コナ(ハワイ島)不動産2015年総括

あろは!

うかうかしているとあっという間に2017年になってしまうので、まずは2015年のハワイ島不動産市場の総括を記します。

取引件数は概ね前年比プラスです。

戸建て

コンドミニアム

土地

ハワイ島全体

1884+6.74

658+2.02%)

1571-2.00%)

ノース・コナ

455+4.36%)

375+1.90%)

151-16.11%)

サウス・コナ

81+32.79%)

6

62(+1.64%)

ノース・コハラ

45-27.42%)

45-4.26%)

サウス・コハラ

280+19.66%)

210-3.67%)

66+10.00%)

ヒロ

287+4.37%)

63+14.55%)

121+27.37%)

次に不動産の中値です。

戸建て

コンドミニアム

土地

ハワイ島全体

$328,500

+4.29%

$275,000

(-1.79%)

$27,500

+0.73%)

ノース・コナ

$560,000

+1.86%)

$265,000

+2.12%)

$340,000+10.30%)

サウス・コナ

$375,000

+4.17%)

$243,500

$100,000

-35.48%)

ノース・コハラ

$630,000

+18.31%)

$239,000

-11.15%)

サウス・コハラ

$485,000

+7.78%)

$453,000

-4.03%)

$237,000+6.74%)

ヒロ

$315,000+15.81%)

$110,000+14.55%)

$162,500-1.52%)

ワイコロア、マウナラニ、マウナラニ、マウナケアの各リゾートはサウス・コハラ地区に含まれます。

コナに関していえば、昨年は戸建ての取引件数が+4.36%、中値が+1.86%と2014年ほどは伸びませんでしたが、市場は上向きといった感じです。

年末の米国の利上げ、世界株式市場の混乱、円高傾向と、2016年になって色々な憶測も飛び交っています。
原油安の影響もあり米国消費は堅調ですし、金利もまだ安く、失業率も低いので、全体の流れとしては米国およびハワイ不動産は引き続き昇り基調と 考えてよいのではないかと思っています。
2-4%程度の上昇率が安心できる範囲でしょう。

個人的には、2015年は過去最高の年となりました。取引実績のあった全ハワイ島不動産エージェント内、年間売上高は26位でした。全体のおよそトップ3%という有難い結果でした。
12億円の物件も売らせて頂きましたし、マンゴー園つき邸宅など、また面白い物件を扱うことができました。プライバシーの面もありますので、不動産取引は全て公に出来るわけではありませんが、今後もなるべくご紹介できればと思っています。

しばらく病気などで仕事を休ませていただいていたにも関わらず、よい結果が残せたのは、ひとえにクライアントの皆様のお陰です。

どうもありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

KAI

Comments are closed.