今週のローカルニュース:2017年8月6日~12日

日本に行っていた関係でしばらくお休みしておりました!

2017年8月6日:ハワイ郡議員の出張費
ウェストハワイTODAY 紙の調べによれば、ハワイ郡議員による出張費は最初の7か月で58,453ドルにのぼり、これは過去の議員による出張費の平均の二倍だという。2年任期の最初の7か月でこの額は多いとの批判もあるが、議員達は重要な公務であると話している。議員はハワイ郡発行のクレジットカードにこうした公費をつけるのが主だが、昨年は前ハワイ郡長の公費不正使用問題が裁判に至った。一方現職キム郡長はほとんどハワイ島を出ることなく、出張費の平均は毎月486ドルにとどまっているという。

8月7日:キム郡長が地熱発電による健康被害に関する研究をキャンセル
キム郡長は、カリフォルニア大学バークリー校とハワイ大学による、およそ100万ドルの地熱発電に関する研究依頼をキャンセルしたことを明らかにした。これは地熱発電による健康被害と硫化硫黄の拡散についての研究となるはずだったが、キム郡長はこうしたガスなどの研究被害は過去の問題から明らかとして、研究を取りやめた。ハワイ郡では1990年代にプナの地熱発電施設からガスが漏れ、住民に健康被害をもたらしたとされている。この事故を受けて、ハワイ郡はプナ地区と住民を立ち退かせるための基金を設置した。最近この基金はプナ地域全体のインフラ向上にも使用することができることになり、議論も的になっている。

8月7日:マウイで太陽観測所への抗議集会
マウイのハレアカラ山の山頂に建設される太陽観測所に反対するデモがエスカレートし、6名が逮捕された。デモ隊は、観測所の機材を運ぶトラックなどの通行を妨げたために逮捕されたという。4mの望遠鏡は無事に山頂に到着し、2020年完成にむけて、観測所の建設が進められている。ハワイアンの一部は聖なる山、ハレアカラへの建設に反対している。

8月9日;ヒロ・ハッティー
2015年倒産した、大型ハワイ土産屋のヒロハッティーだが、その後更生し、来月からコナで新規に店をスタートするという。2015年まではコナのバーガーキング横に大型店舗を構えていた。今回はその15分の1の店舗面積で、場所はコナイン・ショッピングビレッジ内になるという。ヒロの大型店舗も閉鎖されたが、ヒロ・ハッティーはヒロへの出店も計画しているという。現在ハワイ島以外の主要な島には出店している。

8月10日;ハワイ島の降水量
今年はハワイ島東側と北部で雨が少ない状態が続いている。ヒロからハマクアにかけては例年の半分以下から半分程度の降水量。唯一ほぼ例年並みはコナのコーヒー・ベルト地域だという。

8月10日:ガソリン税
今月から始まったガソリン税の増税により、ハワイ郡は460万ドルの追加税収を見込んでいる。ガソリン税による収入は道路の補修、道路の建設、公共交通、道路安全政策に使われることになる。この増収を受けて今年は多くの道路補修が予定されている。コナでは、ヒナラニ・ストリートとルナプレ・ストリートの再舗装が予定されているという。

Comments are closed.