カウアイ島 

あろは!

サザビーズ・インターナショナル・リアルティのネットワークイベントがあり、カウアイ島に集結しました。

カウアイ島はつい先日洪水があって、北部はかなりのダメージがありました。オアフもですね。

洪水に火山にと、ちょっと忙しいですね。今回は南部のポイプでしたので、問題はなしでした。ただしずっと雨だったのが、それがちょっと。ガーデン・アイル(緑の島)と呼ばれるだけあって雨がよく似合う島ではあります。 ご存知とは思いますが、映画「ジュラシック・パーク」もこの島で撮影されましたね。

リフエ空港のちょっと南。マリオットがあります。

基本はみんなで会ってネットワークすることによって、みんなで一緒に仕事をしましょう、ということなのです。

面白いもので、前回のマウイのイベントのすぐ後にクライアントからオアフで売買したいとの要望を受けて、さっそくオアフのブローカーと一緒に仕事をしました。なんでも無駄はないんですよね。

著名な講師を呼んでの講演も面白かったです。

そして夜はパーティだったわけですが、マリブやサンフランシスコなどからもブローカーが来ていて、彼らに会えたのも収穫でした。

飲み放題ですから!

翌朝は健康的にスムージー。なかなか粋な計らいでした。

昼間は物件を見て回りましたが、島によって随分スタイルが違うのが面白いです。

カウアイは雨が多いので、まずラナイが広いです。またコナほどはオープンではない感じがしました。

コナやコハラの物件はとにかく開けっ放しでつかい、内外の境界線がない物件が多いのです。 価格的にはハワイ島のコハラのリゾートと同じような感じか、高めです。個人的には雨は少ない方がよいですが。。。。

さて、最後に上の写真を見て何か気づかないでしょうか。

手前のカクテルはドラゴンフルーツを使ったもので色がとても綺麗ですが、それではありません。

よーく写真を見ると、全員「女性」です。

そうなんです。米国の不動産業界は「女性社会」なのです。我々不動産エージェントとブローカーは皆自営業。安定した職業ではないので、なかなかこれで家族を養っていくのは大変なのです。

今でこそ、大学にも不動産学科ができ、若い男性のエージェントも増えていますが、家族を養うには最低でもトップ5%にはいないと難しい業界です。

全米不動産協会の男女比は:65:35

圧倒的に女性です。サザビーズの会合を見ても男女比は7:3か8:2です。平均年齢は53歳。道理で30台で仕事を始めた時は小僧扱いされたものです。。。

ちなみに全米不動産協会の統計によると最初の1年で廃業する不動産エージェントが75%がということです。

不動産ライセンスの」取得は簡単ですが、その後が難しいということですね。

日本は不動産業者はほとんど給料制だと思いますので、米国とは大分異なりますね。

カウアイ島も大分わかりました。カウアイ島の物件を購入したFBの創業者のブローカーも一緒に仕事をしていますので、是非ご相談ください。

 

 

[…]

マリブの豪邸!

マリブといえば、カリフォルニアの超高級地。 $8500万ドル(94億円ほど)の超豪邸お披露目パーティでした。なんと。 12月にクライアントをこの家にお連れしたご縁で、売主がカリフォルニアのパートナーのポールを気に入り、この物件の売りを担当させてもらうことになったのです。よかったね。ポール!

カリフォルニア・トリップの最終日はパーティにGOです。

まずは車を近くの公園にバレー・パーキング。そこからは4台のテスラ・モデルXによる送迎です。 中はこんな感じ。1500㎡ほどの居住スペースがあります。

高台にある物件からは山と海が両方ともばっちり。

そして、NOBUのケータリング。

なかなか美味しかったです。このお酒は佐渡の北雪。 夏に佐渡に行った際に買って帰りました。 まさかこんなところで佐渡のお酒にまた出会うとは! 美味しかったです。しあわせ。

正面アプローチ。

カリフォルニアのブローカーのポール君と。 彼は一流ダンサーでした。一流の人は何をやらせても一流なのですね。

マリブ。 ちょっと実家がある湘南に似ていると思いました。鎌倉。逗子。134号線。 ローカルですみません。

随所に警備員が配置され、ちょっとVIPになった気分でした―!!

マリブに一軒いかがでしょう!?

 

[…]

ロサンゼルス

あろは!

ロサンゼルス出張です。 12月、1月に続き3回目。 NYにも10月、12月と行きましたから、どうりで忙しいわけです。 今回は超大型物件をクローズしまして、それの引継ぎです。 内容は守秘義務があるので、公にできませんが、べバリーヒルズあたりです。

最近定宿となりつつあるのが、べバリーヒルトン。 毎週金曜日、土曜日は有名人がくるようなすごいイベントが目白押しで、驚きます。 まさにハリウッドの感じ。結構有名人を近くに見られるのですが、僕はあまり詳しくないので、あまり嬉しくないのが残念! いつもちょっと芸能人の勉強しようかな、と思わされます。

ハワイのブローカーがNY、LAで何をしているの?と聞かれることが多いのですが、不動産購入に付随する日本語による様々なサポート・サービスです。 米国は州で不動産ライセンスが違うので私が不動産を見せたり、交渉することはできません。それは現地の一流どころにやってもらいます。ロスやNYに一緒にやるパートナーがいます。

私は取引、管理にまつわる一連のサポートです。

例えば、銀行口座の開設(法人、個人)、会計士の手配、法人登録、税金の確認、納税番号や法人番号の手配、物件情報の翻訳、収支計算など、取引、管理、内覧にまつわるサポートです。コンサル、中間管理職のようなものといえばわかりやすいでしょうか。 私のお客様を連れて行くわけなので、勿論このあたりはお客様が望むように、スケジュール管理もやりますし、例えば車購入もお手伝いします。

フェラーリも買いにいってきました。

マンハッタン、ロスをやったので、次回はサンフランシスコあたり? 正直本当に大変なのですが、やりがいはあります。

私が同行することはほとんどありませんが、それぞれの地域の腕の良い不動産ブローカーはご紹介できます。どうぞご相談ください。

 

 

[…]

パークレーン ホノルル

あろは!

ホノルルに日帰りで行ってきました。 会計士に会ったり、人に会ったり。

そして今回は行ってきました。パークレーン。アラモアナショッピングセンター横にできた超高級コンドミニアムです。 217戸のうち、209戸すでに売却していますから、すごいですね!

何がそんなに凄いのか見てきましたよ!!

まずはアプローチ。低層なのが印象的。オアフは皆高層ですから。

ロビーです。正面に海。24時間コンシェルジェサービスもあります。映画室、フィットネスセンター、プールなども完備です。

地下が駐車場。

非常に広い7エーカー以上(8400坪以上)の敷地はゆったりとしていました。

最後のペントハウスは2900万ドル。日本円にして33億円ほど。

ビューはさすが!

アラモアナ公園が目の前。何も遮るものがないは気持ちがよいです。道路が前にあるのはちょっと問題ではあります。

ダブルリビング。真ん中にダイニングです。

バスルーム。

残り8戸。750万ドル~2900万ドルです。 パークレーンのセールス曰く、コナのプライベートリゾート、「クキオ」などのライフスタイル、クオリティを意識した物件だとのこと。 ディベロッパーはコバヤシ・グループなので、確かにクキオも手掛けました。質はクキオに断然軍配が上がりますが、便利さはすごいですね。

日本人バイヤーが6-7割というのはうなずけます。

じっくりパークレーんを見て、降りるともう白木屋のジャパンビレッジ。 ラーメンを食べました。高いけれど、美味しかったです。

この便利さは良いですね。

[…]

サザビーズのオークション

あろは!

なかなかブログ更新できずごめんなさい! 無事にホルアロアもホクリアもクローズしました。

来週はケアロハにコナ・ヘブンのクロージングです。一年の締めくくりにふさわしい!

ですが、忙しい。。。こんなに忙しい年末は初めてかもしれません。

さて、NYの続き!

10月はまったく時間がとれず、サザビーズのオークションハウスには行けませんでした。 今回は行ってきました。

ちょっとSTOP!

サザビーズのオークションハウスはご存知でしょうか。日本にある某会社、サザビーリーグと混同されている方が多いようなのですが(涙)、私が所属しているサザビーズは、英国のオークションハウスの「サザビーズ」です。はい。

ニューヨーク株式市場最初の株もサザビーズです。

ということで、高級品=サザビーズ。高級不動産=サザビーズ。というイメージのはずなのですが、日本での知名度は弱いようですね。

そして今回は行ってきました。ニューヨークのサザビーズのオークションハウス。

ちょうどこの日は車のオークション。 故スティーブ・ジョブスの愛車も出ていました。30万ドルほど。

この日の目玉は下の1961年のフェラーリ。この夜20億円以上で落札されました! 驚き。

これはジュエリーのオークション。目の前で15億円のブルーダイヤが落札されました。 本当に驚きますね。

オークションハウスを案内してくれたTINAと。

このようにお金が動くのか!実感した一日でした。 良い勉強をさせていただきました!

NYはやっぱりすごいかも。

[…]

新記録!

あろは!

ハワイでは感謝祭も終わり、クリスマスムード一色になりましたね。

ブラックフライデー、サイバーマンデーとかありましたが、そもそも買い物はあまり好きではないですし、ずっと仕事をしていました。

そこで「新記録」。

初めて会って30分で家を買っていただきました。私の担当物件のケアロア59万9千ドル。およそ7000万円。

実はこの物件、感謝祭前にオファーがすでに入ってまして、カウンターオファーが行き来すること2回。

そんな中、サンクスギビングの3日前にヒロ沖の大型客船からこの物件に対して問い合わせがありました。 さすがに見ないで買うのは危険ですし、会ったこともないバイヤーのオファーはちょっと怖くて受け付けられません。

そしてサンクスギビングの前日。

心は七面鳥で一杯。

朝9時半に例の大型客船のお客さんから電話。家を見たくて、マウイで船を降りて、前の日にコナに移動してきたそうな。本来ならサンフランシスコに戻るはずなのですが。 なかなか無茶ですよね。

11時にシェラトンでピックアップ。家まで15分弱。そして15分後には購入のためにオファーを作成するように指示を受けました。会って僅か30分の出来事。

ランチを食べてもらっている間にオファーを作り(合計14ページの売買契約書)、2時に署名いただき、成約となりました。会って3時間ちょっとで成約も新記録です。カウンターオファーの買主はお断りさせていただきました(ハワイでは優先権はないので、覚えておきましょう!)。

普通は物件を買うまでは、早くてもお会いしてから翌日とか、そんな感じなのですが。

まずはめでたし。めでたし。

後日談があります。

購入して2日後、やはり奥さんがバイヤーズリモースに(後悔という奴です)。

こんな時は包み隠さず全て明らかにするのがベスト。 自慢ではないですが、自分の売り物件はこんなときのために、できるだけ準備をしておきます。家屋検査も私が負担して入れておきます(通常は成約後にバイヤーがいれます)。測量などできる限りやっておくのがベスト。不安に思う要素をできる限り排除しておくのです。問題個所も、何が問題なのか明確になっていて、対処法が明らかになっていれば、買主さんも不安に思わないものです。

ということで、家屋検査報告書、住宅地の告知書、重要事項説明を手に、家をもう一度くまなく歩いて説明すること30分。表情がすっかり変わって、最後には、「じっくりみたら、ますます気に入った(英語)」、と言ってもらえました。セールストークはなしです。

購入後も長い付き合いになりますから、無理に購入してもらうことは絶対にNGなのです。

ハッピーなバイヤーでないと、後々絶対にハッピーな結果になりません。

ということで、本日ミシガンに喜んで帰っていきました。クロージングまでにはハワイに戻ってくるそうです。

クロージングまで気を抜かずにいきます。

サンクスギビング、もう1軒成約して、本当に感謝、感謝の週でした。

 

 

ご縁というもの

あろは!

不動産をやっていると「ご縁」を良く感じます。この広い世界でこうしてハワイでお会いする訳ですから、本当に不思議です。

J夫妻。長年NYで過ごされてコナへ。偶然ハワイ島でお会いしたところ、何と私の父がその昔マンハッタンでお世話になっていたバーを経営されていたことが判明。 2009年に更地を購入して家を建てることに。建設会社の知人を紹介したところ、素晴らしい家に仕上がりました!

家を建設した知人の妹と私の妹が2年前から同僚に。そして今回、妹の同僚のお母さんがJ夫妻の家を購入を表明。

ちょっと難しいですね。すみません。

とにかく、知り合いのお母さんが購入したのですが、お母さんはワシントン州在住。娘たちが家調達を担当していたのです。お母さん本人は調査期間の最終日に来て、購入の最終意思表示を皆に伝えるという重大な役目(ハワイでは最初の2週間の調査期間はキャンセルできます)。

妹の同僚も来て、みんなドキドキ。

結果は、「とても気に入った」との結論!

皆安堵のため息。 これだけ、色々とつながることも珍しいので、大丈夫とは思っていましたが、それでも、緊張しました。

土地購入から、家の建設、売却まで。すべてお手伝いさせていただけて、大変光栄です。

ホルアロア。半エーカー(600坪)。80万ドル弱です。

あとはクローズだけですが。油断は禁物。最後まで頑張ってJ夫妻を送り出します。

なんでNYC(マンハッタン)? パート2

NY続きです。

次は収益物件。 米国の不動産が好調であることを受けて価格が値上がりし、収益率が軒並み落ちています。 とはいえ、やはり商業不動産であれば、最低5%程度で回したいもの。

今回はスポーツジム、ガレージ、アパートなどを検討した結果、今人気のイーストビレッジの収益物件となりました。

そして最後は新築物件

注目物件の一つがMOMA(現代美術館)の上にできる53W53。フランスの建築家、ジョン・ヌーヴェルによるデザインは素晴らしい。まだ半分ちょっとですが、雰囲気が違います。汐留の電通ビルはジョン・ヌーヴェル設計です。

完成するとこんな感じに! どうしたらこういうものを考えられるのか、本当に不思議です。 才能とは、本当にうらやましい。

高さは300m強。本来はさらに60m高くなる予定だったそうですが、冬場にセントラルパークに影ができるということから、NY市の許可が下りなかったそうです。 50階あたりのセントラルパークビューのユニットで1000万ドル強からです(11億円)。 ペントハウスは70億円程度と見込まれます!

今回はこちらのコンドミニアムのパークビューで成約です。

この物件は新築で、2019年完成なのですが、最近はコンピューターグラフィック、ドローン、大型スクリーン、タッチスクリーンなど、さまざまな技術を駆使して、完成形がかなり肌で理解できるようになっています。モデルルームの技術力の高さには驚きました。

レストラン、プール、ラウンジなどすべてありますので、コンドミニアムというよりもプライベートクラブと考えた方が良いのかもしれません。

こうした中、いわゆる老舗の一等地にも新築コンドミニアムができていて、中でも432パークアベニューは昨年完成して瞬く間に114軒売れています。一番高いペントハウスは6700万ドルで売れています。今は95階が売りに出ています。8200万ドル。90億円です。 価格は交渉しますので、ご興味があれば、ぜひお知らせくださいませ。 NYはハワイと違い、契約書は弁護士が全部やります。

下は520パークアベニュー。nyの巨匠と言われている、ロバート・スターンが設計。NYの古くからのお金持ちはこういうスタイルを好むのでしょうか。

上3階合わせて170億円だそうです!

ダウンタウンに完成したばかりのフォーシーズンズのレジデンスも見てきました。こちらもロバート・スターン。おとなしい感じのビルです。 ここは割合リーズナブルで、最上階82階のペントハウスが3000万ドル(34億円くらい)。 半額セールの感じですが、面積が狭いので。400㎡くらいです。

ダウンタウンの景色も素敵ですが、ニューヨーカーはやはりセントラルパークビューなんだそうです。

コナなら、やっぱりオーシャンビューですね。

NYの物件は見ているだけで元気になります。

ハワイの物件は見ているだけで和む感じでしょうか。

「静」と「動」

両方持てたら素敵。

 

[…]

なんでNY(マンハッタン)?

NYから戻ってももうすぐ1か月。何だか嘘のようです。と言いながら、来月またNYに別件のお仕事で行くかもしれません。楽しみです。

前回の物件については、交渉もほぼ終わり、今のところ30億円ほど成約です。

さて、なんでNYなのか。 30年間でこれだけ良い方向に変わった街はないと思います。 安全になり、マンハッタン全体が変わりました。どこに行っても人が溢れ、夜は女性が一人で歩き、地下鉄も落書きなし。安全性という点では東京と変わらないという印象です。

それが、マンハッタンだけでなく、クイーンズもブルックリンもブロンクスもみんなそうだというのですから、驚きの連続でした。タイムズスクエアも綺麗でしが、ちょっと拍子抜けした部分もあります。1980年代のあの危うさは、NYならでした。

そして、不動産は・・・・「素晴らしい」の一言につきます。

勿論高級物件ばかり見ているわけですから、素晴らしいのは当たり前ですよね。

今回は3つの観点から物件を見てきました。

まずは、減価償却 日本では木造は22年、RCは45年以上たつと、それぞれ、4年と9年で償却できます。ほぼすべての物件は75%から90%近い建物比率でした。米国は購入時から27.5年(住宅)ですので、減価償却による面白味がないのです。 築100年の改装済みのコンドミニアムが5億円として、建物比率8割で、4億円を9年償却です。賃料は月1万7千ドル。税引き後3%程度回ります。

例えば212 フィフス・アベニュー

そう。あのフィフス・アベニューです。

これは1912年完成ですから築100年以上です! でも中は新築にしか見えません。それくらいうまく改装をしています。 外観の渋さは、本当にうっとりとします。 若者にはちょっとわからない渋さかもしれませんが、こういう風に年を取りたいものです。

212フィフス・アベニューの歴史はこちら。

若いころは思いませんでしたが、NYの古い建築は本当に見ていて素晴らしい。どうしたらあのようなものができるのか不思議です。 石職人が作っているところを想像すると飽きませんね。ちなみにお値段は490万ドルから1800万ドル。

今回は、フィフスアベニューではなく、トライベッカの物件に決めました。このあたりは倉庫などがあった地域ですが、今では高級コンドミニアムに生まれ変わっています。

木造の古いビルもあり、これは4年で償却できますが、やはり木造は木造。 色々と手間と維持費がかかります。金額は色々とありますが、今回は償却額が大きき過ぎるのと、管理リスクが高いのパスとなりました。

続く。

[…]

コハナイキの不動産

あろは!!

不動産も取り上げないと、コハナイキに叱られます(そんなことはないのですが)。

ビッグニュースとしては、コハナイキの前列2000万ドル(25億円)が成約になったことでしょうか。 残念ながら、私のお客様ではございません。

目の保養です。 まあ、これは素晴らしすぎですね!

7番ホールグリーン脇にあるヒナヒナが360万ドルから380万ドル。

戸建て風コンドミニアムが290万ドルから500万ドル。更地は135万ドルから。

私が宿泊したハレクラブと同じ設計士の家が535万ドルでリセールででています。 米国のテニスプロ、リンジー・ダベンポートのご近所さんになれます。

プロゴルファーのベン・クレンショーも当クラブのメンバーです。

コハナイキ・セールス担当のニコールとハワード。ニコールは元同僚です。

そしてサザビーズの同僚と。 みんな売れっ子なんですよねー。僕も頑張らないと!

今回のコハナイキツアー、良い人たちに囲まれて、和気あいあいと楽しませていただきました。なかなか不動産の集まりではこうはいかないのです。コハナイキならではの雰囲気だったと思います。スタッフのフレンドリーな雰囲気にも寄るのかもしれません。

ハワイ州において、過去6年間、300万ドル以上が最も売れているコナ。そこに誕生したコハナイキ。元気一杯です。

フアラライ、クキオに続くプライベートリゾート。頑張って欲しいです。