Kona, Big Island - Real Estate Website
Kona Fudosan - Hawaii
ハワイ島不動産最新情報
   
Big Island Map - Hawaii Clark Realty Hawaii Visit website -

井尾大介
Daisuke “KAI” Ioh (R)
日本語直通 
808-936-6148

kaihawaii1@g,mail.com

 

 


HAWAII NEWS

ハワイ島不動産市場動向  不動産ニュース

 

ハワイとハワイ島の最新ニュースをどうぞ

ハワイ島西側のニュースを中心にピックアップしています。(翻訳編集 井尾大介)。

最新のローカルニュースはブログに掲載しています。こちらのリンクからどうぞ。

 

 

 

 

 

KAIのホロホロ日記(ブログ)

〜ビッグアイランドの不動産屋の日常〜

 

NEWS

 

2011年以前のローカルニュース

 

NEWS:ワイメアに新たな地ビール(2011年3月4日)
ワイメアに新たな地ビールが誕生した。ビッグアイランド・ブリューハウスはワイメアのタコタコ・レストランの隣にオープンした。オーナーのカーンズ夫妻はタコタコ・レストランも経営している。同氏はマウイのマウイ・ブリューイング・カンパニーを立ち上げたことでも知られ、ビール業界では有名。今後が期待される。

NEWS:ザトウ鯨の観測(2011年3月4日)
ザトウ鯨のハワイへの回遊シーズンに毎年行なわれる、800名のボランティアが4時間に渡り、3つの島で62箇所の地点から鯨の個体数を観測するというもの。正確性には欠けるものの、科学者にとっては大いに参考となる。研究者によれば、毎年1万2千頭のザトウ鯨が子育て、出産のためにハワイに回遊するという。

NEWS:ハイウェー拡幅工事(2011年3月4日)
ハワイ島西側のメインのハイウェーであるクイーン・カアフマヌ・ハイウェーの拡幅工事が4月にスタートする公算が強くなってきた。ホノコハウ・ハーバーからコナ空港までのおよそ9キロの工事となり、現在の2レーンの道路が4レーンになる。工事にはおよそ80名の作業員が雇用されるという。

NEWS:ビニール買い物袋禁止条例決議は延期(2011年3月3日)
ビニール買い物袋を禁止する条例の採択はとりあえず11月まで持ち越しとなった。この理由としては公聴会を各地域で6回開催するために時間が必要であるため。特にヒロ側の4人の議員が採択持ち越しを支持した。

NEWS:ハワイ島予算案(2011年3月2日)
ハワイ島のケノイ郡知事は予算を発表し、固定資産税の増税を取り止めたことを明らかにした。予算案はその他、現在空いている職員はそのまま保留とし、郡職員の自宅待機措置の取り止め、バス料金1ドル徴収などを盛り込み、全体としては昨年より2.6%減の3億6610万ドルの予算となっている。

NEWS:ハワイアン自治政府(2011年3月1日)
ハワイアンによる自治政府策定の試みが連邦レベルで頓挫したことから、ハワイ州が主導となって、自治政府を認める動きが濃厚になってきた。ハワイアンは米国で唯一自治権が認められていない民族となっている。

NEWS:ハワイ州のホテル宿泊率(2011年2月27日)
ハワイ州のホテル稼働率が上がっている。オアフは92%で、昨年同時期を5%上回っている。マウイが87%、ハワイ島が75%でカウアイが69%。

NEWS:マウナケアの30M級天体望遠鏡(2011年2月26日)
ハワイ州土地天然資源委員会はマウナケアの山頂に30M級の世界最大の天体望遠鏡建設を了承した。ただし、保護区域内の建設許可はまだ降りておらず、このための公聴会の開催を決定した。反対派は州を相手取って訴訟を起こす構えをみせている。

NEWS:コスコのヒロ店オープン?(2011年2月25日)
ハワイ島のヒロにコスコがオープンするという噂が広がっているが、これはどうやら噂の域をでないらしい。コスコ側はこれから1年以内にハワイ島に新たに店をだす計画はないことを明らかにした。

NEWS:観光客支出額が大きく増加(2011年2月25日)
ハワイ州の発表によれば、昨年同時期と比較して観光客がおよそ20%も多く支出していることが明らかになった。これで9ヶ月連続で観光客の支出額が2桁の伸びを示している。日本とカナダの観光客が18%増。米国西海岸は12%増。

NEWS:ホノルル生まれのトラが世界へ(2011年2月25日)
ホノルル動物園で生まれたトラの子供3頭が世界に旅立つこととなった。1頭は仙台のヤギヤマ動物園。あとの2頭はテキサスとワシントンDCの動物園に引き取られる。

NEWS:ハワイ州の人口(2011年2月24日)
ハワイ州の各島の人口は次の通りとなっている。オアフ島が95万3207人(+8.79%)、マウイ島が15万4834人(+20.88%)、カウアイ島が6万7091人(+14.76%)、ハワイ島が18万5079(+24.48%)。ハワイ州全体の人口は136万301人でこの10年間で+12.28%。

 

NEWS:ハワイ島の人口変化(2011年2月24日)
連邦政府の国勢調査の結果、2000年からの10年間でハワイ島西側の人口増加が著しいことが明らかになった。人口が最も増えたのはケアアウでおよそ1万1千人増。コナは9千300人増。サウスコハラが4千500人増。コナの人口は2000年の2万8543人から2010年には3万7875人になった。サウスコナを含めて焼く4万8千人の人口となる。サウスコハラの現在の人口は1万7627人。ヒロは4万5714人でコナがヒロをこえた計算となる。ハワイ島の総人口は18万5079人で、この10年で24.48%人口が増えた。

NEWS:ハワイ島の亜硫酸ガスレベル改正(2011年2月22日)
ハワイ州は連邦政府の亜硫酸ガス測定方法に合わせ、キラウエア火山から排出される亜硫酸ガス濃度の警告レベルを6段階とした。ホームページはこちら。

NEWS:ハワイ州の2011の景気動向は上向き(2011年2月19日)
ハワイ州の発表によれば、2011年の成長率は前年を2%上回るという。これは2010年の1.4%を越える数字だ。観光客数は順調に伸びており、今年は4%増の730万人を予測している。過去最高は2007年の760万人。観光客の支出額も9.2%増加すると見込まれている。また住宅着工額も32.5%という大きなのびをみせており、建設業界の景気も上向きだ。

 

NEWS:ハワイアン航空が大阪・ホノルル便(2011年2月15日)
ハワイアン航空は日本政府の許可が下り次第、ホノルルと大阪を結ぶ便を就航させる意向と発表した。同社は7月12日を運行開始日として予定している。ハワイアン航空はこの一年で羽田と韓国の便を就航させている。

NEWS:ヨットハーバーの駐車料金問題(2011年2月14日)
ハワイ州がホノコハウハーバーに駐車料金を設けることを検討していることに対し、地元からは反対の声が上がっている。州はハーバー内のビジネス従業員に対して一ヶ月90ドル。ボートオーナーに対して25ドル。そしてその他の利用社に対しては24時間で10ドルの駐車料金の導入を検討している。これに対してチャーターボートオーナーなどが反対している。

NEWS:キラウエアの溶岩だまりが上昇(2011年2月13日)
キラウエア火山国立公園によれば、溶岩がキラウエア山頂のハレマウマウクレーターからわずかおよそ71メートルに迫っていることが明らかにされた。2009年にハレマウマウクレータから溶岩が確認されたが、その際は200メートルだった。溶岩の上昇はこの数日に起きたもの。4日前はおよそ100メートル強だった。昨年11月から80メートルほど上昇している。この現象がどのような結果をもたらすかについては、分からないと言う。

NEWS:ハワイ州の8200人分の雇用増加(2011年2月13日)
ハワイ大学の調査によれば、2011年のハワイの雇用創出は8200人分にのぼるという。雇用の増加は2007年以来のこと。

NEWS:バニヤンズに駐車場(2011年2月11日)
昨コナの有名サーフスポットバニヤンズに17台分の駐車場がお目見えする。現在は波が良い日には、多くの違法駐車が問題となっている。ハワイ郡はホルアロア湾の北側に12万4千ドルかけておよそ一ヶ月で駐車場を建設するとしている。

NEWS:コナワエナ高校女子バスケットボールチーム優勝(2011年2月10日)
コナのコナワエナ高校の女子バスケットボールチームが州大会でオアフのプナホウ高校を制して優勝した。同チームはこの8年で4回優勝している。

NEWS:選挙区の見直し(2011年2月4日)
昨ハワイ郡の人口が2000年から2009年で3万人以上増え、およそ18万人になっていることを受け、ハワイ郡議会は選挙区境界線の見直しを検討している。この中でヒロの議員2名が反対している。現在は郡知事が指名した委員会が選挙区の見直しを行なうことになっているが、今回の決定は住民などの意見を取り入れていこうというもの。長年ヒロ重視で政治が行なわれてきたことを受け、ヒロ側は新たな方式に反対している。

NEWS:海岸線保護(2011年2月3日)
昨ハワイ郡内の海岸線を保護する観点から、ハワイ州が保有する土地において、海から600mの開発を一切禁止する法案が提出されている。私有地は含まれないが、将来的には私有地においてもこうした動きが見られるかもしれない。

NEWS:コナコーヒー収穫量が減少(2011年2月3日)
旱魃と害虫により今シーズンのコナコーヒーの収穫量はおよそ360万キロで昨年よりもおよそ35万キロ減少すると見られている。コナコーヒーの作付面積は8千エーカーで、これは変っていないという。1エーカーあたりの収穫量は平均で560キロで昨年よりもおよそ60キロ少ない。

NEWS:カウアイで郡職員の自宅待機が解除(2011年2月1日)
昨年から続いているカウアイ郡職員の月2回の自宅待機措置が解除された。今月から施行され、年内の自宅待機措置はすべて無効となる。この自宅待機措置により、230万ドルの予算削減となる見込みだった。

NEWS:ビニール買い物袋規制(2011年2月1日)
昨年廃案となった買い物袋規制法案が再度浮上した。マウイとカウアイではすでにビニール買い物袋が禁止されており、ハワイ島もそれに倣おうというもの。マウイとカウアイはこの件で連邦環境保護局から表彰されている。

NEWS:2010年ハワイ島トップニュース(2010年12月27日)

ウェストハワイTODY紙が選んだ今年のニューストップ10は次の通り。

1)ハワイ州知事選:民主党のアバクロンビーが勝利

2)ハワイ郡の予算不足

3)ハワイ郡議員選挙

4)学校教員自宅待機制度の取り止め

5)コーヒーノキクイムシ問題

6)中間ハイウェーの建設(現在の山側と海側の間)

7)ホクリア問題は続く

8)カマカナ住宅地建設

9)オオマ建設計画と頓挫

10)病院経営陣の交代と財政問題

NEWS:オバマ大統領のハワイ入り(2010年12月24日)

オバマ大統領一家がハワイ入りし、新年まで過ごす予定。宿泊先はオアフ島カイルアの高級戸建。

NEWS:ハワイ州の成長率(2010年12月22日)

国勢調査の結果、ハワイ州は全米他州と比較して、大きく人口が増加していることが明らかになった。この10年で123万人から136万、12.3%増加し、これは全米平均の9.7%を大きく上回っている。しかし、全米議会での議席を獲得するにはいたっていない。議席はおよそ70万人に対して1議席となっている。

NEWS:ハワイアンによる自治政府?(2010年12月22日)

ハワイの先住民であるハワイアンは連邦政府がハワイアンによる自治政府を認める議決を行なわなかったことから、独自に政府を設立する構えを見せている。以前の試みでは10万人以上の署名を集めたことから、今回はそれを上回ると見られている。こうした署名と実績を元に連邦政府にハワイアンによる自治政府を認めさせたいと考えている。米国の先住民で自治権を認められていないのはハワイアンだけ。アラスカやインディアン系の先住民はすでに自治権を獲得している。アカカ法案として知られている、ハワイアンの自治に関する法案は連邦議会で今年は議決が行なわれず、来年度も棚上げされることが見込まれている。

NEWS:アバクロンビー知事増税回避を明言(2010年12月21日)

これから2年半で8億4千万ドルの税収不足が見込まれているハワイ州だが、新知事は消費税(GET)の増税は行なわないと明言した。しかし、どのように税収を上げるのかについては言葉を濁した。

 

NEWS:ヒロのCブリューワー邸が950万ドルで売り出し中(2010年12月21日)

ハワイの5大砂糖メーカーだったCブリューワーの本部でもあったCブリューワービルディングが売りに出された。10エーカー以上の敷地を持つ物件はヒロのオーシャンフロントに立つ、歴史溢れる有名不動産。2001年に同社が解散した後、同社のオーナーが個人的に会社から買い取ったもの。商業ゾーニングなので、リゾート建設も可能と見られ、ポテンシャルが高い。特に今後ヒロに米国本土からの直行便が増えると見込まれているため、投資家にとっては面白い物件となるだろう。

物件のリンクはこちら。

NEWS:ハワイ島の不動産市場は復調へ(2010年12月19日)

ハワイ島の不動産中値は2010年は5,8%下落したが、取引件数と取引総額は大きく前年度を上回った。戸建の取引件数は21%増、取引総額は25%増だ。2010年最も動きが顕著だったはコナ。

 

NEWS:コンチネンタルがヒロとLA間を就航(2010年12月16日)

コンチネンタル航空はヒロ-LAとヒロ-サンフランシスコ便を夏から就航させることを発表した。ヒロ−ロス便は毎日。ヒロ−サンフランシスコ便は金曜日のみ。

NEWS:有名サーススポットに新たな建設?(2010年12月15日)

ハワイ島でも有名なサーフスポット、ライマンがある、ホルアロアベイに4階建てのコンドミニアム建設計画が進んでいる。先週行なわれた公聴会にはおよそ100名のサーファーを含むローカルが出席し、反対の声をあげた。16ユニットで4階建てのマンションになる予定だが、正式なハワイ郡開発委員会の公聴会は2月まで棚上げされた。

NEWS:コーヒーの害虫問題(2010年12月14日)

Coffe Cherry Borer、コーヒーノキクイムシがコナで発見されたことを受け、ハワイ州では加工前のコーヒーの豆の移動を制限することを決定したが、この度、同害虫の天敵となるカビが存在することが分かった。世界中のコーヒー農園でもつ買われているというこのカビはコナにすでに存在するということで、期待が寄せられている。

 

NEWS:マカレイ消防署(2010年12月9日)

900万ドルを投じていよいよコナの北側にマカレイ消防署の建設がスタートしそうだ。今月23日入札基準を発表し、2月には施工業者を決めたいと消防署長は話している。

NEWS:ハワイのホテル宿泊率は上昇トレンド(2010年12月9日)

10月のハワイ州のホテル宿泊率は70.9%で前年同時期よりも4.5%も高かった。

NEWS:ボルケーノハウスはいまだに宙ぶらりん(2010年12月8日)

キラウエア国立公園内にある、ホテルとして有名なボルケーノハウスのリースが切れたことを受け、この1年間閉鎖されている。連邦政府は現在ホテルの耐震工事をおこなっているが、夏には完了する見通しとなっているものの、未だにホテル業務の委託先が決まっていない。新たなないたく先がレストラン、ラナイなどの改装をおこなって2011年にオープンすることとなっている。当初は総収入の12.5%を国立公園に支払うことが条件だったが、現在は9%に下げられているという。レストンやホテルの改装までも委託先に求めるのはやりすぎだとの声もある。いずれにせよ、委託先がきまってから改装には最低6−9ヶ月はかかることが見込まれており、まだ時間がかかりそうだ。

NEWS:ホノルルの鉄道を巡って(2010年12月6日)

議論がつきないホノルルの鉄道建設だが、新たに財政不足をしてきする報告書が公にされたことが物議を醸し出している。報告書によれば、鉄道建設費用はおよそ17億ドル不足することが指摘されている。それに対して現ホノルル市長のカーライル氏は、このような調査は税金の無駄と切り捨て捨てた。不況によって税収の伸びが鈍化しているため、鉄道建設が危ぶまれると報告書は述べている。

NEWS:コナのクリスマスパレード(2010年12月4日)

毎年恒例のコナのクリスマスパレードが今月11日午後5時からアリイドライブで開催される。ウェストハワイトゥディ社前からココナッツグローブまで、およそ60の団体がクリスマスのテーマに着飾ってパレードを行なう。マウナラニベイ・ホテルでは、クリスマスツリーコンテストが8日から始まる。1ドルで投票できる。様々なボランティア団体がホテルのロビーにクリスマスツリーを設置している。

NEWS:オオマ開発は実現せず(2010年12月3日)

ハワイ州土地利用委員会は、空港南の海岸線およそ300エーカーの土地のゾーニングの変更を認めない決定をくだした。将来的に空港が拡張された後に、問題が生じるとの見解が主な理由。この土地の海岸線はパインツリーと呼ばれる地元では有名なサーフスポット。

NEWS:ホクリアバイパスの保証金(2010年12月24日)

ハワイ郡は開発が停止しているホクリアに対して。道路建設用の保証金3500万ドルを郡の裁判所に引き渡すよう求めている。保証金をあつかっているイリノイ州のアメリカン・モータリスト・インシュランスはこの様なケースは極めて異例で、保証金のこうした扱いはできないとした態度をとっており、現在は解決の目処が立っていない。この保証金はサウスコナバイパスの未完成部分の建設費に使われる。

NEWS:ハワイ島でもクリスマスツリーの販売開始(2010年12月2日)

今年もクリスマスツリー用のモミの木の販売がスタートした。毎年販売しているホームデポも、今年も完売を予測している。150センチが22ドル。180〜210センチが37ドル。Kマートが500本、ウォールマートでのモミの木を注文済みだという。米国のモミの木の生産州トップ3は、オレゴン、ノースきゃろらいな、ミシガン。180センチに成長するにはおよそ15年かかるという。

NEWS:一般保証債が棚上げ(2010年12月1日)

一旦は可決された5600万ドルのハワイ郡一般保証債が棚上げされ、新しい郡議会の判断に任されることとなった。新議長に就任したヤゴン氏は来年度の経済の見通しを見極め、再度公聴会を開いた後に決定したいと話している。

NEWS:サウスコナの警察署建設が暗礁に(2010年11月24日)

期待されているサウスコナの警察署の建設プロジェクトが暗礁に乗り上げている。当初よていしたいた1500万ドルの建設費ではまったく足りないことが明らかとなり、計画の遅れは避けられない状況だ。新たな試算によれば、3500万ドル〜4000万ドルかかる見通しだという。建設予定地の傾斜が急なために建設費が嵩むのが、今回の大幅な予算オーバーの理由。

NEWS:ハワイロータリークラブが感謝祭ギフトをアフガニスタンに(2010年11月23日)

ハワイのロータリークラブはハワイ州をベースにしている海兵隊第2大隊に対して、サンクスギビングのプレゼントを贈った。アフガニスタン内の所在地は明らかにされていないが、およそ650キロ分の生活物資や日本のお煎餅やリヒンムイとローカルが呼ぶ梅干をベースにしたお菓子などがはいっているという。

NEWS:マウイでマグネチュード4.6の地震(2010年11月23日)

マウイのワイレアを震源地とするマグネチュード4.6の地震があり、ホノルルでも揺れが観測された。震源地はマウイのワイレアの16キロ南。

NEWS:コナコーヒーフェスティバルの優勝コーヒー(2010年11月20日)

今年もコナコーヒーフェスティバルの一環で、もっとも美味しいコーヒーを選ぶカッピングコンテストが行なわれ、ホルアロアのブッダズ・カップが優勝した。今年は60の農園が参加して行なわれ、16が優秀賞を獲得。2位がキャプテンクックのクアイヴィ・ファーム、3位はホルアロアのブレイゼン・ヘイゼン・コナコーヒーだった。参加者はおよそ25キロのコーヒーをサンプルとして出品し、それをブラインドテストで審査員が審査する。

NEWS:元ハワイ大学のスターフットボール選手が交通事故(2010年11月20日)

2006年にハワイ大学を無敗シーズンに導き、その後プロとしてドラフトされた、コルト・ブレナンがコナ空港北で自動車正面衝突事故にあい、ホノルルの病院に搬送された。ブレナン先週は第6順でNFLのレッドスキンズにドラフトされたが、相次ぐ怪我のため、今年はシーズン直前にチームからリリースされた。

 

NEWS:教育委員会が給食値上げを却下(2010年11月19日)

ハワイ州教育委員会は、公立学校の給食費の値上げを却下した。現在昼食1食が2ドル20セント、朝食が95セントで、これを2ドル23セントと1ドルに値上げする提案だった。給食費は昨年まで1ドル25セントと60セントだった。

 

NEWS:ハワイ郡議会(2010年11月17日)

ハワイ郡(島)議会はこの度、2つの懸案事項を可決した。一つはパラニロード沿いの大規模開発、カマカナ・ビレッジの開発。そしてもう一つは5600万ドルの一般保証債。これによってこの2つが2011年に動き出し、ハワイ島経済の牽引役になることが期待されている。

 

NEWS:電気会社職員を名乗り、詐欺(2010年11月17日)

ハワイ・エレクトリック・ライト・カンパニー(HELCO)は、同社の職員と名乗り、個人情報を聞き出す詐欺がおきていることを認め、利用者に対して注意を促した。

 

NEWS:コナのカヌークラブ建設が再開(2010年11月16日)

15年間建設が中断していた、コナのオールドエアポートパークにある、カヌークラブの建設が再開する見通しとなった。12月21日までに完成を目指す。

NEWS:ホノルル市がバスを24台購入(2010年11月10日)

ホノルルのカーライル市長は、1台43万5千ドルでクリーンディーゼル・バスを24台購入することを発表した。ボルボの子会社が製造しているバスは全長12メートルで、長い目でみれば経済効率が優れているという。

 

NEWS:サウスコナの警察署(2010年11月6日)

長年検討されてきたサウスコナの警察署建設のプロジェクトが一歩先に進んだが、先はまだ長い。郡は最終環境アセスメントを発表したものの、1700万ドル必要な予算に対して来年度はたった100万ドルしか認められないという。建設にはおよそ1年4ヶ月かかる。建設予定地は現在のキャプテンクック消防署の隣。

NEWS:ハワイ郡議会は西よりに?(2010年11月5日)

今回の中間選挙によって顔ぶれが変ったハワイ郡議会は議長を据え変えることによって、問題に対処するようだ。これまで東側(ヒロ)に近かったカウとプナ地区の現職が落選したことを受け、ハマクアの現職ヤゴン議員は西側議員と会合を開いて今後の動き方を模索した。会合の内容は明らかではないが、ヤゴン議員がヒロのヨシモト議員から議長席を譲り受けることになるとの見方が強く、西寄り(コナ)の政策が施行されると期待されている。

NEWS:オアフのパールリッジ・ショッピングセンターが売却(2010年11月4日)

ブラックストーングリムチャーのジョイントベンチャーがこの度ハワイ州で2番目に大きなショッピングセンターである、パールリッジを1億7500万ドルで購入したことが明らかになった。同ショッピングセンターはこれまでノースウエスタン・ミューチュアルが保有していた。このショッピングセンターは99%の入居率を誇り、リース料は1平方フィートあたり500ドルという(1平方フィートは0.028坪)

NEWS:観光者数は好調(2010年11月4日)

夏の観光シーズンの余波を受け、ハワイ州の観光客数は好調だった。前年同月比では、今年の9月は観光客数は8.9%増で、消費額も22.2%延びた。もっとも観光客数が伸びたのは米国西海岸からで、13.5%の伸び。カナダからも13.3%の伸び。日本から観光客は0.4%減となっている。

NEWS:ハワイ州の失業率がダウン(2010年11月4日)

9月の失業率は6.3%で、8月の6.6%からダウン。また前年よりも1%下がった。全米で前年より失業率が下がった都市は212都市。

NEWS:ハワイ州は民主党が圧勝(2010年11月3日)

2日に行なわれた中間選挙の結果、ハワイ州では民主党が共和党議席を奪い取る結果となった。焦点を集めた知事選挙は、民主党のアバクロンビーが共和党で現副知事のデューク・アイオナを破った。連邦下院選挙でも、民主党のハナブサが共和党のドジュウを下し、連邦上院選挙では現職ダニエル・イノウエが9度目の再選を果たした。ハワイ州の投票率は56%で全米で低い水準にある。

NEWS:テックス・ドライブインがコナにオープン(2010年10月31日)

ホノカアの名物店、テックス・ドライブインがコナのコピコ・プラザに11月の終わりから営業を開始する。1969年にホノカアでオープンしたテックスは、ローカルフードの他、マラサダスが有名。

NEWS:コナのシビック・センターは予定通り(2010年10月26日)

およそ50億円かけて現在建設がすすめられている、コナのシビックセンターは予算内で順調に進んでいるという。コナの市役所とも言えるシビックセンターは、1月の中旬から郡知事オフィスが移転し、その後順次ハワイ郡のオフィスが移ってくるという。最終的にはハワイ郡の22課が同シビックセンター内に入ることになっている。

NEWS:ハワイ州の失業率ダウン(2010年10月22日)

連邦労働省の統計によれば、州内の9月の失業率は0.1%前月より減少し、6.3%とだった。前年同月比では、0.7%減。全米の失業率9.7%と比較してハワイは失業率が低い。

NEWS:今シーズン最初のザトウグジラが到着(2010年10月21日)

マウイの西側で今シーズン最初のザトウクジラが確認された。ザトウクジラは毎年出産、子育てのためにハワイを訪れる。

NEWS:ハワイ郡による一般保証債(2010年10月20日)

ハワイ郡は公共工事の財源として、一般保証債をおよそ50億円程度分発行することを検討している。これが認められた場合には、そのうちのおよそ4割がコナのプロジェクトに使われる予定だ。現在予定されている工事は、16億円程度がラアロア・ロードの延長に、3億がカロコの住宅プロジェクト、7億円程度がワイオヒヌのゴミ処分場、など

NEWS:コナのゴルフコースに補助金(2010年10月19日)

ハワイ郡はこの度、コナ側のゴルフコース2つに対して補助金を認可した。これによってハワイ島の住民は、マカレイ・ゴルフコースとワイコロアビレッジ・ゴルフコースは25ドルでプレーが可能となる。ヒロのパブリックコースでは平日12ドル、週末17ドルでプレーができ、公平さを期すための措置だという。

NEWS:ミス・コナコーヒーコンテスト(2010年10月18日)

容姿の美しさだけなく、教養や特技も含めて競われる、ミス・コナコーヒーコンテストが今年も行なわれる。今年は11月6日にケアウホウ・シェラトンで10名が7時半からの大会で美女の戦いを繰り広げる。

NEWS:コクア・カイルア、アリイドライブ歩行者天国(2010年10月15日)

10月17日はアリイドライブが1時〜6時まで閉鎖され、出店やイベントが行なわれる。

今回の目玉は、アリイドライブ沿いに新しく設置されたハワイアンカヌーを模した標識。カメハメハ大王のヘイアウ、モクアイカウア協会、フリヘイパレスなどの史跡に設置された。次回の歩行者天国は11月21日。

NEWS:知事候補による討論会(2010年10月15日)

ハワイ島におけるハワイ州知事候補による討論会がケアラケヘ高校にて10月18日に行なわれる。11月2日の総選挙を前にして、民主党のアバクロンビーと共和党のデューク・アイオナが討論を行い、質疑に答える。

NEWS:マウイでビニール買い物袋が禁止に(2010年10月15日)

マウイでは来年1月11日以降、商店が買い物袋としてビニール袋を渡すことが違法となる。これは生肉以外すべてに適用され、違反者は初反が500ドルの罰金。それ以降は一日につき500ドルの罰金が課される。

NEWS:飲酒運転による死亡事故はハワイ郡が最高(2010年10月13日)

ハワイ州の調べによると、2000年から2009年の飲酒運転事故による死亡者はハワイ郡が171で、州内ではトップであった。今年の死亡事故、22件のうち、10件は飲酒運転に起因しているという。

NEWS:ハワイ郡知事のテレビ番組(2010年10月13日)

ケノイハワイ郡知事は、先週から「ケノイ知事の今週」と名打った30分番組を毎週日曜日午後7時から53チャンネルでスタートした。ケノイ知事はこの件に関しては新たな費用負担を住民に求めないことを約束したが、およそ1万8千ドル程度の費用がかかっていることが判明。物議を醸し出している。知事は知事室の予算からだしているので、問題ないと話している。

NEWS:ハワイ州の観光業界は回復の兆し(2010年10月12日)

ホスピタリティ・アドバイザー社のこの度の調査によれば、ハワイ州内のホテルの平均宿泊率は75.7%で、昨年同時期よりも6.3%上昇したことが明らかになった。また宿泊料も前年度よりも1.8%あがり、一泊181.49ドルとなった。

NEWS:アイアンマンの覇者はマコーミックカーフレイ(2010年10月10日)

9日に行なわれたアイアンマン世界大会は男子がオーストラリアのマコーミックが8時間10分で優勝。女子もオーストラリアのカーフレイが8時間58分で優勝。オーストラリア勢が強さを見せた。ハワイ島出場者のトップはデラトレで9時間52分。

NEWS:ハワイ州のメバチマグロが漁獲制限(2010年10月7日)

本年度のメバチマグロの漁期は11月19日までだが、どうやらその1ヶ月前に漁獲制限に達する見込みとなった。ハワイより西側の太平洋中西部の漁獲制限は3763トンで、6日までにすでに3057トンが記録されているという。ハワイより東側ではまだマグロ漁を行うことができるが、海流の関係により、東側ではあまりマグロは獲れないという。空輸のマグロは色保持のために一酸化炭素が使われているため、ハワイのローカルはハワイの海で獲れたマグロを好む。

NEWS:銃による死亡率はハワイが最低(2010年10月7日)

全米の調査の結果、ハワイ州は銃による死亡率と銃所有率が全米で最も低いことが明らかになった。銃による死亡率が最も高いのはルイジアナ、ミシシッピー、アラスカ、アラバマ、ネバダ州の順。最も低かったのはハワイ、ロードアイランド、マサチューセッツ、コネチカット、ニューヨークの順。

NEWS:異人種間結婚はハワイ州が最高(2010年10月7日)

連邦国勢調査の結果、ハワイ州の結婚の3分の1は異人種間結婚であることが明らかとなった。これは全米でもっとも高い比率で、次がアラスカ州。オクラホマ、ニューメキシコ、ネバダが3位以下に続く。逆に最も 異人種間結婚の比率が最も低かったのは、ペンシルバニア、メイン、ケンタッキー、ミシシッピー、ウェストバージニアの順。

NEWS:リングル知事が連邦上院選挙に出馬?(2010年10月5日)

今年で任期が切れるリングル州知事は2012年の連邦上院議員選挙に出馬することを検討している。現職の民主党アカカ上院議員が高齢であることから、この席を狙っている。

NEWS:オオマ開発は賛否両論(2010年10月5日)

NELHAの南隣に開発が検討されているオオマ・プロジェクトに関する公聴会がワイコロアで開かれる。オーナーのモレスコ氏は当初高級住宅地開発を計画していたが、NELHAと空港に近いことから、住宅地と商業施設を含むミックス開発を推し進めようとしている。302エーカーの同プロジェクトには900-1200戸の住宅が建設され、このなかには廉価住宅も含まれる。開発反対派からは、同氏は地目変更を行なって売却するのが目的だとの声も上がっており、この計画が実現するのかどうかは未だ未確定だ。

NEWS:アイアンマン世界大会に伴う交通規制(2010年10月2日)

10月9日のアイアンマン世界大会に伴い以下の交通規制が敷かれる。

  • 270号はカワイハエ・ワイメアジャンクションからハヴィまで8時から3:30まで閉鎖
  • 19号線はカワイハエ・ワイメアジャンクションからNELHAまで7時〜5:30まで閉鎖
  • 19号線のNELHAからヘンリー間は7時〜真夜中まで閉鎖

そのほかコナの街中は多くの交通規制が敷かれる予定。

 

NEWS:コナの新しいファーマーズマーケットに反対の声(2010年10月1日)

改装が終わったキングカメハメハ・ビーチホテルの芝生で毎週水曜日の9時〜2時までファーマーズマーケットが新たに開催されているが、これが地元上店主から不評を買っている。9月22日にスタートした同ファーマーズマーケットが不評を買っているのは、水曜日に大型客船が入ってくるからだ。地元商店主にすれば、景気がただでさえ悪い中、水曜日にカイルア桟橋のすぐ前でファーマーズマーケットを開催することによって客足が大きく減ることになる。 

 

NEWSバックナンバー: 2007年9月以前 9月〜10月 11月〜12月

           2008年1月〜4月 5月〜8月 9月〜12月

 2009年1月〜4月 5月〜10月

2010年3月〜6月   

 

 
 
Click To Enlarge