Kona, Big Island - Real Estate Website
Kona Fudosan - Hawaii
ハワイ島不動産最新情報
 
ホーム     購入     売却     不動産取引イロハ     ニュース     ハワイ島について     プロフィール
 
Big Island Map - Hawaii Clark Realty Hawaii Visit website -

井尾黛介
Daisuke KAIIoh (R)
日本語直通 
808-936-6148
kaics@hawaii.rr.com

 

 


HAWAII NEWS バックナンバー

2009年1月〜4月

ハワイ島不動産市場動向  不動産ニュース

 

ハワイとハワイ島の最新ニュースをどうぞ

ハワイ島西側のニュースを中心にピックアップしています。(翻訳編集 井尾黛介)。

最新ニュースがぎっしり詰まった不動産ニュースレターをご希望の方はこちらから請求ください。

 

 

 

ハワイ島に住もう!

〜ビッグアイランドでの暮らしと住宅情報のブログ〜

 

 

NEWS

 

NEWS:ハワイ州によるハワイ王朝の土地が原則的に売却禁止に(2009年4月30日)

連邦最高裁判所が州によるハワイ王朝の土地の売却は原則的に違法とする見解を示したことから、ハワイ州議会は新たな法案を可決した。当法案はハワイ州の上院と下院両方で2/3以上の賛成がなければ土地を売却できないとるするもので、事実上ハワイ王朝の土地の売却は禁じられることとなった。

NEWS:カリフォルニア工科大学が天体観測所を閉鎖(2009年4月29日)

カリフォルニア効果大学はマウナケア山頂にある同大学の天体観測所を閉鎖することを決定した。1988年から稼動していた10.4mレンズの望遠鏡は解体されることとのなる。

NEWS:州による子供の医療保険制度(2009年4月29日)

ハワイ州民主党は全米に先駆けて、ハワイ州の子供に州が医療保険を提供する法案を作成ていている。しかし、共和党のリングル知事は、裕福な家庭の子供への医療保険提供は税金の無駄遣いとして反対の意向を示している。

NEWS:リングル知事、豚インフルエンザに関して言及(2009年4月28日)

リングル知事はハワイ州への豚インフルエンザの上陸について、ハワイ州では豚インフルエンザは確認されていないものの、州は全力をあげてインフルエンザの上陸を阻止すると話した。現段階では緊急事態宣言の発動などは考えていないという。

NEWS:ロックバンド、エアロスミスがマウイでコンサート(2009年4月26日)

2007年にマウイでのコンサートを直前にキャンセルしたエアロスミスが、集団訴訟の和解条件として、マウイでコンサートを行なうことを発表した。以前入場券を購入していた場合には無料となる。エアロスミスはマウイでのコンサートをキャンセルし、より実入りの良いシカゴとホノルルのコンサートをおこなったとして、マウイの住民がエアロスミスに対して集団訴訟を起こしている。

NEWS:飛行機と鳥の衝突(2009年4月26日)

連邦航空局はハワイにおいて、過去5年間に飛行機と鳥の衝突が922件報告されていたことを明らかにした。遅れやエンジンへの損傷は報告されているものの、怪我や死亡事故は一件も報告されていないという。ホノルル空港で286件、リフエ空港(カウアイ)で238件、カフルイ空港(マウイ)で124件、ヒロ空港で110件、コナ空港は5件報告されている。

 

NEWS:HPAの卒業生がNFLでドラフト(2009年4月26日)

ハワイ島の進学高校であるHPAの卒業生、マックス・アンガー(現オレゴン大学)がNLF(全米フットボールリーグ)のシアトル・シーホークスに2順目でドラフトされた。上位から49人目。この他、第5順にはケアラケヘ高校の卒業生、ジェシー・マヘロナがドラフトされた。

 

NEWS:運転中の電子機器利用禁止、ホノルル議会(2009年4月25日)

ホノルル議会は運転中の電子機器を一切禁止する法案を可決した。これにより携帯電話だけでなく、コンピューター、ゲーム、デジカメ、DVDプレイヤーなどを運転中に操作することは一切禁止となった。

NEWS:モクレレとコンチネンタル航空が提携(2009年4月25日)

コナをベースとするモクレレ航空とコンチネンタル航空がオンライン予約・発券業務提携をおこなったことを発表した。コンチネンタルはホノルルに乗り入れている航空会社としては8番目の規模。

NEWS:リングル知事が州の土地をハワイ郡に寄付(2009年4月24日)

リングル知事はケアラケヘとケアラケヘ・パークウェーをつなぐおよそ1.1キロの道路をハワイ郡に寄付をすることを明らかにした。これはケアラケヘと中学校の横のマナヴァレア・ストリートを延長してケアナレフ・ドライブとつなぎ、ケアラケ・パークウェートするもの。これによってパラニロードから海沿いのハイウェーに抜ける道が増えて渋滞が緩和されることが期待されている。1フィート(30センチ)3600ドルの費用をかけて建設された道路がいよいよ一般に開放される。

NEWS:景気刺激策として国立公園へ800万ドルの補助金(2009年4月23日)

米国連邦政府は景気刺激策の一環として、800万ドルの補助金をハワイ郡の国立公園に対して承認した。そのうちの780万ドルはキラウエア火山国立公園に使われる。

NEWS:ホノルルの銃登録件数が急上昇(2009年4月23日)

オバマ大統領が攻撃用銃器の販売を禁止することを示唆したことから、ライフルや銃器が急激に売れているという。穂能亜売るでは昨年から登録件数が26%アップし、今年だけで19000丁の銃やライフルが登録されたているという。こうした銃器は品薄になっており、ある購入者は株よりも良い投資になると話した。

NEWS:キングスショップのメイシーズが店舗拡張(2009年4月22日)

ワイコロア・リゾートのキングスショップのメイシーズが店舗を倍に拡大した。25日のオープニングでは先着100名に15ドルオフ券が配られるという。またキングスショップは新たに入る2店舗を公表した。ステーキ店である、ブレイジン・ステーキが4月、スイート・パラダイス・チョコレートが7月にオーぷする。

NEWS:ハワイ州が税金滞納者の氏名をウェブで公表(2009年4月22日)

ハワイ州はこの度、税金滞納者の氏名をハワイ州のホームページで公表することを明らかにした。www.hawaii.gov/tax

破産者はこのリストには掲載されない。

NEWS:郡議会、バス運賃の見直しを検討(2009年4月21日)

現在ハワイ郡の公共バス、ハレオンは無料だが、郡の予算不足の穴埋めとして、一人1ドル程度の運賃を徴収することを議会が検討している。昨年は70万人がバスを利用した。景気を反映してバスを利用する住民が増えているという。

NEWS:メリーモナーク終了(2009年4月21日)

フラの祭典、メリーモナークが幕を閉じた。第46回の大会を制したのは以下のハラウ。

総合優勝:ケ・カイ・オ・カヒキ、アイエア

準優勝:ハラウ・ナ・マモ・オ・プウアナフル、ホノルル

女子総合

1) ハラウ・ナ・マモ・オ・プウアナフル、ホノルル

2) フラ・ハラウ・オ・カムエラ、ホノルル

3) ハラウ・フラ・オ・カヒキラウラニ、ヒロ

女子カヒコ

1) ハラウ・ナ・マモ・オ・プウアナフル、ホノルル

2) ハラウ・フラ・オ・カヒキラウラニ、ヒロ

3) ハラウ・モハラ・イリマ、カオハオ

女子アウアナ

1) フラ・ハラウ・オ・カムエラ、ホノルル

2) ハラウ・ナ・マモ・オ・プウアナフル、ホノルル

3) カ・ラ・オホヒ・マイ・オ・ハエハエ、ホノルル

男子総合

1) ケ・カイ・オ・カヒキ、アイエア

2) ハラウ・ナ・マモ・オ・プウアナフル、ホノルル

3) カヴァイリウラ、カイルア

 

NEWS:カワイハエ・バイパス計画が進行中(2009年4月17日)

ハワイ州運輸省はこのたび、カワイハエ港とワイメアをつなぐ新しいバイパスを発表した。現段階では環境アセスメント通知が公になったところであり、工事にはいるまではあと少なくとも3年程度はかかる見通し。カワイハエ港と現在の11号を新たにつなぎなおし、ワイメアの南に抜けるバイパスを建設する。

NEWS:HELCOが蒸気ジェネレーターのテスト(2009年4月16日)

コナの空港近くにあるケアホレ発電所でHELCO(ハワイ・エレクトリック・ライト・カンパニー)が新しい蒸気ジェネレーターのテストを開始する。このジェネレーターは現在の2つのタービンからでる蒸気を回収して発電を行なう。現在ハワイ島西側だけの発電では足りないため、ヒロ側からも電気をまわしている状況だという。新ジェネレーターを稼動させると大きな蒸気がでるが、健康被害どはないと住民には説明している。

NEWS:マグロの養殖プロジェクト一歩前進(2009年4月16日)

オアフを本拠地とするハワイ・オーシャニック・テクノロジー社はハワイ島コハラ沖で247エーカーにおよぶマグロ養殖所を計画しており、その住民公聴会が開かれた。住民公聴会はおおむね賛成の声が多く、計画は一歩前進した形だ。マグロはおおそ30センチになるまでは陸上のタンクで飼育され、その後海の養殖所に移される。

 

NEWS:ハワイ郡知事が2%土地法を2年間凍結(2009年4月16日)

ハワイ郡では固定資産税のおよそ2%を公園や保護指定地域の土地買収用に使う法律が定められているが、ケノイ郡知事はこの度、2年間に渡りこの法律を凍結することを示唆した。年間およそ450万ドルにのぼるこの財源を予算の赤字補填に使う目的だ。

NEWS:ハワイ州の平均宿泊料がダウン(2009年4月15日)

ハワイ州のホテル稼働率が8.3%ダウンして、4月第一週は61.1%だった。また宿泊料も昨年同時期よりも11.5%ダウンして、183ドルとなったことが明らかになった。全米の宿泊率平均は56.2%。宿泊料の平均は99ドルとなっている。

NEWS:カナロアに新しいレストランがオープン(2009年4月15日)

ケアウホウのカナロアに新しいレストラン、アコニズ、がオープンした。当面は午前8時から午後3時までの営業時間だが、今年の夏にはディナーも始めるという。

NEWS:コナ・ブリューイングが全米で14位(2009年4月15日)

米国ビール醸造協会は全米のベストビール醸造会社を発表し、コナのコナ・ブリューイング社が14位に入った。同社は2007年は24位だった。トップはバドワイザーを製造している、セントルイスのアニュハイザー・ブッシュ。

NEWS:オアフのイリカイホテル競売(2009年4月15日)

ニューヨークのファンドである、アイスター・ファイナンシャルが3500万ドルでイリカイホテルの203室を落札した。一ヶ月後にこれを5%上回る入札者がいれば、競売が再開する。同社はイリカイの商業スペースを1575万ドルで落札している。

NEWS:オアフのフェリーサービス中止(2009年4月15日)

2007年から連邦と州の補助金を受けて、ホノルルと西オアフ間を運行してきたフェリーが中止される。これは往復で4ドルという安値で通勤の足として住民に提供されてきたが、州の予算が足りない現在、これ以上の負担は無理との結論に達したもの。実際のコストは乗客一人あたり120ドルかかっていたという。

NEWS:オアフの鉄道建設に伴う土地買収費用が大幅アップ(2009年4月14日)

2006年の当初見積もりでは7000万ドルとされていた鉄道建設用の土地買収費用だが、今年の見積もりでは1億6000万ドル〜1億7000万ドルかかることが判明したという。総工費5億4千万ドルからみれば大きな増額ではないものの、現在土地の価格が下がっている中、この変動を疑問視する関係者もいる。

鉄道建設によってメリットを受けるとデメリットを被る不動産オーナーがくっきりと分かれるため、様々な物議をかもし出している。

NEWS:コナ・アース・フェスティバル(2009年4月13日)

環境保護の日として知られるアース・デイ(26日)を受け、コナでも18日から5月6日まで様々なイベントが企画されている。
4/18:エネルギー効率ワークショップ、エネルギーフェア、、NELHAゲートウェーセンター、10時〜6時

4/18:バイクライド、コナのオールドエアポートからNELHAまで自転車で。午後2時

4・18:「WE LOVE KOHALA]、ハヴィ、カパアウの街。地元農産物やアーティストがつどう町おこし。8時半〜午後7時半

4/19:ゴミファッションショー、コハラコーヒーミル、1時〜2時

4/23,24,30,5/1:サステナブルな生活に向けたセミナー、NELHAゲートウェーセンター、5時〜7時

4/25:オーシャンフェア、アウトリガー・ケアウホウ・ホテル、9時45分〜3時

4/25:地元農産物とクッキング、ラニハウセンター、10時〜2時

4/26:アース・ディ、サウスコナのグリーンウェル・ボタニカル・センター、9時〜5時

5/2:ケアラケクア・ランチ4WDツアー、コナワエナ高校の駐車場から、7時〜5時、一人75ドル

5/6:グリーン・ビジネス・コンフェランス、シェラトン・ケアウホウ、8時〜6時

6/13:シード(種)の交換イベント、グリーンウェル・ボタニカルガーデン、8時半〜4時半

NEWS:メリーモナーク・フェスティバル、不況の影響なし(2009年4月12日)

今週の水曜日よりヒロで始まるフラの最大イベント、メリーモナークの入場券はわずか一日で売り切れ、およそ1000人以上が入場券を購入できなかったという。木曜日にはミス・アロハ・フラ・コンテストが行なわれ、金曜日は古典フラ(カヒコ)、土曜日はモダンフラ(アウアナ)の大会となる。23のハラウがハワイ全島およびカリフォルニア、ラスベガスから集結する。

NEWS:ハワイ郡でも運転中の携帯使用が禁止に?(2009年4月11日)

コハラ地区のホフマン議員はこの度、運転中の携帯電話を含む電子機器の使用を禁じる法案をハワイ郡議会に提出した。ホノルルでも同様の法案が議会で審議されている。この法案が通ると、携帯のならず、ラップトップパソコン、デジカメ、DVDプレイヤーなどの運転中の使用が禁止されることになる。

NEWS:イースターのエッグハント(2009年4月10日)

今週末の復活祭(イースター)にかけて、土曜日にはケアラケクア・ランチ・センターでエッグ・ハントが無料で行なわれる。時間は午前9時〜正午まで。

 

NEWS:コナの新ハイウェーは一歩前進、拡幅工事は一歩後退(2009年4月9日)

現在の山側のママラホア・ハイウェーと海側の11号の間を通る、アネ・ケオホカロレ・ハイウェーの建設計画が一歩前進した。オバマ政権下の連邦回復・再投資法に基づき、ハワイ島では2つの道路建設プロジェクトが認められることとなり、同道路建設がそのリストに含まれることとなった。3900万ドルのプロジェクトのうち、3500万ドルは連邦政府が負担し、ハワイ郡が400万ドルを負担する。連邦補助金が認められているもうひとつのプロジェクトはヒロ側の橋の架け替えプロジェクトで、これには1100万ドルが投じられる予定。この2つのプロジェクトは600人の雇用を生み出す。一方、コナのホノコハウ・ハーバーから空港までの拡幅工事は入札の問題をめぐり、結局工事施工業者の選定が白紙に戻る形となった。

NEWS:ハワイ州予算(2009年4月8日)

現在7月からの新年度に向けて予算を策定しているハワイ州は、当初予定していた374人の人員削減を大幅に減らし、21人の人員削減を盛り込んだ新たな予算案を発表した。高額所得者の所得税を上げて、予算不足に対応し、州の消費税4%は変えないという。

 

NEWS:オバマ大統領が育ったホノルルのアパートが国定史跡に?(2009年4月7日)

オバマ大統領が時代を過ごしたホノルルの12階建てのアパートを国定史跡に指定するよう、ハワイ議会が働き掛けている。アパートは仮にも高級とはいえず、このような庶民的な場所で生まれ育ち、大統領になったことが重要だと、ハワイ議会は考えている。オバマ大統領は同アパートの10階の部屋に1971年〜1979年にかけて暮らしていた。オバマ大統領の祖母も同じアパートに41年間住んでいた。国定指定となっても、不動産所有権にはなんら影響はなく、また観光客は外観をバスから見ることに限定されるという。

 

NEWS:ホクレア号ハワイに帰還(2009年4月6日)

古代ハワイアン・カヌー復元艇である、ホクレア号がポリネシアへの3400キロの航海を終えてホノルルに戻る。同カヌーは2月28日にハワイを出発したが、4メートルの波を含む、過去最悪の天候に悩まされたという。

NEWS:北朝鮮のミサイルでラナイ島のビーチが閉鎖(2009年4月5日)

北朝鮮のミサイルの破片による被害を警戒して、ラナイ島フォーシーズンズではビーチを閉鎖した。ハワイ州やマウイ郡では避難勧告やビーチの閉鎖勧告はおこなっておらず、「コミュニケーションの食い違い」と政府関係者は話しているという。

NEWS:カハルウ・ビーチが閉鎖(2009年4月5日)

シュノーケルで人気のカハルウ・ビーチでおよそ3mのサメが目撃されたため、ビーチが閉鎖された。

 

NEWS:観光客数の減少(2009年4月4日)

ハワイ州の発表によれば、今年2月の観光客数13.4%減り、また一人当たりの支出額も15.9%減少したという。2008年は閏年で一日多かったことも、今年の減少に拍車をかけているという。

各地域からの観光客数の減少は以下の通り。

・ 米国西海岸:14.9%

・ 米国東海岸:15.8%

・ 日本人:5.5%

・ カナダ:6.3%

 

NEWS:ホノルル失業率アップ(2009年4月4日)

ホノルルの失業率は先月から若干上がり、5.4%となった。2008年2月の失業率は2.6%だった。今年2月の全米の平均失業率は8.9%。

NEWS:GO!エアラインが28ドル航空券(2009年4月4日)

GO!エアラインはハワイ州内航空券を28ドルで販売を開始した。これは4月一杯の限定チケット。

NEWS:ビクトリア・シークレットがハワイ1号店をアラモアナにオープン(2009年4月4日)

人気女性下着店であるビクトリアシークレットが10月1日より、ホノルルのアラモアナ・ショッピングセンターにオープンする。現在同ショッピングセンターでは人気店の移転ラッシュが続いている。ディズニー、GAP、フットロッカーが同ショッピンセンター内で移転する。

NEWS:タバコ税大幅アップ(2009年4月3日)

連邦のタバコ税がが上がるのをうけ、ハワイ州のタバコ税も1箱あたり62セントの増税となる。マルボロレッドが7ドル80セント、キャメルライトは7ドル39セントとなる。増税による収入は、赤字予算の穴埋めには使われず、癌研究や緊急医療財源に使われるという。

NEWS:コナのコミュニティ・センター建設(2009年4月3日)

政府から土地を65年リースで借り受け、医療施設とレクリエーション施設を含む、コミュニティセンターを建設するライオプア計画が進んでいる。今年中に1500万ドルの資金を調達し、建設を進める予定。

NEWS:ハワイ州議会が最高裁に働きかけ(2009年4月2日)

ハワイ州最高裁判所によるスーパーフェリーに対する特別法案は無効する判決に対し、ハワイ州議会とリングル知事は、最高裁に再考を促した。スーパーフェリーが違法となると、ホノルルの鉄道建設に関する増税法案も無効となる恐れがあり、ハワイ議会は最高裁に判決を撤回することを要求している。

NEWS:ハイウェーの拡幅工事、第一期が完了(2009年4月1日)

コナのホノコハウハーバーからヘンリー・ストリートまでの4590万ドルの拡幅工事が完了した。これを受けて現在35マイルに設定されているコナコモンズからハーバーまでの区間の制限速度が45マイルに変更される。当工事は2005年9月に始まり、当初の予算は2860万ドルだった。予定では2007年4月には工事が終わるはずだったという。

 

NEWS:ラヴァ・マン・トライアスロン、アイアンマン王者が優勝(2009年3月30日)

日曜日にワイコロア・リゾートで開催された、ラヴァ・マン・トライアスロンでは、2007年のアイアンマンチャンピオンだった、クリス・マコーミックがダントツの優勝をかざった。先週シンガポールでのフル・トライアスロンを終えたばかりで、翌週またフル・トライアスロンを控え、余力を残しながらコース記録を塗り替えた。

 

NEWS:オアフのイリカイ・ホテルの競売(2009年3月27日)

2006年に2億1800万ドルで343部屋を購入した投資家、ブライアン・アンダーソンが破産したため、4月15日に203部屋と16の商業用スペースが競売にかけられることになった。入札する場合には落札価格の10%分をその場で支払うことが必要となる。

NEWS:ハワイで4265歳のサンゴ(2009年3月26日)

テキサスA&M大学の調査によって、ハワイに4265年間行き続けているさんご礁の存在が明らかになり、こ現在地球上で最も長く生存しているとされている、北カリフォルニアの5000歳のブリスルコーン松に匹敵する。これまでさんご礁は誕生してから最高でも数百年だと考えられきた。また2742歳の別のさんご礁も見つかったという。

NEWS:ハワイ島YMCA支部を廃止(2009年3月24日)

ハワイ島YMCAはこの度、経費削減の目的から、コナ、ワイメア支部を廃止しした。これら地域におけるサービスは変らないという。昨年YMCAのプログラムには3540人の青少年が参加した。

 

NEWS:マウイ・ハワイ島間の海峡横断、サメに阻まれる(2009年3月22日)

海流や風の影響により非常に危険なことで知られるマウイとハワイ島の間の48キロのアレヌイハナ海峡を泳いで渡ろうとしたマウイの住民スポールディング氏は、およそ20キロ地点で超小型のサメ、クッキーカッター・シャークに咬まれたため、海峡横断を中止した。普段は推進300m以下の深海にいるこのサメは、体調50センチほどだが、非常に鋭い歯を持つという。これまで海峡を泳ぎきったのは2人。そしてクッキーカッター・シャークに咬まれたのはスポールディング氏がハワイで初めてだという。同氏はサポート船でマウイに戻ったが、たいした傷ではなく、すぐに退院した。

NEWS:フリヘエ宮殿でのコンサート(2009年3月22日)

3月28日午前9時〜午後4時まで、アリイドライブ沿いのフリヘエ宮殿敷地内でフラ、コンサート、屋台、クラフトなど様々なイベントが行なわれる。クム・フラによるブレッシングは8時45分から。入場料は無料。

 

NEWS:ジェイク・シマブクロのコンサート(2009年3月22日)

日本でも大人気のジェイク・シマブクロがコナのフォーシーズンズで5月18日7時からコンサートを行なう。チケットは一人50ドルでwww.hawaiiperfomingartsfestival.orgから予約できる。フォーシーズンズではコンサートと宿泊のパッケージも用意している。808-325-8000(日本人コンシェルジュ)。

NEWS:コナのバケーションレンタル会社が倒産(2009年3月21日)

バケーションレンタル(および不動産仲介)会社、プロパティ・ネットワークが支払いをしないまま突然オフィスを閉鎖し、およそ140〜150のユニットオーナーが途方に暮れている。オーナーへの手紙によれば、最終支払いは6月ごろを予定しているというが、支払いは12月から行なわれておらず、どうなるかは誰にも分からない。現段階ではオーナーは民事告訴のみが可能だというが、賃料を持ち逃げしたとなると、刑事告発が可能となる。コナのアリイドライブ沿い、ラバジャバの隣にあった同社はコナでは名の通った会社であり、これまで不動産協会に寄せられた苦情も僅か1件だったという。

NEWS:マウナケア・ロードの除雪作業終了(2009年3月20日)

マウナケア山頂(4200m)への道路の除雪作業が終了し、通行止めが解除となった。天候が良くないため、マウナケアの山頂は見合わせるよう呼びかけている。

NEWS:リパブリック航空がモクレレの株を50%取得(2009年3月20日)

モクレレ航空が800万ドルの融資返済ができなかったことを受け、インディアナポリスを拠点とするリパブリック航空が同社の株の50%を取得することとなった。2008年から両者は提携契約を結び、リパブリック社がモクレレにジェット機170機を提供している。モクレレはそれまでのGO!エアラインとの関係を解消し、独自にコナ・ホノルル、コナ・リフエ間の運行を開始した。

NEWS:ハワイ州50周年(2009年3月19日)

ハワイが米国の州となってから50年が経過した。州都であるホノルル議会ではアイゼンハワー大統領が調印にしようした万年筆が展示され、音楽やフラで50周年を祝った。

NEWS:ハワイ・スーパーフェリーが操業停止(2009年3月17日)

ハワイ州最高裁判所はこの度、環境アセスメントが完了する以前のフェリー運行は違法との判決をくだした。スーパーフェリー側は控訴が可能だが、これを行なわず、19日のマウイ・ホノルル便を最後に運行を停止し、従業員を解雇する模様。ハワイ州議会は昨年、スーパーフェリーを救済する特別法案を策定したものの、最高裁はこの法律は特定企業の利権に関わるものであり、無効だとの判断をくだした。スーパーフェリーは州から融資を受けているが、月19万ドルの返済についてはまだ決まっていない。現在ホノルル・マウイ便に使用しているアラカイ号を軍や別企業にリースしたい意向だが、その場合にはハワイに留まる可能性は低く、将来的にハワイでの運行を開始するかどうかは定かでない。来年からはハワイ島への運行が予定されていたが、これも暗礁に乗り上げたかたちだ。2007年12月以来25万人以上が利用している。

NEWS:コクア・カイルア歩行者天国(2009年3月16日)

毎月第3日曜日はアリイドライブのキングカメハメハビーチホテル側が歩行者天国となり、屋台やコンサートが開かれている。これは地元商工会議所の主催のイベント。夕方にはフリヘイ宮殿で無料のフラとコンサートも楽しめる。

NEWS:コナ・ブリューイング・フェスティバル大盛況(2009年3月15日)

第14回となった、地元地ビール会社、コナブリューイングが主催する地ビールフェスティバルが大盛況のうちに幕を閉じた。今年もイベントチケットは完売し。1500名以上がハワイだけでなく、米国本土からも訪れた。32ビール地ビール会社が参加し、72種類のビールが提供された。

NEWS:全米健康指数でハワイが第2位(2009年3月14日)

この度ギャロップ社は全米50州の身体上、精神上、社会上の暮らしやすさを測定する調査を行なった。その結果、トップはユタ州。ハワイは2位だった。最下位はウェスト・バージニアでケンタッキー、ミシシッピー州が続いている。食事、運動習慣、仕事環境などを総合的に測定し、健康指数をはじき出しているという。

 

NEWS:ハワイ郡の公用車で直帰禁止(2009年3月14日)

これまで仕事から郡の公用車で自宅に直帰することが認められていたが、今週から公用車で自宅に帰ることは原則として禁止となった。

 

NEWS:高校修業率アップ(2009年3月13日)

2002年〜2006年の全米の高校の卒業率はおよそ75%だったが、ニューヨークの11%を最高に12の州で卒業率が増加し、ハワイ州もその中に含まれている。

 

NEWS:ハワイ州の失業率アップ(2009年3月12日)

ハワイ州の失業率は12月の7.1%から増加して、8.4%となった。最も失業率が高いのはカウアイで低いのはオアフ。全島で失業率が大幅に増加している。

NEWS:コナの新ハイウェー計画が急ピッチで進行(2009年3月12日)

現在の海側のハイウェー11号(クイーンK・ハイウェー)と山側の19号(ママラホア・ハイウェーの中間に予定されている新しいハイウェー(アネ・ケオホカロレ・ハイウェー)の計画が連邦景気刺激補助金の対象に含まれるよう、ハワイ州と郡が共同で計画を進めている。この新ハイウェーはまずはヘンリーストリートからパラニを突っ切り、コスコのあるヒナラニ・ストリートと接合することになっている。必要予算、3500万ドルの連邦予算を獲得するためには、土地所有者との話し合い、道路の使用区分指定、環境アセスメントなどを2010年の春までに終わらせ、ハワイ州が連邦に提出する開発リストに載ることが条件だという。

 

NEWS:アロハ航空の商標落札が無効に(2009年3月11日)

連邦破産裁判所は、昨年12月に行なわれたアロハ航空の名前とロゴの競売を無効とし、競売のやり直しを命じた。競売にはアロハ航空の元オーナー、ユーカイパ、ハワイアン航空、投資家のリチャード・イング氏が出席し、ユーカイパが落札した。しかし当日ホノルルアドバタイザーの記者が入室を拒否され、裁判所は非公開の競売は認められないと無効を言い渡した。アロハの元オーナーであるユーカイパはアロハを倒産に追い詰めたGO!エアラインに咲いてイン600万ドルでアロハの名称やロゴを使用させることですでに合意に達しているという。新たな競売が実施されてもユーカイパが落札すると見られている。

NEWS:2009年のハワイ観光経済の見通し(2009年3月11日)

ハワイ州が発表したハワイの経済見通しはによれば、観光客数は5.9%減の640万人に留まるという。2010年の観光客数は+1.4%、2011年は4.6%増と見込まれている。今年の観光客による消費額は4.4%減と見込まれているが、2011年には7.2%増、2012年には8%増が見込まれている。

NEWS:老舗無料ローカル情報誌が休刊(2009年3月10日)

ハワイでこれまで33年間続いてきた無料ローカル情報誌、イースト・ウエスト。ジャーナル誌が3月15日をもって休刊することとなった。広告収入の激減と最近のハワイの日本企業関連ニュースの減少が理由だという。同社が発行している「ハワイ便利帳」はアロハストリートを発行している、ウィンキュービック社が引き次ぐこととなった。

NEWS:運転中の携帯電話使用禁止法案がホノルルで可決か?(2009年3月8日)

ホノルル市議会で運転中の携帯電話の使用を禁止する法案が可決しそうだ。以前はホノルル市長が拒否権を発動したことによって、法案化されなかった。前回の拒否の理由はメールの送受信が処罰の対象になるのかが、明確になっていなかったためとされている。今回の法案は通話だけでなく、メールの送受信も処罰の対象に含んでいる。

NEWS:ハワイ島で「オレオレ詐欺」(2009年3月7日)

ココハワイ島でもオレオレ詐欺未遂がいくつか報告されている。手口としては老人宅に孫を装ってカリフォルニアから連絡をし、トラブル回避のために送金を要請する。今のところ被害は報告されていないものの、未遂事件が報告されているため、警察は注意を呼びかけている。

 

NEWS:鯨観測調査(2009年3月4日)

オアフ島、カウアイ島、ハワイ島の3島で650人のボランティアが鯨の個体数の観測を行なった。55の観測地点から15分間に観測される鯨の数を測定した結果、ハワイ島が平均3頭、オアフとカウアイが2頭だった。鯨の種類はザトウ鯨だが、ハワイ近海では年7%の割合で数が毎年増えているという。

NEWS:ホクリア・バイパス限定開通(2009年3月4日)

3月3日より、限定的にケアウホウからケアラケクアに抜けるバイパスが開通した。利用できる時間は午後3時半〜6時半で、南方向車線のみの開通となる。これによって現在のママラホア・ハイウェーの渋滞が緩和されることが期待されている。

NEWS:ハワイ島西側への不平等予算(2009年3月3日)

ケノイ新ハワイ郡知事が打ちだした公共工事予算1億6100万ドルのうち、およそ37.6%がノースコナ、サウスコナ、サウスコハラのハワイ島西側の3地区の計画に使われることが明らかになった。昨年はこの3地区でハワイ島の固定資産税の7割を賄っている。ハワイ島では、東側(ヒロ側)の税収が少ないにも関わらず、ヒロ側で税金が使われることが多いと批判を受けている。

NEWS:ハワイ州、オンラインショッピングに課税を検討(2009年3月1日)

現在インターネット上でのオンラインショッピングには消費税が加算されていないが、ハワイ州は今後こうしたオンラインショッピングにも4.166%の税金を課すことを検討している。落ち込んだ税収を増やすとともに、店舗を持つ小売店の不満を緩和する目的もある。

NEWS:ケアウホウ・ショッピングセンターでの無料コンサート(2009年3月1日)

ケアウホウショッピングセンターでは2009年より毎月最後の土曜日の6時から7時に有名ミュージシャンによるコンサートを予定している。入場料は無料だが、代わりに一人2缶の缶詰を持参することが必要。1月のウィリーKのコンサートは 600キロ以上の缶詰が集まり、れらはすべてハワイ・フード・バスケットに寄付される。3月28日はエイミー・ハナイアリイ、4月25日はマカナ。そして5月30日はヘンリー・カポlノのコンサートが予定されている。

NEWS:ウクレレ・フェスティバル(2009年3月1日)

3月7日(土曜日)にワイコロア・クイーンズ・マーケット・プレイスにて第9回ウクレレフェスティバルが開催される。時間は午後2時〜7時まで。日本から高木ブーも参加する予定。その他の演奏者はハーブ・オオタ、ジョン・ケアヴェ、クリス・フチガミなど。午前10時〜11時半まではロイ・サクマによるウクレレ・ワークショップも開催される。

NEWS:オアフの開発状況(2009年2月28日)

不況の煽りを受け、リテール開発にも影響がでている。カポレイのCOSTCOは先週オープンし、ターゲットのハワイ一号店も来週開店する予定。その一方で、エヴァ・ビーチのラウラニ・ショッピングセンターの開発やホールフーズ・スーパーの2号店計画、コナ店の計画も未定となった。

NEWS:固定資産税の増税はなし(2009年2月26日)

ケノイ新ハワイ郡知事は来年度予算案に固定資産税の増税は盛り込まれていないことを明らかにした。来年度はおよそ3200万ドルの赤字が見込まれている。ハワイ郡(島)全体では固定資産税収入はおよそ10億ドル減収となる見込みで、特に西側からの税収が落ち込むという。

NEWS:ホノルル・マラソンは1億ドル経済効果(2009年2月22日)

ハワイ州の調べによれば、1月に行なわれたホノルルマラソンはおよそ1億ドルの経済効果があり、ハワイ州に400万ドルの税収をもたらしたという。これは1594人の参加者へのアンケートより判明した。ホノルルマラソンの出場者の半分は日本人。

NEWS:カウ地区にリゾート建設案再浮上(2009年2月22日)

過去に暗礁に乗り上げたリゾート開発計画『ハワイアン・リビエラ」が再浮上している。場所はカウ地区のオーシャンビュー住宅地の近く。これはホノルルの開発業者が再度検討しているもので、前回とは異なり、州の保全地区の利用やマリーナの建設は含まれていない。約17500エーカーの土地に4000戸のリゾート地の開発を目指すという。カウの住民からの反対に加え、使途用途変更申請が必要なことから、実現性は乏しいと見られている。

NEWS:ホノルル警察の刺青規制(2009年2月21日)

イメージの向上を目指し、ホノルルの警察官は刺青を隠すことが義務付けられる可能性がでてきた。刺青自体は禁止ではないが、制服で刺青が隠れるようにしなければならない。ロサンジェルス、ボルチモア、デモイン(アイオワ州)では警察官は刺青を隠すことが義務付けられている。

NEWS:ハワイ州、ピーナッツに対して注意を呼びかけ(2009年2月20日)

現在全米を震撼させているピーナッツ騒動だが、ハワイ州はこのほど、ハワイ州民に対してピーナッツ製品がリコールリストに載っていないかどうか確認するよう、注意を促した。ハワイでピーナツによるサルモネラ菌感染は5件報告されている。www.fda.govでリストが入手可能。ビン詰めのピーナッツバターは問題ないという。

NEWS:GOエアラインとアイランドエアが暫定提携(2009年2月20日)

カフルイ、リフエ、ヒロの航路についてGOエアラインとアイランドエア暫定的に提携に合意したと発表した。GOはこれまでモクレレと提携していたものの、モクレレがインディアナポリスのレパブリック航空と提携したことを受け、新たな提携先を模索していた。

NEWS:コナ国際空港マスタープラン公表(2009年2月19日)

今後20年と7億4500万ドルを費やしてコナ国際空港が生まれ変わる。ハワイ州運輸局が公表したマスタープランに基づいてこれから環境アセスメントがおこなわれる。2階建ての国際線用コンコースも計画に盛り込まれている。また、南側にはカルチャーセンターとホテルの建設も予定されているほか、現在のオニズカセンターの移転も含まれている。最終的には、飛行場の入り口も現在よりも1.6キロ北に移動する見込み。

www.kona-airport.comでマスタープランを閲覧できる。

 

NEWS:ヒロで自転車によるパトロール開始(2009年2月18日)

ハワイ島東側のヒロ、ケウカハ、パホアでは、警察が自転車によるパトロールを開始する。警察官は4日間のトレーニングを終えて、機材がそろい次第パトロールに入る。

NEWS:ハワイ郡、建築基準法を環境配慮型へ改正検討(2009年2月18日)

ハワイ郡(島)は1980年代から改正されていない建築基準法を国際省エネ基準に基づいて改正することを検討している。ハワイ島エネルギー諮問委員会によれば、建築基準を改正することにより、25%の省エネが直ちに実現できるという。ハワイ州も同様の改正を検討している。

NEWS:ビニール買い物袋禁止条例再浮上(2009年2月17日)

昨年郡知事によって拒否されたビニール袋禁止条例だが、ハワイ州が州としてビニール袋を禁止する法律を検討していることを受け、ハワイ郡議会は再度同条例の制定を検討している。当面は州の動きを見守るということだが、状況によってはハワイ郡のみのビニール買い物袋禁止条例の制定の可能性もでてきた。ビニール買い物袋は環境に良くないうえ、ゴミ処分上での取り扱いが難しく、コスト高につながっているという。

NEWS:公立学校が州の管轄へ移行?(2009年2月17日)

現在公立高校は各郡の教育委員会の管轄となっているが、連邦が定めた学力基準に達しない公立学校を州の管轄下におくことをハワイ州議会が検討をしている。西ハワイで基準に達していないのは、ケアラケヘ小学校、ケアラケヘ中学、ナアレフ小学校、ナアレフ中学校とワイメア小学校。仮に州の管轄下に入ると、教員、カリキュラムなどが変更される可能性がある。

 

NEWS:ハワイ州の航空写真(2009年2月16日)

ハワイ島コナ在住のフリーランスの写真家である、ブライアン・パワーズ氏はこの度、同氏のホームページ上でハワイ州主要全島の沿岸航空写真を掲載した。これはセスナから撮影したもので、こうした膨大な航空写真のによる記録は初めてだという。ハワイ島不動産業者の間では、すでに有名。

ホームページは:www.hawaiianimages.net

NEWS:アラモアナとワードセンターの所有者が破産申し立て寸前(2009年2月15日)

オアフ島のアラモアナセンターとワードセンターを所有しているジェネラル・グロウス・プロパティ社は9億ドルを返済期限に返済できず、破産の申し立てを検討しているという。同社は全米で2番目に大きなショッピングモール経営会社であるが、ここ数年の不動産ブームに事業を拡大しすぎたという。9億ドルの融資のうち、6億5千万ドルはラスベガスの物件だという。

NEWS:運転免許取得の際の住所証明(2009年2月14日)

ハワイ州はこのほど、運転免許取得に際して、居住証明を義務付けることを検討していることを明らかにした。

NEWS:マグロの養殖がハワイ島で2013年にもスタート(2009年2月14日)

ホノルルをベースとするハワイ・オーシャニック・テクノロジー社は1月終わりに環境アセスメント報告書を州に提出し、これで必要書類のすべてを政府に提出したことになる。同社は、年々漁獲高が減っているキハダマグロの養殖をハワイ島のコハラ沖で行なうことを計画している。およそ30センチまでは稚魚を陸上のタンクで飼育し、それから海の中にの養殖場に移すという。現在コナではカンパチの養殖がすでに行なわれている。

NEWS:ハワイ郡の税収ダウン(2009年2月13日)

観光客の減少と景気減速により、ハワイ郡の税収が大幅にダウンする見込みだという。ハワイ郡議会の財務委員長は、来年度はおよそ2500万ドル〜3000万ドルの赤字になると見込んでおり、いまから議員に対策を練るよう呼びかけている。

 

NEWS:ハワイ島が「お得な旅行先」トップ(2009年2月12日)

「お得な」旅行を目玉とするウェブサイト、cheapflight.comはこの度、全世界で「お得な」旅行先12を発表した。これは無料で楽しめるアクティビティの数、飛行機代、ホテル代といった項目をを総合した結果だという。それによればハワイ島が世界で最も『お得に」色々なものが楽しめる滞在先だという。その他は、ワシントンDC,バーモント、フロリダのキー半島、スコッツデール、カンザスシティ、プラハ、バンクーバー、アイスランド、パナマ、ベルリンなど。

NEWS:郵便料金の値上げ(2009年2月11日)

連邦郵便サービスは、この度普通郵便料金を44セントに値上げすることを発表した。郵便料金の値上げは2月に発表され、5月から施行される。昨年度の米国郵便局の赤字額は28億ドル。絵葉書の郵便料金も1セント上がって27セントとなる。国際郵便料金はカナダへは75セント、メキシコへは79セント、その他の国へは98セントとなる。

NEWS:ハワイ州におけるゴルフのラウンド数が減少(2009年2月11日)

景気の悪化に伴う観光客数の減少によって、2008年度のハワイ州全体のゴルフ・ラウンド数が2007年度と比較して5.2%減少したという。

NEWS:マウナケア・ビーチ・ホテルに新しいレストラン(2009年2月10日)

再オープンしたマウナケアビーチホテルに新しいレストラン「モネッツ」がオープンする。同レストランはコロラド州で37年続いているフラッグスタッフ・ハウス・レストランの系列で、マークとスコット・モネット兄弟にちなんで、この名前となった。アメリカンとフレンチを主とする。アウトドア・カフェの「カフェM」もオープンするという。

NEWS:ハワイの「不動産抵当流れ」が減少(2009年2月10日)

ローン返済の滞りによる、抵当流れの件数が1月に入って、前月より32%減少したことが明らかになった。しかし、前年の同月と比較すると176%と高い水準になっているl。、ハワイでは1504世帯に1件が抵当流れとなっており、これは全州で30位にあたる。最高はネバダ州で、76世帯に1件が抵当流れという非常に高い水準となっている。次いでカリフォルニア州、アリゾナ州の順。

NEWS:運転免許取得が厳しくなる?(2009年2月9日)

連邦安全法に基づき、連邦政府の身分証明書の基準が厳しくなるに伴い、運転免許を取得する条件も厳しくなる可能性がある。現在ハワイでは運転免許取得の条件に社会保障カードの取得を挙げているいるものの、米国居住権の証明は免除している。これによって不法入国者が免許を取得できるため、連邦政府はより厳格な基準を求めている。居住権の証明なしに免許が取得できるのは、ハワイ、イリノイ、メリーランド、ニューメキシコ、ユタ、ワシントン州のみ。

 

NEWS:ワイコロアビレッジの大規模開発でいざこざ(2009年2月7日)

現在開発が進んでいる、ワイコロアビレッジのカマコアの開発業者が、最近の不景気を繁栄して廉価住宅の数を減らすことを郡政府に示唆してる。これにたいして、政府は廉価住宅の数の変更は契約違反として、開発業者の挿げ替える可能性を明らかにした。ワイコロアビレッジのカマコアは政府主導の開発であり、廉価住宅がメインとなる。最終的には1200戸廉価住宅の供給を目指している。

NEWS:ハワイホテル宿泊率が2001年以来最低に(2009年2月5日)

2008年12月のハワイ州のホテル宿泊率は、2001年のテロ以降最低水準となる、61%だった。これは昨年と比較しても10%ダウンとなる。12月は2008年で最も宿泊率が低い月となり、米国の景気を象徴することとなった。ハワイは2007年には全米でNYに次いで2番目に高いホテル宿泊率を記録したが、2008年は5番目となった。2008年のトップ5は、NY、サンフランシスコ、マイアミ、ロサンジェルス、ハワイ。

NEWS:プロボウルの開催地を巡って(2009年2月2日)

これまで30年間ホノルルで行なわれてきた、NFL(ナショナル・フットボールリーグ)のオールスター戦を別の開催地に移すことをNFL側が検討しているが、選手の多くはホノルルでの試合を希望していることが明らかになった。来年度はマイアミで開催されることが決定しているものの、それ以降はまだ未定であるという。

 

NEWS:ロスがコナコモンズへ?(2009年1月30日)

新たなにオープンしたコナコモンズ・ショッピングセンターに衣料を中心とした大型ディスカウントショップ、ロス・ドレス・フォー・レスが入るかもしれない。もともとサーキットシティが入る予定だった南側の棟を完成させたうえで現在のコナコースト・ショッピングセンターから移る可能性がでてきた。

NEWS:ハワイ州への連邦補助金は20億ドル(2009年1月29日)

景気刺激策の一環として連邦から20億ドルの補助金が認可される見込みとなった。2億5600万ドルが教育関連。1億3000万ドルがハイウェー、4160万ドルが鉄道建設。

NEWS:リゾートクエストがアストンに逆戻り(2009年1月28日)

数年前に名前をアストンからリゾートクエストに変更した、大手ホテル・リゾート運営会社が再度名前をアストンに戻すことを明らかにした。同社のブランディング・キャンペーンの一環だという。

NEWS:ハワイ郡の失業率が10年間で最高に(2009年1月28日)

先月の失業率は前月と同じ水準の7.1%であったことが明らかになった。これは1年前の2.58%から大きな上昇だ。ハワイ州全体の失業率は5.5%。全米の失業率は7.2%。

NEWS:カラパナの溶岩観測(2009年1月27日)

ハワイ郡は現在溶岩流が海に流れ混んでいるのカラパナ地区の立ち入りを午前5時〜午後10時に規制することを決定した。午後8時以降は同地区に入ることができなくなる。ハワイ郡は厳しい予算状況を受け、見物時間の短縮を決定した。

NEWS:ザガットのハワイ版(2009年1月27日)

レストラン等の評価で有名なザガットが総合的なハワイガイドを出版した。ローカルの消費者4000人以上の意見を元にした同ガイドによれば、トップにランクされたホテルは、ハワイ島のフアラライリゾートのフォーシーズンズ。アトラクションはハワイ島の国立火山公園、レストランはアラン・ウォングとなっている。その他ハワイ島で評価が高かったのは、ワイメアのメリマンとパフイア、ブルゴーニュなどのレストラン。ハワイのレストランの一食の平均は33ドル18セント。サンフランシスコは38ドル70セント、ニューヨークの40ドル78セント、ラスベガスの44ドル44セントを下回った。全米平均は34ドル03セントだという。ホテルの第2位はワイレアのフォーシーズンズ(マウイ)、ハレクラニは4位。

 

NEWS:PGA三菱電機チャンピオンシップ(2009年1月26日)

今年から三菱電機にスポンサーを変えた、フアラライ・リゾートで行なわれたPGAシニアツアー第一戦は、ベルンハルト・ランガーが18アンダーで優勝した。8アンダー、6アンダー、4アンダーと3日間で調子を落としたものの、初日の8アンダーが大きくモノを言った。2位はアンディ・ビーン、3位はジェイ・ハースだった。

NEWS:税収不足を受けてリングル知事が増税を検討(2009年1月25日)

ハワイ州の税収不足を受け、リングル知事は6種類の増税または手数料値上げを検討していることを示唆した。値上げが検討されているのは、ガソリン、車両重量税、タバコ、酒、レンタカーおよび車両登録税の6種類。車関連だけで一人およそ170ドルの増税となる。

NEWS:8人に1人が保険なし(2009年1月24日)

この度の調査で、ハワイ州では、8人に1人の割合で自動車保険に加入していないことが判明した。保険未加入ドライバーとの事故でもカバーされる特約を付帯することが重要。

NEWS:マンタの保護(2009年1月22日)

コナでは大型のエイである、マンタが有名だが、乱獲により、世界的にマンタの数が減少しており、ハワイ議会はマンタを保護する法案を検討している。ハワイのマンタを見るために年間11000人以上が同州を訪れており、240万ドルの経済効果があるという。マンタの肉は食用になり、また骨や軟骨がフカヒレスープの一部に代用できることから、世界中で年間1500頭以上のマンタが捕獲されているという。マンタは15年以上も生きる場合があるが、1年〜3年に一頭しか子供を生まない。10才以上のマンタは横幅が5メートル近くにもなる。

NEWS:ハワイ議会の議題(2009年1月21日)

新ハワイ議会の議題として挙げられているものを一部紹介すると、ギャンブルの合法化、同性結婚の合法化、ハワイの土地の保護政策、医療過誤訴訟を制限する法改革などが挙げられている。原子力発電所の建設を提案している共和党議員もいる。

NEWS:ハワイ島で津波訓練(2009年1月21日)

来週火曜日、27日にハワイ島全域でおおがかりな津波非難訓練が行なわれる。津波地域に指定されている地域では午前8時から10時は交通が規制されることが予想されるので、注意が必要。

 

NEWS:ハワイ生まれの大統領誕生にハワイ各地で声援(2009年1月21日)

ハワイ生まれの大統領の誕生にハワイ州民は各地で喜びを分かち合った。コナでも就任式のテレビを生放送で見ようと、夜明け前からテレビをつける住民が続出し、皆眠い目をこすりながらの仕事となった。

NEWS:ハワイ州が64億ドルの補助金を申請(2009年1月18日)

ハワイ州はオバマ新政権が打ち出すとみられている、8250億ドルの景気刺激策のなかから64億ドル分を同州にまわすよう申請をおこなった。ハワイ島のおもなプロジェクトは、警察用無線システムのアップグレードに8900万ドル、新たな警察署と消防署に3200万ドル、コナのラアロア・アベニューの延長用に1700万ドル、プナ地区の体育館建設費用として1500万ドルとなっている。ハワイ州としては、全島の家庭への光ファイバーの導入費用が15億ドル、ホノルル空港の維持管理に4800万ドル、マウイのホノピイラニ・ハイウェーの改修に4800万ドル、ハワイ島のクイーンKハイウエーの拡張工事用として6800万ドルが盛り込まれている。

 

NEWS:フアラライでPGAチャンピオンズツアー(2009年1月15日)

三菱電機がスポンサーとなり、フアラライリゾートでPGAシニアツアーが熱戦を繰り広げられる。昨年まではマスターカードが12年間冠スポンサーをつとめた。今年の日程は1月20日がプラクティス・ラウンド、21日と22日がプロアマ。23日〜25日が本戦となる。今年はトム・ワトソン、ギャリー・プレイヤー、ヘール・アーウィン、トム・カイトら往年の名ゴルファーがフアラライ・リゾートに集結する。チケットは一日10ドル、または一週間25ドルで、フアラライリゾートで購入できる。

NEWS:テレビがアナログからデジタルへ(2009年1月14日)

2009年1月15日以降地上波アナログ放送が廃止となり、すべてのテレビ放送はデジタルへと移行する。米国本土では2月17日に切り替わるが、ハワイでは一足早くデジタル放送になる。

NEWS:ハワイ郡、およそ76億円の補助金を州に申請(2009年1月14日)

ケノイ郡知事は合計でおよそ76億円分の補助金をハワイ州に対して申請したことを明らかにした。そのうちのおよそ39億円は西ハワイ(コナ側)、33億円が東側(ヒロ側)となっている。西ハワイの目玉はヘンリー、パラニ、ケアラケヘをつなぐ新たな道路建設であり、同プロジェクトにおよそ14億円が投じられるという。

 

NEWS:コナに自然食店がオープン(2009年1月12日)

コナのオールド・インダストリアル地区にアイランド・ナチュラルがオープンした。同店はヒロに本店がある。様々な自然食品のほか、サラダバーやビュッフェスタイルのホット・デリで食事も楽しめる。

NEWS:メイシーズがマウナラニ店を閉鎖(2009年1月10日)

マウナラニ・ベイ・ホテル内のメイシーズ・コレクションが閉鎖になることが明らかになった。最終便はまだ発表になっていない。

 

NEWS:ハワイ州のガソリン消費量が8.3%減(2009年1月9日)

ハワイ州の調査によれば、2008年度の最初の10ヶ月のガソリン消費量が8.3%減ったことが明らかになった。ガソリン価格の高騰と観光客数の減少によるものと見られている。

NEWS:メイシーズがマウナラニ店を閉鎖(2009年1月9日)

マウナラニ・ベイ・ホテル内のメイシーズ・コレクションが閉鎖になることが明らかになった。最終便はまだ発表になっていない。同店舗はメイシーズの小型版ともいえるもので、リゾートで水着などをおもに販売している。コナやヒロのメイシーズには影響はない。

NEWS:スーパーフェリー、環境アセスメント草案を公開(2009年1月9日)

ハワイ・スーパーフェリーは、義務付けられている環境アセスメントの草案を発表した。内容はほぼ予想通りで、特に目新しいことは含まれていない。カワエハエ港の付近の交差点の混雑が予想されるほか、一般住民の港の利用が制限されることが問題として挙げられている。

NEWS:パラマヌイの開発は順調(2009年1月9日)

ハワイ大学、戸建、コンドミニアム、商業施設を含む、コナ空港北の725エーカーの新規開発は順調に進んでいるという。上水道システムのデザインもほぼ最終段階にはいり、インフラとアクセスに関しても現在郡政府と最終調整を進めている最中だという。2011年には住宅地の一部が完成する見込み。

NEWS:ラナイ島にソーラー発電所完成(2009年1月8日)

キャッスル&クック社はこの度、およそ19億円の建設費を投じて、ラナイ島にソーラー発電所を完成させたことを発表した。同社のソーラー発電所はラナイ島の総電力の30%を賄うことができるという。同社は2020年までにソーラー発電でラナイ島の電力100%を賄う計画を立てている。

キャッスル&クック社は開発業者ともして知られているが、同社の社長であるマードック氏はハワイ州の海外からの原油依存体質に異を唱えてきた。

ソーラー発電所はこれまで農地だった10エーカー(12000坪)に7400枚の発電パネルを設置したもの。

ラナイではこの他に風力発電の大規模計画も進行中だ。

NEWS:ハワイ州によるタートルベイ・リゾートの購入はまとまらず(2009年1月8日)

ハワイ州リングル州知事は、オアフ島ノースショアにあるタートル・ベイ・リゾートを買い取ることを政策の一環として打ち出してはいるものの、ハワイ州による購入オファーは資金不足から、現所有者でらうキャピタル・マネージメントによって拒否されたことが明らかになった。オファー内容は公にされていない。

NEWS:キラウエア火山山頂の噴火が収束へ?(2009年1月8日)

昨年3月より始まったキラウエア山頂のハレマウマウ・クレーターからの噴火が収束へ向かっているようだ。噴火口の温度が冷え、噴石も12月以降確認されていないという。キラウエアは1983年以来噴火を続けており、海側のプウオウ火口からは未だに溶岩が海へ流れ出している。

世界遺産にも指定されているキラウエア火山は、ハワイ島東側にある標高1200mの小さな火山であり、噴火に伴う危険はほとんどない。

ハレマウマウクレーターのウェブカメラは:http://hvo.wr.usgs.gov/cam3/

キラウエアの火山活動の写真アップデートは:http://hvo.wr.usgs.gov/kilauea/update/images.html

NEWS:西ハワイ道路開発事情(2009年1月7日)

最高裁がホクリア・バイパスの訴訟においてハワイ郡寄りの見解を示したうえで、ハワイ郡第3巡回裁判所に差し戻したため、ケアウホウからホナウナウに抜けるバイパス工事が近く再開する可能性が高くなってきた。現在はハワイ郡のイバラ判事の判決待ちとなっている。判決には4ヶ月程度の時間がかかる見通し。バイパスが完成するまでは一時的な策として、ケアラケクアのハリキイ・ストリートとバイパスがつながることになりそうだ。

一方ホクリアバイパスとつながるケアウホウからコナへのアリイ・ハイウェーの開発工事もハワイアンの遺跡問題で中断中。ケノイ新知事は今年の終わりからアリイ・ハイウェーの工事をスタートしたいと話している。

 

NEWS:キング・カメハメハ・ホテルの改装計画(2009年1月5日)

マリオットに転身すると言われている、カイルア桟橋の袂にあるキングカメハメハ・コナ・ビーチ・ホテルの改装が進んでいる。現在は西棟のゲストルームの改装が行なわれており、家具などすべて新しくなるという。ホテル側はそれに加え、政府に対してより大掛かりな改装工事に関する環境アセスメントを提出した。ホテル建物自体の面積は700uほど縮小され、現在の小売スペースは博物館とオフィスとなり、プールを拡張するという。現在2つのタワーをつないでいる商業ロビーは取り壊され、現フロントロビーが拡張される。ホテルの外観もより魅力的に改修されるということだ。総費用はおよそ25億円程度になる見込み。

NEWS:ツールド・フランスのアームストロングがコナでトレーニング(2009年1月2日)

ツールド・フランスで7回優勝している、ランス・アームストロングが、ツールド・フランス復帰へ向け、コナでトレーニングを開始した。癌を克服したことでも知られるアームストロングは米国では有名人だが、著名人が多く訪れるコナでは特に目立つこともないという。

 

NEWS:AP通信が選んだ米国の2008年10大ニュース(2009年1月1日)

AP通信が選んだ2008年度の米国の10大ニュースは以下の通り。

1)大統領選挙

2)景気悪化

3)原油価格

4)イラク問題

5)北京オリンピック

6)中国の大地震

7)パリン副大統領候補

8)ムンバイのテロ

9)ヒラリー・クリントン

10)ロシア・グルジア戦争

 

NEWAのページに戻る

 

 

NEWSバックナンバー: 2007年9月以前 9月〜10月 11月〜12月

           2008年1月〜4月 5月〜8月 9月〜12月

2009年1月〜4月

 
 
Click To Enlarge