不動産Eニュースレター

あろは!

うーん。なかなかうまくEニュースレターが配信できず、ちょっと凹んでおります。 文字化け問題がうまく解決できないのです! 技術担当がアメリカ人だと、本当にこういう問題は厄介ですね!米国人は特に多言語ということに関して非常に理解がない! やはり世界で英語が使われているという弊害でしょうね。

今時文字化けなどないと思うのですが。。。なぜかうちの会社が使っているシステム(サザビーズを含む)は日本語対応でないものが多く、非常にストレスフルなのです。

ということで、実は大分前に翻訳は終わっていたのですが、配信問題でお蔵入りしかけていました。 今朝ちょっと良い知らせがきたので、急に元気になっています。これまでの失われた時間を返して欲しいところですが、これでうまくいけば、とりあえずはハッピー!💛

Eニュースレター7月号は下の写真をクリックください。 写真を見るだけでもハワイ情緒たっぷり。

HPの刷新も遅れており、頭が痛いところです!

近い将来に何か変わるはずです!きっと。そう信じています。お楽しみに!

8月号はちゃんと配信できるとよいのですが!!!

 

 

空が綺麗! :)

あろは! 日本のお盆もいよいよおしまいですね!

さて、ハリケーンヘクターとともにハワイ島を離れ、一週間ほど留守にしておりました。

そして、飛行機でコナに戻ってきたわけですが、窓からの景色が、5月、6月(毎月どっかに出張しています)に戻ってきた時とは何かが違う。もしかして。。。 そうです!

VOGがない。

空港のテント(入国審査)を出たら、空がきれいじゃないですか!

これが当たり前なのですが、90日見ないと感動するものですね!

VOG(ボグ)とは火山性スモッグのことで、5月の噴火からコナを悩ませてきたものです。 貿易風がフアラライ山(2500M)と4000Mの山で遮られるコナは、いったん海に出た火山のガスが回り込んでくるのですね。はい。

いわゆるPM2.5のようなものです。5月からずっと50-110くらいの値だったPM2.5が、現在コナは17。

ちなみに今、NYは66、LAは57、東京33 ですから、まあ、悪い時でも無茶苦茶悪いわけではなかったのですが。

北京のあたりが150くらいですね。

まだ終息宣言はでていませんが、またもとの溶岩チョロチョロ状態に戻ってくれることを期待しています。観光資源としては溶岩は必要ですし、やはり溶岩が流れているというロマンあふれるハワイ島が大好きです。

 

 

ハリケーン・ヘクター

あろは!

ヘクター君が近づいていますね。

ハワイ付近ではカテゴリー4ですから、かなり強いです。というより強大です。

明日の夕方の予想。これはWINDYというアプリ(無料)なのですが、かなり優れもの。 皆さんも是非インストールすることをお勧めします。

ヘクター君。ハワイ島よりビッグ。

南を通過するようです。

まあ、コナは4000mの山々に守られて大丈夫だと思いますが、ヒロ側は悲惨ですからね。

 

溶岩ストップ

あろは!

グッドニュースです。溶岩流出がほぼ止まった模様です。

どおりで、コナは綺麗でした。それとも単に風向き?

5月3日に噴火が活発してからほぼ90日。ワイコロアでさえもマウナケアが見えない日が多かったと思います。

今日は綺麗。

火山に魅せられてハワイ島に来たので、火山自体は大好きなのですが、もやるのだけは、ちょっと。。。

文句を言ってはいけないのですが!!

安全面は全く問題ありません。どしどしハワイ島にお越しくださいませ。

火山アップデート

あろは!

無事に63万9ドルのコナの売り物件、成約となりました!~

最近は5月3日からのキラウエア火山の噴火でどうもイメージがよくありませんね。

キラウエアは1200Mの小さな山で1986年からずっと噴火していますので、今に始まったことではありません。 これまでもカラパナの住宅地を飲み込みましたし、急に起きた現象ではないのです。

ハワイ島を知らない方には色々と説明しづらいので、地図をどうぞ。

ハワイ島は四国の半分くらいの面積です。

西側の緑の〇がコナ。東側の赤が今溶岩ででているレイラニエステーツ(プナ地区)です。

我々不動産業者は火山のリスクを告知しなければなりません。下は活断層の地図。

キラウエアから海に向かってオレンジが活断層で、今回も2年前もこの割れ目から溶岩がでています。

残念ながら、このオレンジの地域は10段階で一番危険な「1」の地域なのです。

だからといって、家が燃えてよいわけではありませんが、コナやヒロの住宅地に溶岩が出ている訳ではないわけです。不動産価格も20倍~100倍以上違います。

そして西(コナ)と東(ヒロ)の間には4000mを超える高い山が2つ間にあります。

早く収束ことを祈っていますが、こればかりは自然のことなので、どうにもなりませんね。

ハワイ島は全部危ないような話がでていますが、そのようなことはありません。

地震も地盤が固いので、コナはほとんど揺れません。少なくとも私は一切感じないです。

 

 

 

 

 

 

キラウエア火山アップデート

あろは!

ハワイ観光局からの最新情報です。

日本のほうがハワイより大々的に報道されているようで、日本からの問い合わせにはびっくりします。

ハワイ島へ渡航される皆様へ(2018年5月8日 14:00 更新)

現在、ハワイ島東部で発生した火山噴火について多くの報道がされておりますが、ハワイ島西部、ケアホレにあるエリソン・オニヅカ・コナ国際空港や東部にあるヒロ国際空港は通常通り開港されており、現時点で観光への影響はございません。 島内のホテルやアクティビティー等も同様に通常通り運営されております。

キラウエア火山から溶岩が流出しているのは、ハワイ島東海岸のプナ地区の隔離された一部のエリアです。観光の中心地で宿泊施設が所在するハワイ島西海岸のコハラ地区やコナ海岸からは約160km離れておりますので、ハワイ島へご旅行予定の皆様は、ご旅行先を変更いただく心配はございません。

リンクはこちら

https://www.allhawaii.jp/htjnews/3009/

 

 

キラウエア火山2

さて、キラウエアに戻ってみましたが、やはり雨。うーん。晴れ男のはずが・・・・

ということで、海沿いのチェーンオブ・クレーターロード。 この道がいいんですよね。

2001年の頃はこの道が毎日溶岩で短くなっていましたが、今は穏やか。 こんな中にも新しい緑の息吹が感じられるのがすごいです。

いるだけで元気になりますね。ここは。

そして、また上までドライブ。

到着してみると雲が高くなっており、見えましたよ。溶岩湖。残念ながら日が高くなってしまって一部しか赤くないですが!

肉眼でも溶岩がグツグツしているのが、わかりました。

というのが4月29日でした。

さて、本日は5月7日。

山頂の溶岩湖はすっかり溶岩はなくなり、現在プナ地区の断層から10か所くらいで溶岩がでているそうです。 住民の皆様は本当に大変だと思います。

幸いハワイの溶岩は粘性が低くさらさらしているので、爆発はしないので、人命に被害が及ぶことは非常に稀です。その点はちょっと安心です。

とはいえ、民家が燃えてしまっているので、本当に大変ですね。

キラウエアは1200m程度の小さな山であるうえ、間に4000mの山を隔てていますので、西側のコナのは平常ですので、ご心配はいりません。旅行を計画の方も西側は問題ありません。

ご連絡いただいた皆様、有難うございました。

プナ地区の一部は立ち入り禁止の地区もありますので、ご注意ください。

キラウエア火山1

あろは!

ハワイ島の南東部はすごいことになっています。 毎日いろいろな方から、「大丈夫ですか?」という連絡を頂くので、大変有難いですが、西側は至って平穏です。

先週からカウアイ、そしてLAとまた出張していたものの、ハワイ島の家族や友人もほとんど地震は感じず、とのことでした。

従いまして、ハワイ島西側は平常です。飛行機もホテルも全て普段と変わりません。

タイミングがタイミングなのですが、プナで噴火する4日前にキラウエアに行ってきました。山頂の溶岩湖が盛大に見えるということで、3時出発でいってきました。

ところが雨で山頂は雲の中。

ならば、ヒロに行ってまずは朝ごはん。定番のKEN’S HOUSE OF PANCAKE

 

ストロベリーパンケーキ。ゆうに4人前はありますね。

エッグベネディクト。なんとパンケーキつき。

パンケーキのシロップ。3種類。さてお味は?

リリコイ、グアバ、ココナッツでした。

お腹も一杯になったので、キラウエアへいざ!

[…]

サウスウェスト航空

あろは!

昨年暮れあたりから、米国のサウスウェスト航空がハワイ便を飛ばすというニュースがはいってきていました。

本日サウスウェストは米国本土とハワイのホノルル、コナ、リフエ、カフルイの4空港をつなぐハワイ便の就航を2018年度中に実現させることを発表しました。

(パシフィックビジネスニュースより)

インターアイランド(島間)便の運航も検討しているということで楽しみです(プライオリティは低そうですが!)。

ハワイアンもいいですが、やはり多少の競争がないと困ります。

 

 

 

 

Eニュースレター4月号

ハワイ島サザビーズの不動産ニュースレターの最新号です。

メールアドレスを頂いている方にはお送りしているはずですが、もし届いていなければご連絡をお願いします。

下の写真をクリックするとニュースレターのリンクに飛びます。

フォーマットがちょっと変わりました。

ハワイ不動産市場は今年も堅調です。

コナの戸建て中値はおよそ$660,000。前年比+6%。

在庫数に関しては年末からマイナス15%です。