館ホームページのほか、次のウェブサイト等をご参照ください。

 

○ハワイ州衛生局ホームページ

http://hawaii.gov/health/

○ハワイ州新型インフルエンザホットライン

866−767−5044 内線3

(月〜金:午前7時〜午後7時、週末:午前9時〜午後5時30分)

CDC(米国疾病管理予防センター)ホームページ

http://www.cdc.gov/h1n1flu/index.htm

WHO(世界保健機構)ホームページ

http://www.who.int/csr/disease/swineflu/en/index.html

○外務省海外安全ホームページ

http://www.anzen.mofa.go.jp/

○在米国日本大使館ホームページ

http://www.us.emb-japan.go.jp/j/html/file/index.html

○厚生労働省ホームページ

http://www.mhlw.go.jp

○農林水産省ホームページ

http://www.maff.go.jp/i/zyukyu/anpo/buta.html

 

平成21年5月5日  

在ホノルル日本総領事館


 

NEWS:ハワイ州予算50億ドル(2009年5月2日)

ハワイ州議会の予算委員会は50億ドルの新年度予算を採択した。これには短期宿泊税の値上げ(7.25%から9.25%)、15万ドル以上の高額所得者への所得税の増額、1本あたり4セントのタバコ税の引き上げが含まれているが、リングル知事は増税には断固として反対であり、拒否権を発動することを明言している。

 

<最新ニュース>

 

NEWSバックナンバー: 2007年9月以前 9月〜10月 11月〜12月

           2008年1月〜4月 5月〜8月 9月〜12月

2009年1月〜4月

 
 
Click To Enlarge