火山アップデート

あろは!

無事に63万9ドルのコナの売り物件、成約となりました!~

最近は5月3日からのキラウエア火山の噴火でどうもイメージがよくありませんね。

キラウエアは1200Mの小さな山で1986年からずっと噴火していますので、今に始まったことではありません。
これまでもカラパナの住宅地を飲み込みましたし、急に起きた現象ではないのです。

ハワイ島を知らない方には色々と説明しづらいので、地図をどうぞ。

ハワイ島は四国の半分くらいの面積です。

西側の緑の〇がコナ。東側の赤が今溶岩ででているレイラニエステーツ(プナ地区)です。

我々不動産業者は火山のリスクを告知しなければなりません。下は活断層の地図。

キラウエアから海に向かってオレンジが活断層で、今回も2年前もこの割れ目から溶岩がでています。

残念ながら、このオレンジの地域は10段階で一番危険な「1」の地域なのです。

だからといって、家が燃えてよいわけではありませんが、コナやヒロの住宅地に溶岩が出ている訳ではないわけです。不動産価格も20倍~100倍以上違います。

そして西(コナ)と東(ヒロ)の間には4000mを超える高い山が2つ間にあります。

早く収束ことを祈っていますが、こればかりは自然のことなので、どうにもなりませんね。

ハワイ島は全部危ないような話がでていますが、そのようなことはありません。

地震も地盤が固いので、コナはほとんど揺れません。少なくとも私は一切感じないです。

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.